FC2ブログ
 
  

プラハで音楽・美術三昧:ヴルタヴァ川クルーズを開始

2013年6月18日火曜日@プラハ/5回目

次はいよいよヴルタヴァ川クルーズです。
集合時間になり、共和国広場Náměstí Republikyの集合場所には参加者が集まってきますが、あまりの暑さにたまりかねて、みんな日陰を求めて待機します。プラハではsaraiと配偶者はずっと2人だけで行動していましたが、久しぶりの集団行動です。20人ちょっとのツアーです。案内人は、それなりの年齢のおじさんですが、ドイツ語と英語とを使い分けて凄まじい勢いでガイドしてくれます。暑いのにご苦労様です。まず市内をバスで観光しながら、船着き場に向かいます。船着き場はカレル橋Karlův mostから2つ隣にあるイラーセク橋Jiráskův mostの近くです。すぐに乗船。それほど大きな船ではなく、船の両弦にテーブルが並んでいます。ほかのグループも合流したので、テーブルは満席です。テーブルのひとつに相席で座りました。一緒に座ったカップルはアラブ首長国連邦から観光にやってきたそうです。


yYYMxlZAwj00cb.jpg



対岸です。船は方向を下流に向けて、ぐるっと回り込みます。


yAyWyXJHWMc730.jpg



アプフェルシュトゥルーデルと飲み物を頂きながらのクルーズです。船は昨日もキュビズム建築を見るためにやってきた鉄道橋のジェレズニチュニー橋Železniční mostの辺りにさしかかります。


M0feXemfj_c8a0.jpg



ジェレズニチュニー橋をくぐり抜けると、キュビズム建築のリブシナ通りLibušina uliciの邸宅が木々の裏に見えます。船からの眺めは陸からの眺めとは違って見え、面白いですね。


edHhAsG9YW2da0.jpg



その右隣の家はキュビズム建築ではありませんが、なんとなく雰囲気が似ていることに気が付きます。船からは視界が広く、川岸の建物がよく見えます。


s6w666Hv7ub051.jpg



今度はヴィシェフラドVyšehradの丘の教会が見えてきます。聖ペテロ聖パウロ教会Chrám sv. Petra a Pavlaです。船上からはよく見えます。


Bs_Dg3fVt0049f.jpg



丘の麓には、ヴルタヴァ河岸の3世帯住宅が見えます。この建物も昨日見たキュビズム建築です。


j75StBDinSf259.jpg



ヴィシェフラドの丘の対岸は市街地を外れ、緑の木々に覆われています。


Z8hTx8JxJf6b26.jpg



川岸にビーチが見えてきます。大勢の人たちが日光浴を楽しんでいます。海のないプラハはビーチは川岸なんですね。


1C6wohEX5s04ca.jpg



パラソルを広げ、シートの上に寝そべって太陽の光を浴びていますが、暑そうですね。


UsI25DcPdC286c.jpg



街はずれは緑ばかりで、何もありません。


OsCAwGj4a1488d.jpg



下流方向はずっと緑が続き、だんだん山がちになります。ヴルタヴァ川Vltavaはこの先ドレスデンDresdenの方に流れて、エルベ川Elbeになります。


x8kEOMu1q8049c.jpg



流石にこれ以上はもう面白いものはなさそうで、船は上流方向に向きを変えていきます。


piRDkc7Bny78c3.jpg



川は岩山に差し掛かったところです。


WM4wiQsV4db952.jpg



これから、船はもときた上流方向に戻っていきます。


aAvrGl7QcIc11b.jpg



ヴルタヴァ川クルーズは続きます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR