FC2ブログ
 
  

ブダペストの2日間:ブダペスト西洋美術館~モネ、ゴーギャン、ボナール、ドニ

2013年5月31日金曜日@ブダペスト/9回目

ブダペスト西洋美術館Szépművészeti Múzeum(ブダペスト国立美術館)の充実したコレクションの紹介の続きです。
今回はモネ、ゴーギャン、ボナール、ドニの作品を見ていきます。

これはモネの《釣舟》です。1886年頃、モネ45歳のときの作品です。1874年の第1回印象派展からは10年以上の月日も過ぎ、愛妻カミーユとも死別し、居をジヴェルニーに構えたのは1883年のことで、この絵はその3年後の作品です。この頃、モネは頻繁に旅をしており、この作品も旅先で描いたのでしょう。3艘の釣り船は荒々しい波にさらされています。これはモネの心境なのでしょうか。


wJdpoE_Ub2a23e.jpg



これはモネの《秋咲くリンゴの木》です。1879年頃、モネ38歳のときの作品です。上の作品に先立つこと7年の作品。パリからはセーヌの50kmほど下流にある小さな村ヴェトゥイユで暮らしていました。この作品はそのあたりの風景でしょうか。やはり、モネにはこういう風景が似合いますね。


t3sbOjju8x3686.jpg



これはゴーギャンの《雪に覆われた庭》です。1879年頃、ゴーギャン31歳のときの作品です。ゴーギャンはこの頃は株式仲買人(証券会社の社員)として働くかたわら、日曜画家として絵を描いていました。この絵もとても綺麗な風景画ではありますが、後のポン=タヴァン派のリーダーとしての新しい作風の特徴は見られません。


JrWqFNYdU7b418.jpg



これはゴーギャンの《黒豚》です。1891年、ゴーギャンが43歳で憧れていたタヒチに渡ったときの作品です。画業に専念し、ポン=タヴァン、ゴッホとの共同生活を経た後の作品です。ポン=タヴァン派の特徴であるくっきりした輪郭線で描かれ、南国の島の明るい色彩が印象的です。平面的な描き方も顕著に見られるようになってきました。


VuGl1TRSQyc7c5.jpg



これはボナールの《午餐》です。1899年頃、ボナール31歳のときの作品です。ボナールはゴーギャンを師と仰ぐナビ派の中核的存在です。この作品は最も日本浮世絵からの影響が感じられる作品です。テーブルや人は画面の端で断ち切られた構図になっていますが、伝統的な西洋絵画ではなかったものです。色彩は落ち着いた茶系なのもこのころまでの特徴で、この直後には華やかな色彩の絵画に変わっていきます。


yG3wtRVW18eed3.jpg



これはボナールの《祖母と子供》です。1894年頃、ボナール26歳のときの作品です。上の作品と同様にテーブルも祖母も画面から大きくはみ出していますね。「日本的なナビ」と呼ばれる所以です。


97tweg8NH6d030.jpg



これはドニの《母の喜び》です。1895年、ドニ25歳のときの作品です。ドニもナビ派を代表する画家のひとりです。絵画作品は見たものをそのまま描くのではなく、精神創造活動の賜物という信念を貫いています。この作品はドニらしい特徴が諸処にうかがえる作品です。特に白の衣服のこんもりとした質感は素晴らしいですね。


112Sq3M1zq07f1.jpg



ブダペスト西洋美術館(ブダペスト国立美術館)のコレクションの紹介はさらに続きます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR