FC2ブログ
 
  

ブダペストの2日間:漁夫の砦を下から上まで歩きますが、有料部分はパス

2013年6月1日土曜日@ブダペスト/3回目

王宮の丘Várを少し下りて、漁夫の砦Halászbástyaの真下を歩いていきます。大きな石造りのアーチ橋をくぐります。


m4zvv8eXif37ab.jpg



アーチ橋の先はまだまだ漁夫の砦が続いています。


7s_wrwq8i4f77b.jpg



漁夫の砦の尖塔です。


dCwMYo_p0Gedf8.jpg



このあたりからドナウ川の方向を見ると、ブダペストBudapestの街も望めます。


84cUFVvD4gddc7.jpg



砦をぐるりと回り込むと、長い階段の途中に出ます。こちらがメインの入り口のようですね。観光客がゾロゾロ階段を上っていきます。


ML_9LaOjEE639a.jpg



漁夫の砦の尖塔の間から、マーチャーシュ教会Mátyás-templomの尖塔も顔を覗かせています。


dQdI6p77QHa4f1.jpg



漁夫の砦とマーチャーシュ教会の石造りの建物の連鎖が作り出す風景はまるでおとぎ話に出てくる風景のようです。素晴らしい眺めですね。


6uMFGKDVwbc3e1.jpg



大勢の観光客に混じって、漁夫の砦の上に向かって石段を上っていきます。


PlGzotcH6G619b.jpg



息をきらしながら登りきると、いきなり大勢の人で賑やかな広場に出ます。ここには、大型観光バスが並んで停まっています。まずは漁夫の砦に上がってみましょう。ただし、ずっと北の端の方から上ってみます。ここは無料のエリアです。レストランになっているからかもしれません。ここからは漁夫の砦が連なっている様子が見えます。


sMjX5LPtQ3cf43.jpg



ドナウ川やくさり橋Széchenyi Lánchídが一望でき、素晴らしいです。これはドナウ川下流方向です。


4Cyak4_esq1af1.jpg



正面を見ると国会議事堂Országházを中心にドナウ川を挟んだブダペストの街が一望できます。


SOi_saVmqo0e78.jpg



これはドナウ川上流方向です。このずっと先にはウィーンWienがあります。


BEA6wR1ZMjf84b.jpg



これはドナウ河畔で華麗な趣きを見せるのは国会議事堂です。美しい建物をズームアップしてみましょう。


wYaZunixgeb273.jpg



漁夫の砦を下りて、マーチャーシュ教会の真ん前に出ます。ゴシック様式のとても美しい教会です。


Nh2ZToin_F70d9.jpg



マーチャーシュ教会の前に広がる三位一体広場Szentháromság térの方に行くと、凄い人出です。人ごみの先、マーチャーシュ教会の横には三位一体の像Szentháromság Szoborが見えています。これはペスト終焉を記念して建てられたものです。


RXAW7iiBK29d1f.jpg



マーチャーシュ教会と漁夫の砦の間に聖イシュトヴァーンの騎馬像Szt. Istvan-szoborが建っています。聖イシュトヴァーンはハンガリー建国の父でハンガリー王国の初代国王です。二重の十字架が彼のシンボルです。


p5K0dI4CII66a0.jpg



別の角度からも見てみましょう。実に堂々として、美しい銅像です。


gepGXRmyB201d9.jpg



ここから見るマーチャーシュ教会の姿は白く輝き、美しい姿です。


siEF7Dsjggef0a.jpg



さて、この聖イシュトヴァーンの騎馬像の先には漁夫の砦があります。この辺りが漁夫の砦の正式な入口のようで有料です。さっき上った北端の砦と変わりないので、パスします。タダで見ちゃったもんね。


WAEOTJ5iW8dcbb.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。マーチャーシュ教会のまわりをうろうろしていただけですけどね。


2014043001.jpg



では、マーチャーシュ教会に入ってみましょう。配偶者は、えっ、有料で教会に入るのって疑問の声を上げますが、これくらいは入らないと王宮の丘にせっかく来た甲斐がありません。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR