FC2ブログ
 
  

ブダペストの2日間:西駅で散々苦労の末、ウィーンへの鉄道チケット受け取り

2013年5月31日金曜日@ブダペスト/3回目

ブダペストBudapestの街歩き、開始です。ホテルを出て、広い表通りバイチ・ジルンスキー通りBajcsy-Zsilinszky útに出ます。大きな建物が立ち並ぶ立派な通りです。


DYD4GM6ixB5bac.jpg



まずは、明後日のウィーンWienへの列車の予約済みチケットを受け取ってきましょう。ネットでブダペストからウィーンまでの超格安チケットを購入しましたが、自宅のプリンターでのチケット印刷のサービスはなく、ハンガリー国内の鉄道駅の端末での受け取りということなんです。これはもちろん初体験なので、早目に受け取りを済ませておきたいですね。ホテルの近くのブダペスト西駅Budapest-Nyugati pályaudvarへ歩いて行きます。これまたビックリの駅です。それはそれは古い建物ですが、外装は立派です。

ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2014030101.jpg



通りを隔てたところから建物を撮影しようと思い、なるべく下がってシャッターを切りますが、とても全体は写せません。


eppnXFCR5ge5c2.jpg



プラットホームを覆うガラスと大鉄傘の構造物の両脇に重厚な建物が建っています。これは右側の建物です。


nNbZugEIU3812e.jpg



もう少し下がって何とか左側の建物全体と右側の建物の半分ほどが撮影できます。これくらいが限界です。巨大な駅ですね。


s09vlMaFPwd584.jpg



通りを渡って駅の構内に入ります。これが大鉄傘に覆われたプラットホームです。ホームに停車している電車は古い電車ばかりです。


PV09LBUrjs8a4e.jpg



右側の大きな建物の中に入ります。内装は木造です。重厚で、とても立派です。が、肝心のチケット発券機が見つかりません。ここは国内線のチケット窓口ですから、ここではなさそうです。


4OqAKJEGdvb564.jpg



それにしてもこの建物は天井も高く、広々として立派です。


HHu4hxk1p282b6.jpg



チケット発券機を探して、次に続くスペースに移動します。


RTN7iCcE435e25.jpg



小さな待合室があります。


w1OSPTMsBbb2fd.jpg



国際線のチケット窓口を発見。チケット発券機は見当たりませんが、きっと窓口でも対応してくれるのではないかと思います。


kaulpLOKmff001.jpg



しかし、その期待は見事に裏切られ、チケット発券機を使えとの指示です。どこにあるかと聞くと、通りに出たところにあるとのこと。しかし、探し回りますが一向にそれらしい機械が見当たりません。ウロウロ歩きまわった末に、ようやく駅の隅っこに発見。さっきのプラットホームの向かって左端の壁に設置されていました。それも1台だけです。この広い駅で見つけるのは難しいですね。この駅にはインフォメーションも見当たりません。旅人に優しい駅とは到底言えません。さて、ようやく見つけた発券機ですが、チケット発券機を前にして操作方法が分かりません。見かねたらしく、後ろに並んだお姉さんが操作方法を教えてくれて、無事にチケットをゲット。結果的には単に予約番号を入れるだけのことです。


0xRzKq_CF02fcf.jpg



きっちりチケットの内容を確認します。どうも大丈夫のようです。


_DqE2Zm_jWe5ea.jpg



これが苦労して入手した貴重なチケットです。ブダペスト東駅Budapest Keleti pályaudvarからウィーン西駅Wien Westbahnhofまで、セカンドクラスの指定席チケット2名分で7930フォリント(日本円で3500円くらい)です。凄く安いですね。


X5Ul95gxK30a2b.jpg



チケットを入手したところで、落ち着いてホームの様子を眺めます。やはり、ハンガリーの電車は古くてオンボロに見えます。


zoI2J8KDZx0e63.jpg



次々にチケット発行機には人がやってきます。迷わずに見つけているので現地の人でしょう。


P90kkYuStK2c03.jpg



ホームの構内にはショップが並んでいますが、何とも古風なショップ。懐かしささえ覚えてしまいます。


pvKGE4dUf55b1d.jpg



ホーム自体は列車の発着表示板も含めて、とても立派なんですけどね。


PWL_dZO3Vz80ac.jpg



駅に隣接する建物で人だかりのしているお店があります。人がぞろぞろと入っていきます。


Srgg9wED3j32a4.jpg



とても大規模で立派なコーヒーショップです。


7KmksULGJFcf8c.jpg



外で看板を確認するとMcCafeです。


DiaALV1DOGfc0e.jpg



駅での用事も済んだので、今日の一番の目的であるブダペスト西洋美術館Szépművészeti Múzeumに向かいます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR