FC2ブログ
 
  

ブダペストからウィーンへ:ウィーン到着、早速、オペラ

2013年6月2日日曜日@レールジェット(ブダペスト⇒ウィーン)/2回目

ブダペスト東駅Budapest Keleti pályaudvarを出て1時間ほどたち、レールジェットはドナウ川沿いを走り始めます。


Z279TU8Gsx6f8a.jpg



車窓からはハンガリーの大草原が望めます。美しいですね。


nG5WAGoRUi6eed.jpg



どこまでも草原が広がっています。


1Eu9iltJ805477.jpg



ジュールGyörに到着。ジュールは歴史の古い町です。ブダペストとウィーンのほぼ中間地点になります。


kezL7aNsuPba00.jpg



ジュールを出ると、また大草原。


CJ5H7uGJQd6852.jpg



次の駅に到着。モションマジャールオーヴァールMosonmagyarovarです。


8A6JJNMfKk1765.jpg



鄙びた駅舎です。


UXNg6wWzO5507e.jpg



モションマジャールオーヴァールを出ると、草原の中に風力発電ユニットが並んでいます。どこでも見慣れた光景になります。


bWqc_lGkHsd61a.jpg



モションマジャールオーヴァールから10分ほどでヘジェシャロムHegyeshalomに到着。オーストリアとの国境まで数キロしかありません。国境の町です。


odTPBzGjY_7b65.jpg



ヘジェシャロムを出ると、国境通過を感じることなく、すぐにオーストリアに入ります。ハンガリーからずっと平原が続きます。


IWLyErjotE2f75.jpg



そして、ここにも風力発電ユニットが並んでいます。


WnZdxnIleo1e72.jpg



のんびりと車窓を眺めること3時間、ウィーンに間もなく到着です。レールジェットの車内もざわついてきます。


9NI88Qw17l8f40.jpg



ウィーン・マイドリング駅Bahnhof Wien Meidlingに到着。ここで下りてしまおうかとも思いましたが、配偶者にウィーン西駅まで行こうと言われ、腰を落ち着けます。


PdHG7MNxel4d50.jpg



懐かしいウィーン西駅Wien Westbahnhofに到着。

ブダペストからウィーンまでの鉄道移動ルートを地図で確認しておきましょう。赤矢印で示します。旅は始まったばかりです。ちなみに青矢印はこれからの移動予定ルートです。


2014050801.jpg



このウィーン西駅は慣れたもんです。いつものお店で、お寿司と水とコーラをゲットしてホテルに向かいます。
ウィーンで泊まるのは初めてのオーストリア・トレンド・ホテル・ドッピオAustria Trend Hotel Doppio Wienです。モーツァルトのお墓のあるザンクト・マルクス墓地Sankt Marxer Friedhofのすぐ近くにあります。西駅でとりあえず、24時間チケットを購入します。


9QVuEVx54642df.jpg



西駅から地下鉄U3に乗って、ツィッペラーシュトラーセ駅Zippererstraßeまで移動。そこで71番のトラムに乗り換えて、ホテルの最寄の停留所リトファースシュトラーセLitfaßstraßeで下車。ここまで約30分です。トラムを降りると、目の前に真新しいホテルが聳えています。ホテルのレセプションに向かい、チェックイン。


7kxMHYYQlk60e7.jpg



フロントやロビーもおしゃれです。


Ls1ReFPs2682ac.jpg



部屋は最上階の7階。ドアを開けて入ると、とっても明るく爽やかなお部屋です。


3ZKtLfvUTT35d5.jpg



しっかりしたデスクもあり、PCを使う環境もよさそうです。


eaRU4D5DYi179d.jpg



まだカバンは開けずにそのままにしています。


9vdUdKpqIJ8c73.jpg



まずはお部屋チェック・・・バスタブがない! saraiがさっそくレセプションに出向いて交渉です。その結果、無事にバスタブ付きの部屋に変更。同じ7階の全く同じタイプの部屋です。
これがバスルーム。長逗留ですから、バスタブは必要です。


seJGJLvKjm8b66.jpg



そのまま仮眠。今日は日曜日ということもあり、6時からオペラなんです。71番のトラム1本でウィーン国立歌劇場Wiener Staatsoperに到着。今日は最前列とはいきませんが、3列目なので、間近でオペラを楽しめます。


EqC8gNstAg5f7b.jpg



素晴らしい《カルメン》を楽しみました。ガランチャとアラーニャという超人気歌手の共演する公演です。歌劇場に行くまで、ガランチャのキャンセルはないか心配でなりませんでしたが、無事に登場。(色んな意味で)美し過ぎるカルメンでした。オペラの詳細はここにアップ済です。終演後は、ウィーンのお友達Hさんと合流。2ヶ月ぶりの再会を喜び、話が盛り上がります。カフェで遅くまで話し込んでしまいました。

さあ、七夜連続の音楽三昧が始まります。明日は何故か、ウィーンで聴くベルリン・フィルです。ルンルンでホテルに戻りオヤスミナサイ。
それにしても、寒い! とても6月とは思えません。明日はコートを買いに行くかな。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR