fc2ブログ
 
  

ミュンヘン~レーゲンスブルク~バンベルク~ドレスデン:映画《シンドラーのリスト》とレーゲンスブルクって?

2013年6月10日月曜日@ミュンヘン~レーゲンスブルク/8回目

レーゲンスブルクの路地を歩き、城門のアーチを抜けると大聖堂Domの横に出ます。大聖堂の巨大な石壁がそそり立っています。


5y02MjeiOL4edd.jpg



尖塔群の連なりは圧倒的な印象です。


7vDZXnh_u_3a4e.jpg



大聖堂広場Domplatzには騎馬像が立っています。


R6ywdvdXSXb973.jpg



大聖堂のファサードです。綺麗ですね。


OrhP7sYBBT4026.jpg



大聖堂の尖塔が聳えたっています。典型的なゴシック建築です。


pnuU98AZbB79bc.jpg



大聖堂のファサードの前の大聖堂広場です。カラフルな建物が建ち並んでいます。


opQmdNxQePcdf3.jpg



大聖堂広場の大聖堂に隣接する建物です。


moXxLob4rpde4c.jpg



再び、大聖堂のファサードと尖塔を仰ぎ見ます。圧倒的な迫力です。


kVD4poIZJpcc45.jpg



大聖堂広場から路地ヴァトマルクトWatmarktに入ります。


J9PTBANymYf0dc.jpg



路地を歩いていると、ふと建物の壁にあるプレートに目が留まりました。えっ、シンドラーSchindler!


9CXXzSS_eU32be.jpg



オスカー・シンドラーじゃないですか。映画の《シンドラーのリスト》の主人公です。彼はナチスの魔の手から1200人ものユダヤ人の命を救いだしました。そのシンドラーが戦後、1945年11月から1950年5月まで、このレーゲンスブルクに住んでいたそうです。このプレートが掲げられているのが住んでいた家です。ヴァトマルクトWatmarktの5番地の家です。意外なものに遭遇し、ビックリです。

通りの先にはまた旧市庁舎Altes Rathausが見えます。


ITu7MXAGpAb853.jpg



ヴァーレン通りWahlenstraßeを横に見ながら、先に進みます。


O9kiyx1krd0eb2.jpg



再び、旧市庁舎の前に出ます。正面に見えるのはツーリストインフォメーションのある建物です。


twuzN3HmEO19cf.jpg



その先の路地ノイエ・ヴァーク・ガッセNeue-Waag-Gasseを抜けていきます。


3vzbB16ogZ14de.jpg



路地を抜けると、ハイドゥ広場Haidplatzです。この広場の中央にも噴水(泉)があります。


EoFb46ewtla50d.jpg



ホテルに戻る前に、小路の街並みを楽しみましょう。saraiは、まだどこかでシュパーゲルが食べられないかと、通り沿いのレストランをチェックします。でも、ないようですね。


p7LWYK5xLd9750.jpg



あきらめきれずに路地をうろうろ。


DsUpOJfEHb1821.jpg



シュパーゲルは野菜を売っている屋台の店先にも、ほんの少しか並んでいません。このお天気ですからね。

また、広場に出ます。


N5H5Z_BXI_30d2.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2014070701.jpg



旧市街の美しい路地を歩きながら、ホテルの方に向かいましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR