fc2ブログ
 
  

ミュンヘン~レーゲンスブルグ~バンベルク~ドレスデン:ミュンヘンの朝ごはん、白ソーセージ

2013年6月10日月曜日@ミュンヘン~レーゲンスブルク/1回目

旅の11日目です。

現在、ウィーンWienからドレスデンDresdenまで鉄道で移動中です。今日は昨日からミュンヘンMünchenに途中下車しているところです。

今日は、また怪しげな雲行きです。なかなかスッキリとは晴れませんね。
ミュンヘンは、昨夜のオペラだけが目的だったので、お昼には次の目的地レーゲンスブルクRegensburgに向かってしまいます。この短時間で楽しむとしたら、ミュンヘンの朝御飯でしょう。わざわざ朝食なしのホテルに予約変更してまで、朝ごはんにこだわっていたんです。ミュンヘンの朝ごはんと言えば、白ソーセージ・白ビールに決まりですからね。

お洒落なホテルをチェックアウトします。荷物は預かってもらいます。


jNDZogNeze597e.jpg



さあ、白ソーセージを頂きに行きましょう。おっと、その前にミュンヘン中央駅München HBFに立ち寄ります。


5FkuzBbgUU2ebe.jpg



駅でレーゲンスブルグ行の格安チケット、バイエルンチケット2人用を自動販売機で購入しておきます。通常チケットの約半額の26ユーロという安さです。ここで先にチケットを購入しておいたことが後々、助かることになります。


p6HF2Uqshd80cc.jpg



ミュンヘン中央駅から地下鉄(実際はSバーン)に乗ります。


gUKDWE_9uW7edd.jpg



地下鉄で2駅。すぐに旧市街のど真ん中のマリエン広場Marienplatzです。新市庁舎Neues Rathausをチラ見です。


X8WU5A7KrQd570.jpg



目的のお店ビアレストラン・パウラーナー・イム・タールPaulaner im Talへ一目散で直行です。


NjRtvVBrhea41c.jpg



途中、八百屋さんの店先には美味しそうなシュパーゲルが並んでいます。


LOXlrqmv6a747e.jpg



目的のレストランに到着。入り口は狭くて大したお店ではなさそうですが、入り口前に陣取ったブタさんがお出迎え。


0fS87Tl9878fd2.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2014063001.jpg



店内はとっても広くて、お客さんもちらほらです。とっても清潔な感じのお店です。


yHvvgY4qY_037b.jpg



奥に中庭もあるということなので、そこのテラス席でもよいかと訊いてみると、席が濡れているからダメとのことで、代わりにテラスを窓越しに見る明るい席に案内してくれます。


9dUHzg_WR8d766.jpg



このお店には、朝食メニューがあります。白ソーセージとパン(ブレッツェル)と白ビールです。どうしても朝からビールを飲まないといけないみたいですね。郷に入れば郷に従えですよね。頂きましょう! 早速、その朝食セットを注文しますが、なかなか注文が通じません。ヴァイス・ヴルストと言うと、ああっと分かってくれます。

すぐによく冷えた白ビールが運ばれてきます。


I2ro9IurOb6951.jpg



このお店はビール醸造元の直営店で、この白ビールもそのブランド。
これはそのコースターです。


0Ld2xio_cJ940d.jpg



これが朝食セットの白ソーセージ・ブレッツェルです。


OOCSrKpcUa266a.jpg



数年ぶりの白ソーセージとのご対面です。


n2fFdfVmbAa34b.jpg



フォークとナイフでうまく白ソーセージの皮がむけます。


jopUKeh9kU1c62.jpg



この白ソーセージはやっぱり美味しい!
昔は午前中しか食べさせてくれなかったという新鮮な食材です。

そして、ビール・・・美味しいです。日本のビールとは味がかなり違いますね。ところで、こういうお店にはシュパーゲルがありそうな気がするという配偶者のひらめき。店員さんに聞いてみると、やはりあります。
メニューにもあります。


DOCQYATOkeb2ff.jpg



もちろんお願いします。7本お皿に乗っかって登場。太さは、日本のに比べるとぶっといですが、ドイツものとしては今一つの太さですね。味は、シャキシャキ感が素晴らしく美味しい。saraiは大満足です。


NM26d2FIIp228f.jpg



配偶者が大好きなポテトも付いてきます。配偶者も大満足です。


TGLXPImLAI14bb.jpg



綺麗な女性もゆったりと白ビールを飲んでいます。これがミュンヘンの文化です。


OCTXRmd8K0b121.jpg



ここであまりにものんびりしてしまい、レーゲンスブルグ行の電車の時間が迫ってきます。早くお勘定をして駅に行きましょう。しかし、こういうこと(清算)を慌てないのがこちら流。のんびり優雅にお皿をさげ、別の客の相手をし、請求書を持ってきて、どこかにいなくなり、他の客の料理を運び、ようやく清算してもらえます。こちらも、お店を出るまではにこやかにしてますが、店を出たらダッシュです。マリエン広場が見えています。


pHEEv_d8Ole178.jpg



果たして、レーゲンスブルグ行の電車に間に合うでしょうか。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR