fc2ブログ
 
  

マーラー「復活」 by インバル&東京都響@サントリーホール 2010.6.19

saraiのリタイア後のコンサート第1弾は東京都響の定期演奏会@サントリーホールです。

それも楽しみにしていたインバル指揮のマーラーの交響曲です。
マーラーのなかでも好きな第2番「復活」です。

今日は土曜日だし(もう平日でも同じことですが・・・)、早めにサントリーホールのあるアークヒルズに向かい、早めに夕食。3階のカレー屋さん。これで3階のレストランもほとんど食べました。結構、ユニークなレストランが多いですね。

ともあれ、サントリーホールに入館。いつものステージに向かって左手の前方の席につきます。

今日はさすがにステージにあふれんばかりの大編成オーケストラ。
それにステージ裏の客席が合唱団席のようです。

今日のコンサートマスターはソロコンサートマスターの矢部達哉。ヴァイオリンソロがはいりますから、彼の登場は期待できます。

で、いよいよマエストロ、インバルの登場です。初めて生で聴きます。
巨体をゆすらせながら、貫祿です。

「復活」は5楽章構成。
独唱は
 ソプラノ:ノエミ・ナーデルマン
 メゾソプラノ:イリス・フェルミリオン
合唱は
 2期会合唱団

第1楽章、ものものしい低弦の出だしが印象的ですが、やはり、都響のストリングセクションは今日も素晴らしい響きに満ちています。ちょうど、席が第1ヴァイオリンのど真ん前のせいもありますが、第1ヴァイオリンの演奏の充実していることがこの曲の劇的さを引き出しています。ただ、以前、この都響の「復活」を故ベルティーニ指揮で聴いたときに比べると、細部の磨き上げという点では少し物足りない感じはあります。これは指揮者の個性でしょう。
ただ、さすがに曲の構成力はきっちりしており、なかなか感動的な演奏です。

第2楽章はやはり弦セクションの活躍で美しい響きが気持ちよく聴けます。

この楽章の終わったところで、指揮者がいったん退場し、合唱団がステージ裏の客席に並びます。
そして、最後に最前列の席に2人の女声独唱がつきました。てっきり、ステージの一番前で歌うと思っていたので、遠くて、大丈夫かなって思いました。

で、再び、インバルが登場し、第3楽章から再開。
まずは穏やかな弦の合奏から始まり、指揮者も弦の奏者も軽く笑みを浮かべ、なごんだ感じでリスナーも気持ちの落ち着くところです。
最後は厳しい楽想になって、すぐに次楽章に突入。

第4楽章はメゾソプラノの独唱からはじまりますが、フェルミリオンは豊かな声量でホールに美声が響きます。もう少し、強弱をつけて、哀感があればとも思いますが、感情のこもった歌唱で好感を持ちました。
この短い楽章に続いて、最後の楽章です。

第5楽章はいつ聴いても、この「復活」はこの楽章がすべてだと思ってしまいます。それまでの4つの楽章はこの第5楽章への序奏に過ぎないという感が否めません。それほど、この楽章は圧倒的です。

オーケストラだけで徐々に盛り上げ、途中からは、狂ったように走り出します。
そして、金管で吹かれ始める復活のテーマは印象的で感動的でさえあり、その先の素晴らしい展開を予感させます。
で、合唱団が立ち上がり、いよいよクライマックスが近づきます。
まず、低い音量の歌唱が始まりますが、潜在的な熱情・パワーは十分伝わります。
合唱部とオーケストラ部が繰り返されながら、最後はそれらが一体となり、パイプオルガンも加わり、復活のテーマが大音量でホール全体を包み込みます。

まさにマーラーワールド。この圧倒的な音楽の力に誰しも感動なしにはいられません。

saraiの目からも熱いものが溢れ出てきます。頭は真っ白です、

そして、フィナーレ。

もう少し、静寂を味わいたかった。みんな頭が真っ白になるほど感銘を受けたのなら、静かに余韻を楽しもうよ!! 拍手も不要な素晴らしい演奏だったじゃないか。

インバルの冷静に曲を構築する力と都響の弦楽セクションをベースとした卓越した演奏力に脱帽のコンサートでした。

saraiの期待を上回る演奏で、退職後初の記念すべきコンサートは涙・涙で幕を閉じました。

明日は大好きな庄司紗矢香のプロコフィエフ。楽しみはつきません。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR