FC2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:ナッシュマルクトの海鮮レストラン、ウマーでランチ

2013年6月4日火曜日@ウィーン/1回目

旅の5日目です。

今日はウィーンの3日目になります。
今日もお天気は悪いですね。小雨混じりで強い風が吹いています。6月とは思えません。今日もホテルでゆっくり過ごし、夜のオペレッタに備えましょう。
普通の時間に起きた配偶者はブログを書きながらsaraiが目覚めるのを待っていたそうです。saraiも9時過ぎにはようやく起き、朝風呂でさっぱりして、昼の食事がてら街に出掛けます。こんな日に行くところと言えば美術館でしょうね。ウィーンの美術館はたいていは何度も行っていますが、自然史博物館Wiener Naturhistorische Museumにはまだ行ったことがありません。自然史博物館の中のカフェ:ノーチラスでランチを楽しみながら、鑑賞してきましょう。

トラムで自然史博物館の前まで行きます。降りたところがモーツァルトの銅像前です。ご挨拶していかないわけにはいきませんね。ブログでもイメージキャラクターになってもらっています。


eP30ztcI2L97b8.jpg



自然史博物館はすぐそこですが、誰もその方向に行く人はいません。そりゃそうでしょうね、観光の優先順位はかなり低いでしょう。入口の前には、象さんの可愛い銅像が出迎えてくれます。


V6RaV7thMw178f.jpg



が、大きなドアの前に立ち、必死にドアを押しますが開きません。それもそのはずです、今日の火曜日はお休みでした・・・。予定変更です。すごすごと自然史博物館から撤退します。


HqFA6TvBKpeded.jpg



近くのナッシュマルクトNaschmarktの海鮮レストラン:ウマーUmarでランチしましょう。saraiが是非とも行ってみたいと常々思っていたお店です。いつも混んでいてなかなか入れてもらえないのですが、こんなお天気の悪い日は大丈夫でしょう。自然史博物館から歩いてすぐです。お店に着くと、冷蔵ケースには美味しそうな新鮮な魚が並んでいます。これはどうしても食べたいですね。


Kb8sPPuZwb2441.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2014051101.jpg



お店の中は空いていますが、予約が入っていてテーブルが確保できないことが多いのです。店に入って恐る恐る聞いてみると、今ならOKとのこと。良かったね。さて、メニュー選びです。saraiは生牡蠣が食べたかったのですが、配偶者は寒くて何だかその気にならないとのこと。そうすると海鮮のグリルが美味しそうですね。ウマー特製のグリルの盛り合わせが、2人前からとあります。これに決まりです。白ワインを飲みながら、料理を待ちます。


yAKMCUfcEu73da.jpg



保温器がセットされ、その上にお皿が重ねられます。スタンバイOKですね。


4p3H9Ib9PFb3af.jpg



お料理はまだですが、パンだけは運ばれてきました。


24LqamKgcgfd1c.jpg



オリーブオイルでパンを食べながら、料理を待ちましょう。


Kwh2zACe9K070d.jpg



オリーブオイルはボトルにたっぷり詰められて届いています。


3Av4DtdzV98923.jpg



料理を待っていると、すぐ横で我々の係りのおじさんが何かつまみ食いをしています。美味しそうねと配偶者が言うと、食べてみてよとお皿にのせて出してくれます。サーモンと鯛をサッパリとオリーブオイルであえただけのようなものですが、新鮮なせいかとっても美味しいです。ご馳走さま! 


WoZl7qhhraaf5c.jpg



いよいよ魚のグリルが登場です。見事です。これは美味しいでしょう。海のないウィーンとは思えません。これがこのお店の人気の理由でしょう。


ulA35MaAZ6033b.jpg



一番上に載っていた魚の姿焼きは、いったん持っていかれます。骨を外して出し直してくれるようです。


6tsBoPt7Q13170.jpg



さて、この美味しそうなグリルをいただきましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR