FC2ブログ
 
  

ブダペストの2日間:ハンガリー料理の夕食はグーラッシュと魚料理

2013年6月1日土曜日@ブダペスト/8回目

ゲッレルト温泉Gellért Gyógyfürdőを十分に楽しみ少々疲れたので、ホテルの部屋に戻って休憩です。元気を回復すると次は食い気。ホテルのすぐお隣に、お魚料理で人気の店があるらしいです。そのお店に出かけましょう。予約の電話をかけますが上手く繋がりません。ダメ元で、散歩がてら行ってみることにします。本当にすぐ隣です。お店の外のテーブルには誰もいません。


75LVkdEfih8064.jpg



お店の中はかなり広そうで、団体客が食事をしており、賑やかな音楽の生演奏もやっています。


ZEIe91CIHrfbba.jpg



レストランの中に入ってみます。セゲドSzeged Étteremというお店です。


ibbPne7PND0aa4.jpg



お店の人に席は空いているか訊いてみると、まだまだ席に余裕はあるのですが室内の席はすべて予約済だそうで、外のテラス席ならOKだよとのこと。いいですよ、外のテラスで。メニューを検討していると、膝掛けを持ってきてくれ、お薦めの魚料理をアドバイス。せっかくだからグーラッシュもお願いすると、二人でシェアした方がよいとのこと。ここはアドバイスに従いましょう。
まずはよく冷えた白ワインが出てきます。1日歩き回った労をねぎらいつつ、2人で乾杯。


9wpfkZd6sn20e0.jpg



パンが出ます。添えられているのはもちろん、ハンガリー名物のパプリカ。


qe_8kT9zyDae2f.jpg



グーラッシュは、アドヴァイス通りたっぷりした分量です。本場のグーラッシュはさすがに美味。


5bssN1pNeEf8db.jpg



テラス席からはドナウ川にかかる自由橋Szabadság hídが見えています。


onGUWFecHC77bc.jpg



これはsaraiのオーダーした魚料理。ライス付きというのがありがたいですね。


HsyQABgk6g5d17.jpg



これは配偶者のオーダーした魚料理。パラチンケン(パラチンタ)添えです。


S2GYpPw3Do23b5.jpg



アドバイス通りで大正解。味も量も大満足です。
ところで、料理を頂きながら店の様子を眺めていると、店の前に大型バスが停まってはツアー客がお店の中に入っていきます。sarai達が来た時に食事をしていた団体客が帰ると、慌ただしくテーブルのセッティングを始めます。すると、数分後には次の団体客がご到着!という離れ業。今日は団体客で本当に満席なのですね。よくぞ、テラス席に我々を入れてくれましたね。忙しく動き回るお店のおじさんと窓越しに手を振って別れます。

まだまだ陽も高いので、ちょっと散歩しましょう。ホテルの前を素通りです。それにしても重厚な建物です。


rcDwMK6to5fc32.jpg



ホテルの前に見えるのはドナウ川にかかる自由橋Szabadság híd。この橋はハンガリー建国1000年を記念して、1896年に造られました。当初はフランツ・ヨーゼフ橋と呼ばれていましたが、皇帝フランツ・ヨーゼフはハンガリー国民に人気のなかったため、第2次世界大戦後に自由橋と改名されました。王妃のエリザベートは人気があったので、隣の橋の名前は今でもエリザベート橋Erzsébet hídです。


yNdQ4XoYQxb7b3.jpg



改めて、正面からホテルの建物をまじまじと見ますが、なかなかのものです。saraiがホテルの建物だと思わなかったのも仕方がないところでしょう。


X7lQI3Yo5Ed3ec.jpg



ゲッレルトの丘Gellért-hegy(本当は丘ではなく、山だそうです。ですから、ゲッレルト山と書くべきですが、言い慣れているので、当ブログでは間違いが分かったうえでゲッレルトの丘と表記しますね。)を見上げると、大きな十字架が岩山の上に立ち、さらに高いところに可愛い天使のような像があるのを発見。何だか上ってみたくなります。


sJtRaZgPoocd39.jpg



手前からは上れそうにないので、丘に沿って、奥に進んでみます。自由橋から離れていきます。


RpADZh1PAqbb6e.jpg



自由橋から続くケレンヘギー通りKelenhegyi útを進むと、左手に立派な建物が見えます。これはゲッレルト温泉Gellért Gyógyfürdőの建物です。ここが正式な入り口だったんです。先ほどはホテルからの連絡通路を使ったので、この入り口は使いませんでした。ホテルの宿泊客以外の一般客はこの入り口から温泉に入場します。


_lF0wwdpDt082e.jpg



ゲッレルト温泉の建物を過ぎると上り坂です。ブラブラと上っていきます。


fdRiB_axEjd0da.jpg



丘の麓の公園を歩いていると、右の方に行く人が多いので、付いていってみると小高い見晴らし台に出ます。ドナウ川が見渡せます。


9Zd1SFQloxc6f5.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2014050501.jpg



まだまだ、ゲッレルトの丘の散策は始めたばかりです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR