FC2ブログ
 
  

プラハで音楽・美術三昧:キュビズム建築探訪の続きはネクラノヴァ通りの集合住宅、そして、カレル橋へ

2013年6月17日月曜日@プラハ/3回目

ヴィシェフラドVyšehradの丘の麓にあるキュビズム建築を見て歩いています。ヴルタヴァ川Vltava沿いにあるリブシナ通りLibušina uliciの邸宅とヴルタヴァ河岸の3世帯住宅を見て、今度はネクラノヴァ通りNeklanova uliciの集合住宅です。遠くから見ると普通の建物に見えますが、近くに寄ってみると、壁や窓やドアがキュビズムの特徴の多角形ブロックの組み合わせになっています。


9P2vlKMTFCc183.jpg



1階の端はビアハウスになっています。ちょっと中を覘くと、まったく普通の内装になっています。


zC7EMPoytB14b4.jpg



この建物は2つの通りの角に建っていて、建物の角が鋭角に尖っています。右側の通りがネクラノヴァ通りNeklanova uliciで、左側の坂道の通りがブジェミスロヴァ通りPřemyslova uliciです。


GmKCVWPm4983cf.jpg



この建物はブジェミスロヴァ通りの坂道に沿って建てられており、自然に1階、2階・・・となっています。内部はどうなっているんでしょう。天井の高さが変わっていくんでしょうか。気になりますね。まあ、キュビズムとは関係ありませんけどね。


iK80fN8dy68dfb.jpg



それにしても、建物の角が尖っているのがとても印象的です。キュビズム建築に似合っている立地ですね。


wvA_16yQ8Fc1ec.jpg



このキュビズム建築の集合住宅は見事にまわりの普通の建物に溶け込んでいます。知らなければ、気が付かずに通り過ぎてしまいます。


Yj6v168rRYcf65.jpg



これでキュビズム建築の見学は終了。何となくどんなものかは分かりましたが、ピカソやブラックのキュビズムと関連付けるのは無理があるように感じます。面白い建築ではあります。とても簡素な現代風の実用建築です。

旧市街の中心に戻ることにします。ネクラノヴァ通りの集合住宅から、すぐ前を通っている鉄道線路の下を抜けてナ・スルピ通りUlice Na slupiに出て左の方に進むと、トラムの停留所アルベルトフAlbertovに到着。ここから、18番のトラムに乗ります。


xrlr9F4D3V175e.jpg



国民劇場Národní divadlo前の停留所で下りて、ヴルタヴァ川の河畔のカレル橋Karlův most近くの絶景ポイントに向かいます。通り沿いの緑の公園に何かの記念塔が立っています。


tcw8N5swmree16.jpg



ここまでの18番のトラムのルートは次のようなものです。


A0UkbPSx0I80c3.jpg



絶景ポイントに到着。本当はここはトラムの停留所カルロヴィ・ラーズニェ Karlovy lázněのすぐ前なんですが、逆方向行きのトラムしか停まらないんです。
一昨日もここで夜景を見ましたが、明るい陽光の下での絶景も見たくて再訪しました。ヴルタヴァ川、カレル橋、王宮、全部まとめて見ることができます。ウーン・・・綺麗ですが、夜景のほうがいいかな。


ps45fKXUjM764c.jpg



カレル橋にもう少し近づいて、美しい風景を堪能します。


USUoEvQWAibf2f.jpg



カレル橋にも上ってみましょう。一昨日は暗かったからね。
カレル橋の前に出ました。カレル橋は14世紀後半から15世紀の初めにかけて、カレル4世の命で建造されたゴシック様式の石橋です。全長520m、幅は約10mもあります。石橋としては、ヨーロッパで2番目に古いものだそうです。ちなみに最古の石橋は、今回の旅で訪れたレーゲンスブルグRegensburgのドナウ川にかかる石橋です。今回の旅でヨーロッパ最古の石橋のNo,1とNo.2を見ることができました。


axK8tF1FyDb90a.jpg



橋の袂の旧市街塔Staroměstská mostecká věžです。青空を背景に堂々としています。この塔はカレル橋を造った建築家ペトル・パルレーシュが1400年に完成させたもので、通行料を徴収したり、橋を守るために建てられました。


ZE1RBgnjSQ43b3.jpg



橋に上は相変わらず、観光客で賑わっています。


_DyzsdDRTK24cf.jpg



橋の欄干には30体の聖人像が並んでいます。これらをすべて、カメラに収めてみましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR