FC2ブログ
 
  

プラハで音楽・美術三昧:カレル橋からぶらぶら歩いて旧市街広場に

2013年6月17日月曜日@プラハ/6回目

カレル橋Karlův mostの聖人像のすべてをカメラに収めるのは駄目でした。と言うか、ミスってしまいました。 が、このときはうまくいったと思い込んでいたので、意気揚々と橋の上を闊歩しています。橋の上から下の路地を何気なく覗き込んでいると、テレビ番組でよく紹介されているマリオネット人形を制作・販売しているお店を発見。よほど、橋から下りてお店を見に行こうかとも思いますが、上から眺めるだけに留めます。


oCIzgz7X5o51bd.jpg



橋の下は長閑そうな界隈になっています。しばらくその景色を眺めています。


2IhEhLZbZA6154.jpg



マラー・ストラナMalá Strana(小地区)に路地が伸びています。この辺りを散策するのもよさそうですが、時間も遅くなるので、そろそろ戻りましょう。


5GX2khHrzbc982.jpg



もう一度カレル橋の聖人像を眺めながら、旧市街の方に歩きます。


UlKW08xTi_0e98.jpg



カレル橋を抜けて、旧市街広場Staroměstské náměstíの方に向かいます。それにしても、凄い人出です。今日は月曜日ですが、曜日に関係なしに観光客が繰り出しています。この人出に匹敵するのはベネチアくらいでしょうか。


2m1kNeadh4b476.jpg



カレル通りKarlova uliceを歩いていきます。ちょっと後ろを振り返ると、カレル橋の橋塔、旧市街塔Staroměstská mostecká věžが通りの先にまだ見えています。


GKVSJjr7gdfd9e.jpg



今歩いているカレル通りは古の「王の道」の一部です。「王の道」は歴代の王たちが戴冠のときに行進したプラハの中心街を抜けていく道です。13世紀から19世紀までの間、戴冠行進は共和国広場Náměstí Republikyの火薬塔Prašná bránaから旧市街広場を経由し、このカレル通りを抜けて、カレル橋を渡り、プラハ城Pražský hradに至りました。その古の道を散策しており、感慨深いものがあります。道の左側はクレメンティヌムKlementinumの大きな建物、右側にはお土産物屋が並んでいます。


xJe87ms5VD6333.jpg



カレル通りの正面に美しい装飾のHotel AURUSが見え、そこで通りは二股に分かれます。


qJStNUnDiW5c7a.jpg



右手に続く道がカレル通りです。そちらに進むと、特徴のあるティーン教会Chrám Matky Boží před Týnemの2本の尖塔が見えてきます。


uFe_7or1TE0988.jpg



この辺りのカレル通りは狭くなり、いったんフソヴァ通りHusova uliceにぶつかります。


MAQZNj_c4ne5a8.jpg



フソヴァ通りを少し左の方に進むと、美しい建物があります。セセッション様式の新市庁舎Nová radniceです。これは、プラハ市の人口が増大し旧市庁舎では手狭になったので、1909年から1911年にかけて新しく建てられたものです。


1ijxWnoZfKdaa7.jpg



この新市庁舎の横のリンハルツカー通りulice Linhartskáを通って、くねくねと曲がって、旧市庁舎Staroměstská radniceの天文時計Orlojの前に出ます。実はフソヴァ通りを右に曲がって、すぐ左に曲がるとカレル通りが続いていましたが、ちょっと遠回りをしてしまいました。


7hZn1Tt6iJ2097.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。

 ①カレル橋のマラー・ストラナ(小地区)側の端で路地を眺め、そこから、橋を旧市街側に渡りました。
 ②カレル通りを歩いて、フソヴァ通りまで歩きました。
 ③フソヴァ通りを北に歩き、新市庁舎で右に折れます。
 ④リンハルツカー通りを進み、U Radnice通りで右に折れ、小広場で左に折れると、すぐに旧市庁舎の天文時計の前に出ました。


5bOIZAdFLm610a.jpg



ここに来たのは実は旧市庁舎の時計塔に上がって、街の眺めを楽しみたいからです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR