FC2ブログ
 
  

ミュンヘン~レーゲンスブルク~バンベルク~ドレスデン:ドレスデンに無事、到着

2013年6月11日火曜日@レーゲンスブルク~バンベルク~ドレスデン/11回目

ライプツィヒ中央駅Leipzig Hauptbahnhofで乗り換えたICEは、夕暮れの中を一路ドレスデンDresdenに向かいます。
線路の周りに広がる平原の中に、風力発電ユニットが並んでいます。ドイツでは、どこでもお馴染みの風景です。


DGb6GzdkXY20d9.jpg



エルベ川Elbeの鉄橋にさしかかります。川の流れの先には、ドレスデンの世界遺産の旧市街が見えています。


MwNQhDciE06385.jpg



エルベ川を渡り終え、ドレスデンの旧市街に近づいていきます。エルベ川の上には晴れ渡った青空が広がっています。


_cnBZcJkii65e0.jpg



再び、ICEの運転席を覗き込みます。


cHgbKH19Wac7ec.jpg



ドレスデン中央駅Dresden Hauptbahnhofの大屋根が近づいてきます。


2OGpL4YMRbf22b.jpg



運転席からも駅の大屋根が見えています。


FA7Qs4Ad_J24c1.jpg



駅にぐんぐんと近づいていきます。大屋根が大きくなってきます。


V6b5JwzBpof6c3.jpg



駅のプラットホームに進入していきます。


gSkbqVwlyN84a3.jpg



大屋根の下に入っていきます。


8CmC_ro5y27328.jpg



夜8時過ぎにドレスデン中央駅に到着です。2度目のドレスデンです。到着したドレスデンはまだまだ真っ昼間のような明るさですが、夜8時を過ぎています。


IZRYGm0UgYd8ae.jpg



ここまでの鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。


2014071901.jpg



到着したプラットホームは一番端にある通過駅型のホームです。このホーム以外はターミナル型のホームでここが終点になっています。この駅はちょっと特殊な構造です。なお、反対側の端にあるプラットホームはSバーンが発着する通過駅型のホームです。前回来た時にこの構造が分からず少し迷ってしまったので、よく覚えています。


Hu0jDt1dRt420e.jpg



ホームに設置されているエレベータで階下に降りましょう。


MTzGhrhTNA3515.jpg



中央駅の外に出ます。重厚な駅のファサードです。


smyU2LWCvWb972.jpg



すぐ駅前にトラムの停留所があります。トラムのラインごとに停留所が分散しているので、初めての訪問のときは混乱しましたけど、今回は迷わずに正しい停留所、中央駅前Hauptbahnhofに出ます。まだ明るいのですが、夜8時過ぎなので人通りはかなり少なくなっています。明るいのに人がいないというのも、何だか妙な雰囲気です。


7ev4uw4sTfdbca.jpg



まずは自動販売機でトラムの1回券のチケットを購入します。1人2ユーロです。


ROhQeN6AlBf325.jpg



ホテルまではトラム8番で1本、乗り換えなしですぐです。最寄の停留所、プラーガー通りPrager Straßeから荷物をガラガラ引いて、路地プファールガッセPfarrgasseを歩いていくと、ホテルが見えてきます。左側に見えている建物がホテルです。ホテルの前には、聖十字架教会Kreuzkircheが古色蒼然とした姿を見せています。


LA22HOWdHxd220.jpg



中央駅からホテルまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2014071902.jpg



今回泊まるホテルはNHホテル・ドレスデン・アルトマルクトNH Dresden Altmarkt。ロケーションは旧市街の真ん中で新しくてとっても綺麗です。今日から4泊します。早速、レセプションでチェックインの手続きです。内部もなかなかモダンですね。


EvWiFMHycA4c23.jpg



ロビーも美しいデザイン。赤い壁が印象的です。


xs8tAYchc7320b.jpg



チェックインの手続きをしていたら、おしぼりと冷たい飲み物が出てきます。こんなサービスは初めてです。なかなか素晴らしいですね。


y3S3wbN3gU9f9e.jpg



ホテルの入り口はガラス張りで外がよく見えます。モダンなホテルの真向いに古い教会・・・美しい対照です。


86NqFWnRkr5102.jpg



ホテルの部屋も綺麗な内装です。気持ちよさそうなベッド。


0aw2ztubgY3d59.jpg



デスクも機能的です。


H20YHrB1ex31c8.jpg



事前に依頼していた通りバスタブ付きです。満足です。


wd78ZrxL7P293a.jpg



窓の外には公園が見えます。このホテルは聖十字架教会や広場アルトマルクトAltmarktに面していますが、この部屋は静かな公園に面しています。落ち着いて4泊できそうです。


DhX6IGcb7Kc1c0.jpg



今日はゆっくりと休みましょう。

明日はティーレマン+ガランチャの《ばらの騎士》ですが、洪水の危険があるので制限版での上演になるそうです。ともかく、どんな形でも聴ければ、こんな状況下では文句なしです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR