FC2ブログ
 
  

ブダペストの2日間:ゲッレルトの丘を散策

2013年6月1日土曜日@ブダペスト/9回目

ゲッレルトの丘Gellért-hegyの見晴らし台の先の山の崖側には洞窟Gellérthegyi Barlangがあり、洞窟の中には何かの建物があります。中を覗くと、ショップの人が店じまいのための片付け中。


YuDK5Zscwx4dd6.jpg



アラ、おしまいなの・・・という感じでつらつらと中に入ると、そこから洞窟が奥の方に続いています。あらあらと中に進むと、そこは洞窟教会です。


dWblj4XSKt4026.jpg



洞窟は結構広くて、いくつもの部屋がつながっています。


V98oCrXLVG856a.jpg



雰囲気たっぷりの礼拝堂があります。


VtTV_aRF8Q4499.jpg



結局、ぐるりと中を見学してきてしまいます。たぶん有料なのだと思うのですが、係りの人もいなかったし、ごめんなさい。

改めて散策開始。丘の頂には、可愛い天使のような像が見えます。そちらの方に向かって歩きましょう。


Rf5wCW5FrH7a17.jpg



市民の森という感じで、いろんな人が散策を楽しんでいます。道案内の表示が全くないので、気の向くままに進みます。途中には見晴台もあり、ブダペストの街の景色が楽しめます。


iURYnUuaSRda96.jpg



こちらは自由橋Szabadság hídの方向です。


5KlXRLzC5L5d5c.jpg



こちらはエリザベート橋Erzsébet hídの方で、街の中心が見えます。残念ながら、くさり橋Széchenyi Lánchídまでは見えません。もっと上の方まで上らないと見えないようです。


7lWPLFINpI3a37.jpg



さらに大分登ったところで上を見上げると、気になっている可愛い天使のような像はまだまだ上の方に見えます。思ったより遠いようですね。暗くなると明かりも無さそうなので、残念ですがここまでで終了としましょう。ところで、この天使に見えた像は後で調べたところ、しゅろの葉を高く掲げた女性像で、1945年にナチス・ドイツから町を解放したソ連軍の慰霊碑として建てられたものでした。現在はブダペストを見守る自由の象徴ということだそうです。ブダペストは色んな歴史を抱え込んだ街のひとつですね。


mlKqBRMbpv6be5.jpg



どんどん丘を下ります。自由橋がかなり近くなってきます。


JCxA3pBHMr5ed4.jpg



もう少し下りると、自由橋の手前に大きな十字架が見えます。さきほど丘の麓から見上げた十字架です。


IRBw0AaSq8e604.jpg



ゲッレルト温泉Gellért Gyógyfürdőの建物に近づいたところで、十字架の方向と思われる道を選んで進みます。


B6lnQBeruV64b3.jpg



遂に十字架のある広場に出ます。やったね!


rrZcBFxZb232b1.jpg



十字架の前に立ちます。この大きな十字架は洞窟教会の上に立つと思われます。


nZWk8lvI04beb2.jpg



十字架の丘はほぼゲッレルト温泉のドームと同じ高さです。


XvHuw2lMjMc13c.jpg



丘を下って、ゲッレルト温泉に戻ってきました。


mdvVyxgWMY978c.jpg



ゲッレルト温泉の隣が我がホテルです。ホテルのテラスには灯がともっています。


lxgHZrbPq0426e.jpg



夕刻のドナウ川を見ながら、ホテルにゆらーりと戻ります。

ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2014050601.jpg



ホテルの円形のロビーは風格がありますね。


8ol00phbz972eb.jpg



今日もいっぱい歩きました。
ホテルの窓の外は光と闇の饗宴。美しきドナウの眺めです。そろそろやすみましょう。


DE5QBUvkjF4cc2.jpg



明日は我が夢の街、ウィーンに向かいます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR