fc2ブログ
 
  

超名演!マーラー4番:インバル&東京都交響楽団&森麻季@横浜みなとみらいホール 2012.11.4

マーラーの交響曲のなかでは、比較的、地味な作品である交響曲第4番ですが、これまで生演奏でもCDでも聴いたことのない、超!をつけてもよいような名演に接し、感動に酔いしれました。今回のマーラー・ツィクルスはもちろん、東京都交響楽団の演奏したマーラーで最高の演奏でした。つい先週聴いた交響曲第3番を上回る素晴らしい名演にコンサートが終わった今でも胸に熱い思いが残っています。
白状すると、交響曲第4番を聴いて、気持ちがよくなることはあっても、感動したのは初めてです。もちろん、感動が頂点に達したのは第3楽章のアダージョです。それまでの第1楽章、第2楽章もまったく隙のない完璧な演奏で、第3楽章での感動に至る伏線はありました。今回はもう、これ以上、書くことはありませんが、それでも、もう少し、感想を綴ってみましょう。

今日のプログラムは以下です。

  指揮:エリアフ・インバル
  バリトン:河野克典(少年の不思議な角笛)
  ソプラノ:森麻季(交響曲第4番)
  管弦楽:東京都交響楽団

  マーラー:「少年の不思議な角笛」より
         死んだ鼓手
         むだな骨折り
         番兵の夜の歌
         この歌を作ったのは誰?
         高き知性を讃えて
         塔の中の囚人の歌
  マーラー:交響曲第4番ト長調

最初は歌曲の「少年の不思議な角笛」からの6曲です。今日はバリトン独唱ですが、折角、ソプラノの森麻季も来ているので、掛け合いで歌ってほしい曲が数曲ありました。バリトンの河野克典はなかなかの歌唱でしたが、前にも書いたことがありますが、この歌曲はメゾ・ソプラノで歌われるのが好きなんです。まあ、気持ちよく、聴けました。オーケストラは抑え気味に伴奏していたので、ほとんど歌だけが耳に残りました。

休憩後、いよいよ、交響曲第4番です。最初の鈴が鳴るような部分から、のりの良い演奏です。しかも実にディテールまで表情の豊かな演奏です。インバルのマーラーはどちらかというと、ディテールを磨き上げるというよりも、大きな構造を組み立てていくような演奏ですが、今日の演奏は細かいところまで、実によく練り上げられた演奏で、そこを聴いているだけでも聴き惚れてしまいます。テンポの緩やかな変化、アクセント、思い切った強弱の変化などの彫りの深い表情付けがされていますが、それが一糸乱れず、パーフェクトに演奏されます。ずい分、リハーサルを重ねないとこういう演奏はできないでしょう。しかもインバルの指揮ですから、細部の磨き上げにとらわれず、全体の構造の見通しのよいパースペクティブな演奏に仕立て上がっています。こういうのを完璧な演奏というのでしょう。こんな素晴らしい第1楽章にはなかなか出会えません。しかも東京都交響楽団の強力な弦楽器セクションの響きの美しいこと、ほれぼれします。木管楽器も味わいの深い響きです。それもすべてインバルの意図した通りの演奏になっている感じです。インバルと東京都交響楽団のコンビはこれまでになく、高みに達した感があります。おそらく、インバルが頭の中に思い描いた通りの響きと表情が実現されているように感じます。インバルの意図した音楽、それは美しい表情をつけた楽想を自然な形で融合し、ザルツブルグの近くの湖沼と山に恵まれたザルツカンマーグートの美しい自然を彷彿とさせるものです。考え抜かれた音楽でありながら、少しも恣意的には感じられず、自然な流れの音楽となってます。第2楽章のレントラーも、その流れが続き、次第に来るべき第3楽章への期待感が高まってきます。第2楽章でのコンサートマスターの矢部達哉の素晴らしいヴァイオリン独奏も印象的でした。その響きの美しさもさることながら、インバルの指揮の意図を完全に理解し、具現化した演奏の素晴らしさに感服しました。そう言えば、今日はその矢部達哉の隣に座っている四方恭子がコンサートマスター席に座った前回の交響曲第3番の第4楽章でメゾ・ソプラノの独唱にオブリガート風に絡み合った素晴らしいヴァイオリン独奏の展開したことを思い出しました。書き漏らしていました。現在の東京都交響楽団はこの2人の最強のコンサートマスターがマーラー・ツィクルスに参加していることで、高いレベルの演奏を実現しているように感じます。第5番以降の5曲もこのまま、この2人の最強のコンサートマスターが継続して演奏してもらいたいものです。
さて、第3楽章のアダージョの美しくて敬虔にも感じられるメロディーがチェロで演奏され始めました。本当に強い感動を覚えます。自然な演奏なのですが、胸にぐっとくるものがあります。ヴィオラ、第2ヴァイオリンと受け継がれ、第1ヴァイオリンで演奏されるころには、もう、うるうるです。何たる感動でしょう。それも深くて静かな感動です。長大な第3楽章はもう胸が熱くなって、聴きいっていました。最高の演奏です。よもや、交響曲第4番を聴いて、感動するとは思ってもみませんでした。インバルの意図を先読みすると、第1楽章から第3楽章までを第1部として、ひとつの完結した交響曲のように演奏し、第3楽章で盛り上げていくというものです。まさに、交響曲第3番の第6楽章と交響曲第4番の第3楽章を双子の兄弟・姉妹のように位置づけて、同じような感動的な演奏を展開していくというように感じます。最終楽章の第4楽章は歌曲楽章なので、交響曲の締めとしては軽い感じがするので、エピソードのような扱いにするのもいいアイディアでしょう。事実、第3楽章の始めには、まだ、ソプラノ歌手が入場していないので、第4楽章は彼女の入場でちょっと時間を取って、第2部のように演奏するのではないかと思ったわけです。第3楽章も終盤にはいり、思いのこもった演奏でますます、感動が高まっていきます。静かで美しい響きが綿々と続きます。もう、頭の中は真っ白になりそうです。ほとんで、音楽に集中しきって、視界はぼやけています。その視界に何かが動いているのが見えます。黒いドレスの森麻季がそっと入場してきました。マーラーの叙情的な音楽が静かに響くなか、美しいソプラノ歌手が静かに歩いているのは実に様になっています。これも演出に思えるほどです。そして、森麻季がステージ中央に立ち、第3楽章の終わりを待っています。第3楽章は静かに静かに、そして、感動的に終わりました。間を置かずに、第4楽章の演奏が始まります。saraiの読みは見事に外れましたが、意味的には当たっているような気もします。第3楽章と第4楽章を一括りにして、愛4楽章は第3楽章のエピソードとして、取り扱うという意図でしょう。それによって、軽い歌曲楽章の第4楽章を終楽章にすることから、逃れることができます。終楽章はあくまでも第3楽章で、第4楽章はそれに付随したエピソードというわけです。確かに最後まで、感動を持続して、全曲を聴き終えることができました。ところで森麻季の歌唱ですが、彼女の実力からすると、もうひとつピュアーな高音が聴けなかったのが残念でした。なかなかの歌唱ではあったのですが、最高レベルとは言えません。

この日の演奏は録音されていました。そのうちにCD化されるようです。あまり、編集しないで素直なライブCDになれば、この交響曲のCDのなかでもベストワンも狙えそうです。もちろん、その際はこの超名演のCDを真っ先に購入することにしましょう。既に15枚以上の名盤と言われるCDを所有していますが、ベストCDの座が狙えそうです。それほど素晴らしい演奏でした。

次の来年1月の交響曲第5番が楽しみです。これはサントリーホールで聴きます。素晴らしいコンサートになることを確信しています。


↓ saraiの旅を応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR