FC2ブログ
 
  

プラハで音楽・美術三昧:カレル橋の彫像群

2013年6月17日月曜日@プラハ/4回目

カレル橋Karlův mostの欄干に並ぶ聖人像を順に見ていきましょう。全部で30体あります。左右の欄干に15体ずつ並べられています。聖書から題材をとったもの、歴史的な聖人、英雄を題材にしたものです。これらは橋の完成後、徐々に制作されていきました。17世紀から、19世紀にかけてのバロック様式のものが多くなっています。橋自体はゴシック様式です。

《聖母マリアと聖ドミニクス、トマス・アクィナス》です。これは1708年イェッケル作のコピーで、1965年に制作されました。


OPPvolEy7M4376.jpg



《聖バルバラ、聖マルガリータ、聖エリーザべト》です。これは1707年ブロコフ作です。


6I06dksT0n3847.jpg



《ピエタ》です。これは1859年マックス作です。オリジナルは1695年作のもの。


7_ZgfcHn6O27ce.jpg



《ブロンズの十字架》です。これは1629年ヒルガーが鋳造し、1657年に建立されました。ヘブライ語の碑銘が刻まれたのは1696年のことです。十字架の両側に立つ聖母マリアと聖ヨハネの石像は1861年マックス作です。ひとつの彫像にも歴史がありますね。


JerKVxRHQrc7d2.jpg



《聖アンナと聖母子》です。これは1707年イェッケル作です。


yrP9TeChkA43ea.jpg



このあたりまで来ると、もう橋の中ほどです。ヴルタヴァ川の美しい上流方向を眺めます。


dPvIP6z2OI4184.jpg



王宮も眺めてみましょう。青空には気球が浮かんでいます。気持ちよさそうですね。


9dFt7H0aOqb7db.jpg



《聖フランシスコ・ザヴィエル》です。これは1711年ブロコフ作のコピーで、1913年に制作されました。ザヴィエルは彼が布教したアジアの人たちに担がれています。


JfrLHAzLCQcc48.jpg



《聖キュリロスと聖メトディウス》です。これは1938年ドヴォルザーク作です。以前、ここには、1711年ブロコフ作の聖イグナチオ像がありましたが、1890年の洪水で破損しました。屋外の芸術作品は滅びの道にあります。しかし、再生の道でもあります。


vavHuVS70Xc1e8.jpg



《聖クリフトフォルス》です。これは1857年マックス作です。


VFJKXlzkFy5f90.jpg



《洗礼者聖ヨハネ》です。これは1857年マックス作です。


w3TaJeaepDa829.jpg



橋の下流方向を眺めます。こちらには堰があり、それを超えて、水が勢いよく流れています。


5iEakvhozj9e20.jpg



橋の真ん中には、レリーフの飾りがあり、みなさんが余程、触っているようで、ピカピカに輝いています。何か、ご利益があるのでしょう。


AaAlRRTpN7a01e.jpg



このあたりからの上流方向のヴルタヴァ川です。マーネス橋Mánesův mostが見えています。


UAcVBpuatM8617.jpg



《聖ノルベルト、ヴァーツラフ、ジギスムント》です。これは1853年マックス作です。


zTItzyzBW23ceb.jpg



《聖ルドミラとヴァーツラフ》です。これは1730年頃ブラウン工房作で、1784年に建立されました。


MNQCZRxbD573c4.jpg



《聖ヤン・ネポムツキー》です。これは1683年、ラウフミューラーの設計でブラウン作です。橋の上の彫像で最古のもので、また、唯一のブロンズ像です。


krtkEwnkRb7090.jpg



この《聖ヤン・ネポムツキー》の台座部分に触れると、幸運が訪れると信じられているので、みんな、手を伸ばしています。そして、ピカピカに光っています。


8g8MNGBHUzc8be.jpg



ここまでで、13体の彫像を写真に収めました。こうして見ていくと、長い間かけて、災害にも対応しながら、築き上げてきたことが分かりました。文化遺産はそういうものですね。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR