FC2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:地元で人気のシュピッテルベルク地区を散策

2013年6月20日木曜日@ウィーン/1回目

旅の21日目です。この旅2度目のウィーン滞在2日目です。

昨夜は強力な扇風機のおかげでぐっすり気持ち良く熟睡し、saraiも配偶者も揃って朝寝坊してしまいました。起床、10時半。プラハでの寝不足解消です。
ウィーンの空は、雲ひとつない快晴。もちろん気温はグングン上がっています。このままホテルでグタグタしていたい気分ですが、そうもいきません。

地元の人に人気のシュピッテルベルク地区Spittelbergへ出掛けてランチをしてきましょう。シュピッテルベルク地区はムゼウム・クアルティーアMuseumsQuartierのすぐ西側にあります。ホテルから、地下鉄を乗り継いでいきます。日陰を選んで歩かないとクラクラします。エアコンの入った車両が来ます。ラッキー! 地下鉄もトラムも新型車両は空調設備がありますが、旧型車両はその設備さえありません。空調設備があっても冷えてないことも多い・・・。

地下鉄U2のフォルクステアーター駅Volkstheaterで降りて地上に出ると、そこはムゼウム通りMuseumstraßeとブルク通りBurggasseが交差しています。向かいにはフォルクス劇場Volkstheaterが建っています。


BwKNY_sHS_094a.jpg



フォルクス劇場を右手に見ながら、ムゼウム・クアルティーアの建物の外側に沿ってブルク通りを南西方向に進みます。


TKaoIizp6X9325.jpg



ブルク通りを歩き、2本目の通りがキルヒベルク小路Kirchberggasseです。この路地にはバロック様式の美しい建物が見えます。


kIYU58eAYqf64c.jpg



ブルク通りをさらに進み、4本目の通りがシュピッテルベルク小路Spittelberggasseです。左に折れて、この路地に入ります。


YZtS1YDH06b1d5.jpg



路地に入って、今入ってきたブルク通りの方を振り返ります。このシュピッテルベルク小路に綺麗な建物が建ち並んでいます。


CL5EN9p8Q0b732.jpg



さらに路地の奥に進みます。シュピッテルベルク地区は49番のトラムの走る2本の通り、ブルク通りとジーベンシュテルン通りSiebensterngasseの間の数本の路地からなっていて、路地は車の入れない歩行者天国になっています。昔ながらの石畳の路地で、バロック様式やビーダーマイヤー様式の美しい建物が立ち並んでいます。この路地に一歩足を踏み入れると、全く別世界です。夜は大勢の人で賑わうらしいのですが、昼時はとっても静かです。ブラブラと歩きます。


QhpgQPiBz3b32a.jpg



ギャラリーやブティック、レストランやカフェバーが並んでいます。


qoJsH9XSGq20cb.jpg



ところで、これらのお店にはもちろん空調などはありませんよ。どのお店もドアが開けはなたれています。もっとも、お昼休みをしているお店も多いですけどね。


kPr_RM4RGq589b.jpg



目指すお店は、観光案内書に紹介されていた人気店のLUXです。シュピッテルベルク小路から隣のシュランク小路Schrankgasseまでの建物を占めています。


CtO4MEZ6Og1c87.jpg



このレストランでランチをする予定なので、建物の中に入ります。通路の奥にお店があるようです。


RiFPmhwMz34575.jpg



通路をどんどん進んで中庭まで行きますが、どうも営業している気配がありません。


jjTbPlNtGh27c6.jpg



シュランク小路まで突き抜けましたが、お店は営業していませんでした。定休日なのか夜のみ営業なのかは分かりません。


kJORXB_UCB9852.jpg



では、他のお店でランチをいただくことにしましょう。

フォルクステアーター駅から、ここまでのルートを地図で確認します。


6DbsBoVxMCd19d.jpg



この後、ランチをいただきます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR