FC2ブログ
 
  

ミュンヘン~レーゲンスブルク~バンベルク~ドレスデン:ニュルンベルクからREでバンベルクへ

2013年6月11日火曜日@レーゲンスブルク~バンベルク~ドレスデン/3回目

レーゲンスブルクRegensburgからICEでニュルンベルクNürnbergへ向かっています。
美しい平原の中をICEは走っていきます。


WMDLlTeNcUb7a2.jpg



Ochenbruck駅を通過。


i1m0gw1UJH6e23.jpg



すぐにニュルンベルクの街です。


NJUlgeCgd38fc6.jpg



ニュルンベルク中央駅Nürnberg HBFに数分遅れで到着し、ここでICEを降ります。乗り換えですが、時間的には10分程の余裕があります。


haMuynrAb_6918.jpg



ニュルンベルクからはRE(急行)に乗り換えて、バンベルクBambergに向かいます。既にREは入線しています。


BcLdGmoqr58143.jpg



ニュルンベルクからバンベルクへはREで40分程です。少し遅れて発車した電車はニュルンベルクから10分程でエアランゲンErlangenを通過。


Zl6umBFMLFb29d.jpg



さらに10分程でフォルヒハイムForchheimを通過。


4uSC9sqyw01e40.jpg



また10分程でヒルシャイトHirschaidを通過。


hLPFHYesxa872e.jpg



緑濃い森の中を抜けて、バンベルクに近づいていきます。


zxIFVtyjzS16c4.jpg



気持ち良く晴れ渡った車窓を楽しんでいると、またまた雲行きが怪しくなってきます。でも、バンベルクに着く頃には、途中の曇天がうそのように晴れてきます。良かったです。バンベルクには10分程遅れて到着です。


TK22lloO16e424.jpg



ここまでの鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。


2014071101.jpg



バンベルクには、4時間程の短時間の滞在です。何としても荷物はコインロッカーに預けたいですね。コインロッカー、空いてます。やったねと、喜んだのもつかの間、コインロッカーの料金は大が3.5ユーロ、中が2.5ユーロです。お釣りが出ないので50セントのコインが必要です。ロッカー2つ分だから、50セントのコインが2個必要です。売店では絶対に両替はしてもらえないので、上手く何かを買ってお釣りをもらいましょう。saraiがブチブチ言いながら、小さなお菓子を買いに行きます。ずいぶん無駄な時間を使いましたが、ようやく身軽になれます。

バンベルクの駅前に出ます。バンベルクの駅舎は石造りの重厚な建物です。


a0iZBtFq170b6d.jpg



駅から旧市街までは1キロほど離れています。バスに乗りましょう。しかし、駅前のバス乗り場が分かりません。探しましょう。


O8qgCgVWJ90472.jpg



郵便局の建物が正面にあります。そこからの通りをまっすぐ進むと旧市街に出る筈です。したがって、バス停はこの辺りにあるはずです。でも、やはり、どうしても旧市街行のバス停が分かりません。駅前に停まっているバスのドライバーに訊いて、ようやくバス停が判明。


3UQFQBIMwE5f30.jpg



ずっと右手の方にバス停が見えます。


1ySXYBkdcveb87.jpg



通りの向かい側にあるバス停がどうやら旧市街へのバスが出るところのようです。通りを渡ります。


VzNEZyAk6P2fcb.jpg



ようやくバス停にスタンバイ。やれやれ。


rvxEaMcvS420bf.jpg



バス停にあるチケットの自動販売機と格闘して、何とか1日乗り放題チケットをゲット。1日乗り放題チケットが1人3.5ユーロです。


gkKR7tuCqTb7a9.jpg



バス停からは通りの斜め向かいにバンベルク駅が見えています。結構遠いし、不便で分かりにくいですね。駅前からバスを運行してもらいたいものです。


98yKk1yYnk33f9.jpg



チケットをゲットした直後、配偶者からバスが来たわよと言われて、急いでバスに乗車。やっと旧市街行きのバスに乗ることができました。結局、駅に到着して30分近くかかりました。コインロッカーで手間取り、バス停を探すのにも手間取り、無駄な時間を費やしました。バスは旧市街に向かって走ります。


Y9RGi0JMR948e9.jpg



橋を渡って旧市街に向かいます。この橋はマイン川とドナウ川をつなぐ運河にかかる橋です。


25a4kszlEibb84.jpg



もうすぐ旧市街です。短時間ですが、この古都の散策を楽しみましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR