FC2ブログ
 
  

プラハで音楽・美術三昧:ミュシャ作品展の後、市民会館を見学。ところでシニア料金でびっくり!

2013年6月18日火曜日@プラハ/4回目

ミュシャのポスター完全コレクションを駆け足ではあるものの鑑賞でき、とても満足です。展示会場の前にはミュージアムショップがあります。今回の展示会のカタログでも買おうかと物色しますが、価格も高い上、分厚くて重そうなのでやめます。ショップには大型プリンターが置いてあります。希望するポスターを、その場で印刷するようです。今はそういう時代です。在庫はゼロで、また在庫切れもありません。いっそのこと、デジタルデータを販売してほしいくらいです。ブルーレイディスクならば、相当、高精度のポスターが格納できるでしょう。


lCmJc0eULt95ab.jpg



市民会館Obecní důmの赤絨毯の階段を下ります。


KMOIgcP5Jsee70.jpg



もう一度スメタナホールSmetanova síňを覗き見します。3階席の正面からの眺めを楽しめます。


GDVA53nUSg8bec.jpg



これは、2階席脇の方からの眺めです。リサイタルの真っ最中なので、そっと外に出ます。


Qn6f3L7fiz1a5e.jpg



再び、階段を下りていきます。


GQiUb89L2x0281.jpg



壁には今回のミュシャの展示会のポスターが張り出されています。イワン・レンドル:アルフォンス・ミュシャ展IVAN LENDL:ALFONS MUCHAと書かれています。


DPG4kzvAuta6a8.jpg



これは別のポスター。ちょっと横長ですが、同じ絵柄です。


qQemYDJWQ7626c.jpg



市民会館の内装は美しく、しばしば足が止まります。アール・ヌーヴォー様式が至るところに見られます。


RutTjfI1HF08a1.jpg



入り口正面の大階段も美しいですね。


beYpTtKz7zed3b.jpg



入り口上部はステンドグラス風のデザイン。これもアール・ヌーヴォー様式かな。


zhpQIX95a3adec.jpg



エントランスホールからは市民会館内のレストランへの入り口があります。市民会館内のレストランには、高額な料金に懲りて近づけません。


YgRXCwMdclffdf.jpg



外に出ると、市民会館のカフェのテラス席が並んでいますが、暑い日中には誰も座っていませんね。


TMM5TcZ5NA8798.jpg



外壁にもミュシャの展示会のポスターが張り出されています。料金も明記されています。子供、学生、そして、シニアは半額です。あれれっ・・・シニアって65歳以上って書いてあります! むむっ。じゃあ、saraiはまだシニアじゃありません。配偶者が年相応に見えるって言いましたが、実際の年齢よりも高齢に見られたんじゃないですか! 料金が安くなったことよりも、年寄りに見られたことが悔しい・・・。


l68jD36ACWd1f1.jpg



次は、この市民会館前からスタートするヴルタヴァ川クルーズですが、集合時間までに30分ほど時間があります。広場では市が開かれ、賑やかに食べ物も売っています。


YRh6dyJXL05238.jpg



チェコらしい食べ物でもちょっとつまみながら時間調整をしましょう。お店を物色して歩きます。


8V_sIKrPJy4bb0.jpg



ソーセージとチジミのようなものをゲット。なかなか美味しいのですが、暑くてうんざりです。


lPPzGVa0_l0dc3.jpg



観光客の皆さんもあまりの暑さにお疲れ模様です。


jyuZElDf1_a440.jpg



簡単な食事をしながら、共和国広場Náměstí Republikyのまわりに建つ美しい建物を眺めます。


gPmfOmp566bd3c.jpg



なかでも市民会館は美しい建物です。プラハを代表する華麗な建物です。


EoCNco2jEU8fb3.jpg



とりわけファサードがとても美しいです。正面のモザイク画はカレル・シュピラー作の「プラハに感謝」という作品で、長閑な景色が描かれています。緑のドームもお洒落です。


m4amS9l_Sxc5df.jpg



そろそろヴルタヴァ川クルーズの出発の時間です。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR