fc2ブログ
 
  

ミュンヘン~レーゲンスブルク~バンベルク~ドレスデン:ドナウ川の危険な水位

2013年6月10日月曜日@ミュンヘン~レーゲンスブルク/5回目

レーゲンスブルクRegensburgのシンボルの大聖堂Domを出て街の路地に入ると、レコードショップが目に入ります。


FjUmvdn5hj53d2.jpg



レコードショップの中に入りますが、時間もないし、これというものも残念ながら見つかりません。というよりもじっくり見ている時間がありません。
大聖堂からクラムガッセKramgasseを抜けて、ヴァーレン通りWahlenstraßeに出ます。


z4f0H0IiV1a79f.jpg



市庁舎広場Rathausplatzに向かいます。


Ah6rCRcRwma53d.jpg



市庁舎広場に出ます。緑の多い広場の中心には噴水があります。


1LXJ5FuJ6cba4a.jpg



噴水の先には旧市庁舎Altes Rathausが見えます。


uwhy87KV4Lf95c.jpg



時計台のある建物が旧市庁舎です。


ki6QZ6y8M61fea.jpg



旧市庁舎の隣の建物にツーリストインフォメーションがあるようです。


RNPXUbH8WH30ad.jpg



多くの観光客がツーリストインフォメーションに出入りしています。


RFr5CB0nL7b33f.jpg



saraiもツーリストインフォメーションで資料をゲットしましょう。


P9PoCfgSmx23af.jpg



ここで日本語のパンフレット(変な日本語です)をもらい、それを手に街を歩きます。


6GGu_BQRPU7a49.jpg



ところで、この日本語のパンフレットによると、BMW3シリーズのオープンカーとクーペは全てレーゲンスブルクで製造されているそうです。自動車の街でもあるんですね。


Np1wYe8UWD9d75.jpg



旧市庁舎の内部は帝国議会博物館Reichstagsmuseumになっているそうです。ちょっと、様子を窺いましょう。


VAKv0AVq7s1ae5.jpg



別の入り口に回ってみます。


5BBnA_ee7wed8c.jpg



ここから建物への階段がありますが、さほどの興味はないので入るのは止めます。


F62QDIiJblc47e.jpg



アーチの奥に中庭がありそうです。入ってみましょう。


X4e69zXc885343.jpg



中庭には綺麗な彫像が並んでいます。美しい中庭です。


XakmvSJLExfb6b.jpg



先日来の大雨で市内は浸水したそうですが、旧市街はその跡はほとんど分かりません。気になっていたので、氾濫したというドナウ川Donauの方に行ってみましょう。ここに掛かる石橋Steinerne Brückeはドイツ最古の石橋ということですが、水位の上昇した水面が迫っています。
ドナウ川を見て驚きます。濁った水がかなりの速さで流れていて、今にも氾濫しそうな勢いです。


lV_26Om1zR8603.jpg



川岸近くは立ち入り禁止になっています。


Uww8L1XxQD9d06.jpg



川の水位はいっぱいいっぱいに上がっています。


3uf_0Xz_B3077f.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2014070401.jpg



水位の上がったドナウ川の状態を見て回りましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR