FC2ブログ
 
  

ミュンヘン~レーゲンスブルク~バンベルク~ドレスデン:大聖堂からばら園へ

2013年6月11日火曜日@レーゲンスブルク~バンベルク~ドレスデン/7回目

バンベルグ大聖堂Domの内部を鑑賞しています。ここでようやく、内部空間を見通します。現在、東側の内陣の前にいて、西側の内陣を眺めています。西側の内陣は明るく窓が切り取られた初期ゴシック様式です。身廊は後期ロマネスクという感じの重量感のある造りです。


kL7dQk3KuY5e5e.jpg



今度はすぐ近くの東側の内陣を眺めます。こちらは窓も比較的小さく、後期ロマネスク様式です。内陣の手前にハインリヒ2世夫妻の棺が見えます。


vWYA69nUfu0b18.jpg



側面の壁にはパイプオルガンも見えます。


Yux0JwWILw3d48.jpg



西側の内陣の前にやってきます。窓から明るい光が差し込んでいます。


vCPgCTUJeKf65d.jpg



ここから東側の内陣の方を眺めます。それにしても内陣が両側にあるのは面白いですね。どちらが前なのか、分からなくなります。


tMlomLMJLj7bd7.jpg



この大聖堂は内部装飾が豪華です。これはファイト・シュトースの祭壇彫刻です。中央部分はキリスト降誕の場面です。これも見事な彫刻作品です。


j72x82pmoZdf02.jpg



こういう彫刻もあります。


NOuhsIN1Xtaca0.jpg



上方を見上げます。ゴシック様式の三廊式の壁面に比べると窓が小さくて大きなステンドグラスもありませんが、いかにも重量感がある石造りです。


H61TDCZGJB97b5.jpg



地下の礼拝堂に下りてみます。ほの暗い空間は厳かさを感じさせられます。


qE2nmi86Rt0f2f.jpg



モダンな感じの彫刻が飾られています。最近のものだと思いますが、時代はよく分かりません。


hdM9soAxWI5b00.jpg



これで大聖堂の内部見学は完了。

大聖堂の東側の出口を出ると、正面には新宮殿Neue Residenzのどっしりした巨大なバロック様式の建物が見えます。これは1703年に司教領主(Prince-Bishop)シェーンボルンが完成させたものです。ハインリヒ2世の尽力でここに司教座が置かれるようになった後、この地は司教が領主として支配してきました。当初は司教領主の居館となっていました。


ZxQB34y7xA9f9b.jpg



その新宮殿の脇からはバンベルクBambergの街が見渡せます。


H9Wi04_SoZ8329.jpg



新宮殿の建物を抜けて裏に出ると、そこは広大な庭園になっています。新宮殿の庭園はばら園Rosengartenになっています。ばらの花はまだ少し早くて、チラホラしか咲いていなくて残念です。


J7VfgBiTR41c55.jpg



ばら園はこんな感じ。満開だと素晴らしいでしょうね。


OdKMrT45r74496.jpg



ばら園の先の丘の上には、大きな教会が見えます。聖ミヒャエル教会St. Michaelです。


MHqwn5GBkU47f1.jpg



ばら園のばらはまだ早過ぎましたが、ばら園からは美しい旧市街を見下ろせます。赤い屋根の街並みが綺麗です。


MnayXFzGRQ78d8.jpg



ハーフチェンバー様式の家々も建ち並んでいます。


oDozYbnDQt5d96.jpg



ここからも丘の上に立つ聖ミヒャエル教会の美しい建物がよく見えます。


BYhTCANxyi5dc0.jpg



その風景に見入っていると、急に声を掛けられます。何かと思ったら、デジタル1眼レフを持った男性が2人の写真を撮ってあげようとのご親切な申し出です。お言葉に甘えて、聖ミヒャエル教会を背景に記念写真を撮ってもらいます。さすがにカメラマニアらしく見事な腕前の写真でした。ここには公開しませんので、悪しからず。

壁沿いの赤い蔓薔薇は綺麗に咲いています。薔薇はこれで満足しましょう。


WOvSy1aSC0f7e2.jpg



なお、このばら園は入場無料! のんびり時を過ごしたい素敵な空間ですが、時間もないのでこれくらいで散策終了とします。
ばら園から広場に出ると、大聖堂の堂々たる姿に再会。


rA98uBZAcf8f82.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2014071501.jpg



広場の風景を楽しみながら街に戻りましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR