fc2ブログ
 
  

プラハで音楽・美術三昧:キュビズム建築探訪はリブシナ通りの邸宅から

2013年6月17日月曜日@プラハ/1回目

旅の18日目です。今日はプラハ滞在3日目です。

今日のプラハPrahaは絶好の青空・・・暑くなりそうです。朝や夜は涼しいのですが、日中の日差しがとても厳しいんです。
エアコンが効かず閉口していますが、朝はそれなりにエアコンが効きます。ともかく、夕方以降がどうしようもありません。ふと思ったのは、この部屋が南から西の方を向いているので、西日を遮れば良いのではないかということです。出掛ける時に、カーテンを閉めていってみましょう。

朝食ですが、昨日のばか高かったカフェの食事がトラウマ状態になっているので、今日はすぐ近くのバーガーキングでお手軽に庶民価格の朝食(ランチ?)をいただくことにします。ファストフードは世界的に同じ方式のようですね。ハンバーガーと飲み物(ドリンクバー)とフライドポテトがセットになっています。


Zw9EZFio4l3719.jpg



さすがにバーガーキングはハンバーガー界の王者です。なかなか美味しい。


_EykC0qTnVa9c8.jpg



バーガーキングの店内から外を眺めると、そこはヴァーツラフ広場Václavské náměstíです。まだお昼前ですが、いかにも暑そうです。


Q0MOlwhxyR44cb.jpg



プラハは建築博物館とも呼ばれる街です。ロマネスク様式、ゴシック様式、ルネッサンス様式、バロック様式、アール・ヌーヴォー様式などの名建築の建物が街中にあふれています。なかでも、珍しい奇想の建築と言えるのがキュビズム様式です。ピカソとブラックがキュビズム絵画を完成させた1911年以降、1925年頃までにチェコだけで確立されたモダニズム建築です。プラハならではのキュビズム建築とは何なのかを見に行きましょう。
ヴィシェフラドVyšehradの丘の麓には、キュビズム建築を代表する建築家ヨゼフ・ホホルJosef Chocholの代表作が3つ集まっています。3番のトラムに乗って、ヴィシェフラドの丘を目指します。トラムのマップでルートを確認しましょう。ヴァーツラフ広場の停留所から、ヴルタヴァ川Vltavaに沿ってヴィシェフラドに向かいますが、どこの停留所で下りるのかは不明。まわりの様子を見ながら、トラムを下りましょう。


DaNttWKnDBc0e7.jpg



3番のトラムは街の雑踏を抜けるとヴルタヴァ川にぶつかり、ヴルタヴァ川に沿って郊外の住宅街を走ります。どの停留所で下りればいいか悩んでいるうちに、車窓にそれらしい建物を発見。あれが目的のキュビズム建築でしょう。が、トラムはどんどん走り続け、次の停留所はずっと先です。次の停留所ポドルスカー・ヴォダールナPodolská vodárnaでいったんトラムを下ります。ヴィシェフラドの丘がずっと向こうに見えています。


BrHFkLJ8Ze642c.jpg



歩いて戻るのも大変なので、逆方向のトラムに乗って戻りましょう。


DPDrcMDuZ11e53.jpg



ようやく、一つ前の停留所に戻ってきました。ヴィートニVytonというのが最寄りの停留所です。ヴルタヴァ川に架かる鉄道橋の袂です。


CiM6ZSBDUQcc0f.jpg



キュビズム建築を見る前に、ヴルタヴァ川を見ていきましょう。ヴルタヴァ川クルーズの遊覧船が停泊しています。パラツキー橋Palackého mostの向こうには王宮も見えています。この辺りが、クルーズ船の発着場になっているようですね。ヴルタヴァ川もかなり水量が増していたと思われますが、今は水位も下がったようで、観光船が行き交っています。まだまだ濁流ですが、一安心です。ちょっとクルーズ船に乗ってみたくなりますが、チケット売り場が遠そうなので、残念ながら断念。


FrU1Q3m6xRbe45.jpg



大きなクルーズ船です。鉄道橋がすぐそこに架かっています。


Qn5CsiBEz13190.jpg



さて、通りに戻ります。すぐ近くにリブシナ通りLibušina uliciの邸宅がありました。綺麗な建物です。


aUWf82Ym64804b.jpg



このリブシナ通り3番地のカヴァチェヴィッチ邸Kovařovicova vilaはヨゼフ・ホホルの作品で1912年~1913年に建てられました。


xW2U3e14h1c7cc.jpg



白亜の建物で正面に8角形ファサードが突出しているのが特徴です。多面体のブロックの斜めの線を強調しているのがキュビズム的なんでしょうか。


TGxFGVpoiT86da.jpg



お庭も綺麗で、入り口の鉄柵が開いているのでふらふらと入ってしまいます。


MiwFYVlocx5d1d.jpg



勢いで、建物のドアも開けて入ってみると、2人の若い女の子がソファに座ってランチを食べています。入っていいかと訊くと、にこやかにプライベートなスペースなのでダメだと断られました。オフィスになっているようです。すごすごと建物を出て、庭を歩きます。目の前にはヴルタヴァ川と鉄道橋が見えています。


t_I03xF0rz67bd.jpg



この辺りにはこの建物も含めて3つのヨゼフ・ホホルの作品があります。他の建物を見に行きましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

たかぼんさん、初めまして。saraiです。

嬉しいコメント、ありがとうございます。ブッシュ四重奏団は素晴らしいですよ。とりわけ、第14番は最高です。
もっとも、ブッシュ

09/17 02:04 sarai

とても素晴らしいお話をお聞かせ頂き感謝いたします。
私は今まで、後期の4曲はブダペスト四重奏団できまり!と思っておりました。
ブッシュ四重奏団は別なレコード(死

09/16 13:52 たかぼん

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR