FC2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:ウィーンでお買い物・・・夜はベルリン・フィルの最高のブルックナー

2013年6月3日月曜日@ウィーン/2回目

思い出のアプフェルシュトゥルーデルのお店、カフェ・フラウエンフーバーCafe Frauenhuberでランチを食べて、気持ちよくお店を出ます。この後はお買い物です。ここから、シュテファンズフラッツStephansplatzに歩きます。配偶者が、シュテファンズフラッツからヴォルツァイレ通りWollzeileに続くドゥルヒガング(通り抜け)にある紅茶屋さんのことを以前から気にしていたんです。2軒も紅茶専門店が並んでいて、建物は繋がっています。別のお店だと思うのですが・・・。カウンターの裏の壁にはたくさんの紅茶の葉が並んでいます。


yZNQjsKF__2d31.jpg



こじんまりした方のお店で、アッサムとダージリンをお買い上げです。日本では考えられないお値段。普段使い用に大量買いしてしまいました。


tc5siIVYwK3f0b.jpg



配偶者は興味津々の様子で店内をくまなく見回しています。店内は紅茶関連グッズが所狭しと並んでいます。


4zMnxez174333f.jpg



次はいよいよウィンドブレーカーを探しましょう。配偶者があまり買いもの好きではないので、この辺りのお店をのぞいたことがありません。ブランドショップがズラリと軒をつらねるウィーン一番のケルントナー通りKärntner Straßeです。いくつかお店に入ってみますが、とっても身分不相応の価格です。saraiの財布でもなんとかなるH&Mに入って、寒さよけのウィンドブレーカーを購入。

最後はスーパーで買い物をして帰りましょう。野菜売り場ではどうしても旬のシュパーゲルが気になります。


6KiIJK64wsb405.jpg



果物も気になります。


D_tJvLYGEs8f3f.jpg



夜食に何かないかと探していてみつけたのが“おにぎり”。パッケージも日本と同じで、パリパリの海苔をまいて食べる方式です。1個400円近いというのが驚きですが、試してみましょう。


THG_kaA0t0cde1.jpg



惣菜を自分でパッケージに入れる、量り売り方式のコーナーがあります。


1O3yGDmr30e742.jpg



どれも気になりますが、今回はカレーを選んでみます。お米は長粒米です。パンとコーラもお買い上げです。
買い物を終え、雨の寒空の中、早々にホテルに引き上げます。

ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2014051001.jpg



配偶者は洗濯、saraiはブログ書き、その後仮眠をして過ごします。

夜はコンツェルトハウスWiener Konzerthaus大ホールでコンサートを聴きます。楽友協会Wiener Musikvereinの大ホールも美しいホールですが、コンツェルトハウス大ホールも美しいホールです。


dZIhEss8rl6da4.jpg



円柱の柱や天井の装飾は素晴らしいです。


olILJ0wINw90d4.jpg



これはホールの後方の2階席を見たところです。角のとれた丸みが印象的です。


nIqreGBAX2dc59.jpg



これはステージ。輝くような美しさです。


8SP5FoFm_D05f1.jpg



今日はここでベルリン・フィルのコンサートを聴きます。これがチケット。


Usdez6bxr06b41.jpg



今回、ベルリン・フィルがウィーンに来ているので、全3回のコンサートを聴きます。今日は第1弾のブーレーズとブルックナーです。

さすがに素晴らしい演奏でした。ここまでの演奏とは期待していませんでした。コンサートの詳細はここにアップ済です。

終演後、トラムでホテルに戻り、お昼に買い求めたカレーライスを夜食にいただきながら、今日のベルリン・フィルのコンサート記事をまとめます。


_psBmcoPla7214.jpg



明日も雨がひどいようなので、ゆっくり休養。夜はフォルクスオーパーVolksoperでオペレッタ《メリー・ウィドウ》を聴きます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR