fc2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:ウィーン自然史博物館の膨大な展示に唖然

2013年6月5日水曜日@ウィーン/2回目

自然史博物館Wiener Naturhistorische Museumのカフェでランチを頂きました。自然史博物館を見学しましょう。水辺の生き物からスタートし、昆虫や鳥類、魚、爬虫類、哺乳類に至るまで、地球上の生き物をすべて集めたのではないかと思われる収集内容です。パンフレットにイラスト入りの分かりやすいマップがあります。これを参考に2階の展示から見て回ります。


xshWYYpc_u3271.jpg



展示内容もさることながら、建物自体も見事です。


O1dFMUw9jJ0d72.jpg



水辺の生き物の先に蟹のコーナー。高足蟹です。Japanese Spider Clubっていうんですね。日本近海の深海に生息する巨大な蟹で、世界最大の現生節足動物だそうです。


GQOmeMdd0t2932.jpg



おやおや、魚のコーナーにはユーモラスな姿のマンボーがいます。


vbUzDVS_eec79e.jpg



鳥類のコーナーには、マダガスカル沖のモーリシャス島に生息していた絶滅鳥類のドードー(Dodo)がいます。もちろん剥製ですが、初めて見ます。


NbFasfmNCh1de7.jpg



鳥類のコーナーで、さらに珍しいものがあります。サイチョウ(犀鳥、学名:Buceros rhinoceros)です。頭に鶏のトサカのようなものがついており、これが動物のサイの角に似ているのでサイチョウという名前が付けられたそうです。それにしても珍妙な姿ですね。木の幹にできた空洞(うろ)からこの頭部だけを突き出していると、実に奇妙です。


2ZyJp40Hyj9293.jpg



ここまで美しく並べられると、それは見事です。これは鳥の標本のほんの一部です。凄いでしょう。


x5Regt9i0f83e4.jpg



またまた変な鳥がいます。これはフキナガシフウチョウ(学名:Pteridophora alberti)だそうです。


FdKEwGVYIHa14e.jpg



動物コーナーにはフクロオオカミ(Thylacinus cynocephalus)がいます。オーストラリアのタスマニア島に生息していた大型肉食獣ですが、1936年に絶滅したそうです。タスマニアオオカミの別名もあります。


5Ru1RURnHye10d.jpg



次は1階の展示に移ります。まずは先史時代コーナーです。これは巨大なアンモナイトの化石ですね。


V0LoF7JDIVd8fb.jpg



これはまるで恐竜の化石のようです。実際は絶滅したゾウの属で、デイノテリウム (Deinotherium) という約2,400万~約100万年前に生息したものです。下顎から下方に向かって生えた牙が特徴です。


z2HSeaps7q2eb4.jpg



次は正真正銘、恐竜の化石です。さすがに巨大ですね。


JWn5PXTWb067a4.jpg



これはヴィレンドルフのヴィーナス (英語:Venus of Willendorf, ドイツ語:Venus von Willendorf)と呼ばれる、ドナウ河畔で発見された2~3万年前の石像です。この自然史博物館の収集品の中でも特に有名なものです。


U3VpFPaMIHbbf3.jpg



展示品のほんの一部だけを紹介しました。多彩でかつ徹底した収集にかなり呆れてしまいました。それにこんなに豪華な建物に展示することが必要なんでしょうか。マリア・テレジアの旦那様のフランツ1世の鉱物・化石コレクションがもとになっているせいでしょうね。なかなか楽しめました。
ところで、恐竜の等身大の模型が本物のような動きをしていたのには驚きました。これって、福井県勝山市の恐竜博物館の展示と同じですね。どっちがマネしたんでしょうか。福井贔屓の配偶者は、福井の方が動きがスムーズだと言い張っていました(笑い)。

それでは、お約束のお茶をしに行きましょう。ここから一番近いのはデーメルDemelですね。王宮Hofburgを抜ければすぐです。久しぶりに行ってみましょう。コールマルクトKohlmarktのマンツ書店MANZ'sche Verlagsのお隣です。


Ld4YSB5h698af3.jpg



いつも混んでいるデーメルも今日は空いています。お菓子作りの様子がガラス越しに見える席をゲット。配偶者は興味津々の様子で、じっと観察しています。


afoZcmtIfSaa17.jpg



それぞれケーキと紅茶を頂きます。
これは配偶者のケーキ。


rEhAJk9m4oa616.jpg



これはsaraiのケーキ。


YYlDREkGSS0f59.jpg



久しぶりでしたが、やはりデーメルのケーキは美味しいですね。

夜食を買ってホテルに戻ります。リンク通りRingstraßeに出ると、ウィーンのマロニエの並木は美しいです。


NNZ0MufAnP9f90.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2014051501.jpg



今日もホテルで休養して、コンサートに出掛けます。今夜のコンサートは、旅の前半のハイライト、フォン・オッターがラトル指揮ベルリン・フィルと共演するマーラーの交響曲第2番《復活》をコンツェルトハウスWiener Konzerthausで聴きます。コンツェルトハウスは外観も綺麗ですね。


Nroqto9D_ja8e4.jpg



これは今日のチケット。かなり後ろの席です。人気公演なので、なかなか良い席はゲットできません。


hCZJrFgn5ve5cd.jpg



そんな席で聴いたにもかかわらず、期待通り素晴らしいコンサートでした。フォン・オッターとベルリン・フィルの熱演でsaraiは超感動。ホテルに戻るまでうるうるしていました。この日のマーラーの交響曲第2番《復活》の詳細はここにアップ済です。

ようやく青空も少しは見えてきました。明日は少しはよいお天気になって欲しいな・・・ということで、オヤスミナサイ。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR