fc2ブログ
 
  

プラハで音楽・美術三昧:旧市街広場と美しい聖ミクラーシュ教会

2013年6月16日日曜日@プラハ/2回目

5年ぶりの旧市街広場Staroměstské námです。相変わらず観光客でいっぱいです。じっくりと広場を見渡しましょう。


Ufc2rMEBT73eba.jpg



手前を振り返ると、左がゴルツ・キンスキー宮殿Palác Golz-Kinských、右が石の鐘の家Dům U kamenného zvonuです。ゴルツ・キンスキー宮殿Palác Golz-Kinskýchは優美なロココ様式の建物で、ゴルツ伯爵の依頼で18世紀中ごろに建てられました。現在は国立美術館の一部になっています。石の鐘の家Dům U kamenného zvonuはゴシック様式の古い建物で、14世紀に建てられました。この建物の名称は建物の角に石の鐘が吊り下げられていることから付けられました。


dBpqVP8iPi363b.jpg



その石の鐘の家の右隣にティーン教会Chrám Matky Boží před Týnemがあります。ティーン教会はプラハのランドマークのような存在で、どこから見えてもすぐにその姿を認知できます。それは2本の尖塔が特有の形をしているからです。尖塔の上には金の飾りがつき、塔の高さは80m。現在のゴシック様式の建物は1356年に改築されたものです。ティーン教会という名称は略称で、正式には《ティーン(税関)の前の聖母マリア教会》です。昔は裏側に税関があったらしいです。教会の前にある広場に面した建物はティーン学校Týnská školaで、ゴシック様式のアーケードを持ちます。


X_yhSDr07Ja556.jpg



これがそれらの3つの建物が並んだところ。左から、ゴルツ・キンスキー宮殿、石の鐘の家、ティーン教会です。


kc2h3w8HyRbf6d.jpg



これがゴルツ・キンスキー宮殿の単独の姿。


sVGqFJqASFc358.jpg



次は広場の中央。チェコと言えば、この人、ヤン・フスJan Hus。このヤン・フス像はフスの没後500年の1915年に彫刻家ラジスラフ・シャウロンが制作しました。ヤン・フスの周りに配されているのはフス派の戦士たちや母の像です。


tHXgDswWcdd884.jpg



ティーン教会に向かい合って建つ旧市庁舎です。旧市庁舎Staroměstská radniceはいくつかの建物が複合していますが、塔などの主な建物はゴシック様式です。現在の建物は第2次世界大戦で破壊された後、再建されたものです。


I7KF9D6mnF32da.jpg



広場のこのあたりから、ゴルツ・キンスキー宮殿、石の鐘の家、ティーン教会を眺めます。これらの建物の並びは美しいですね。。


FvPuocACWw5b27.jpg



ティーン教会とは広場の対角にあるのが聖ミクラーシュ教会です。白壁が美しい教会です。典型的なバロック様式の建物です。聖ミクラーシュ教会Kostel sv. Mikulášeは最終的に18世紀の初頭に完成しました。現在はフス派の教会です。


rUckNb5IMfbccc.jpg



広場の南側には、バロック様式の色とりどりの建物が並びます。多くはレストランです。


twZIcXufl9447b.jpg



広場の端から再び振り返って、広場の中央のヤン・フス像越しにゴルツ・キンスキー宮殿、石の鐘の家、ティーン教会を眺めます。ここからだと、ティーン教会の上部がかなり見えます。


e9f6kvcpRF3a0e.jpg



前回訪問時はコンサート中で入れなかった聖ミクラーシュ教会の内部も見学します。ボヘミアングラスでできたシャンデリアは王冠の形をしています。


0oXbq6jRxi075c.jpg



聖ミクラーシュ教会は小さいですが、とても美しいバロック様式の装飾で、うっとりします。


sVAseOHiIo43b9.jpg



あまりの美しさにずっと上を見たままでいます。素晴らしいとしか言いようがありません。


4RM1RnXoThdfa5.jpg



主祭壇は意外に質素な感じに思えます。それほど上部の装飾が華麗なんです。


iBr02AnDMx59fb.jpg



白壁にポツンとシンプルな十字架があります。かえって新鮮に感じます。


n9IdNjNI0s5e0e.jpg



これがほぼ教会内部の全景です。本当に小さな教会です。


Qq2nXyJHpt2181.jpg



豪華なシャンデリアの先に小さなオルガンも見えます。しかし、どうしてもこの美しいボヘミアングラスのシャンデリアからは目が離れません。


YMHuyYRwGe8040.jpg



ステンドグラスも綺麗です。


Fd9bUh5RLa91ea.jpg



こちらのステンドグラスも綺麗ですね。


UPwXnxhpb9561e.jpg



最後にもう一度上を眺めます。ドームの天井画も美しいです。聖ミクラーシュの生涯を描いているそうです。


hkP4vqwDrhf9b9.jpg



これで聖ミクラーシュ教会を出ます。そろそろバレエを見に行く時間になりました。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR