FC2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:一押しのウィーンの隠れた名店ツル・ヴィトヴェ・ボルテで美味しいランチ

2013年6月20日木曜日@ウィーン/2回目

人気店のラックスLUXが営業していなかったので、私達が選んだお店は、シュピッテルベルク小路Spittelberggasseにある大きな木立に囲まれた涼しげなお店ツル・ヴィトヴェ・ボルテZur Witwe Bolteです。


1PbsRQTdNl6e70.jpg



ハラハラと舞落ちる葉を、お店のおじさんがせっせと掃除しています。パラソルの下の席に座ります。微かに遠くで車の音がしますが、シーンと静まり返り、風の音だけが聞こえる感じです。賑やかなウィーンの一角とは思えません。緑の木陰というのは、こんなにも涼しいものなんですね。


de8W1ImxWj6b20.jpg



しかも、このお店は空いていて、客が少ないのがポイントでもあります。地元の客と思われる数組が静かに食事を楽しんでいるだけです。


6uqjs8DoHO4f72.jpg



コンソメスープとコーンクリームスープ、ターフェルシュピッツとマス(Zander)のグリルをお願いします。一緒に頼んだミネラル・ウォーターはあっという間になくなります。と、配偶者の目に留まったのは、近くの男性二人が飲んでいるもの。見かけはビールみたいなのですが、ストローで飲んでます。そういえば、メニューにアイスティーというのがあります。こちらの紅茶は、お湯とティーバッグが出てくるのが定番なので、アイスティーとは、水とティーバッグか?とやり過ごしていました。なんだかとっても美味しそう。お店のおじさんに、あれは紅茶かと聞くと、この店オリジナルの紅茶だよとのこと。試しにひとつお願いしてみましょう。一口飲むと、これはフルーツティーというもので、なかなか美味しいです。saraiも一口飲んで、即追加注文。


rfWDyHK5DTa7a6.jpg



料理の前にパンが2種類のバターを添えられて出てきます。なかなか美味しいです。


UMyY3uHfVh4fdc.jpg



パンを食べながら、周りを眺めると、白壁に緑の蔦が映えて、これもお洒落。


oRBu4kcgWtdaef.jpg



近くのテーブルを見ると、真っ白いテーブルクロスの上は落ち葉でいっぱいです。


z34JY9MJ3G7174.jpg



これがその落ち葉。大木から舞い落ちてきている葉っぱです。


JhpydfUezyf957.jpg



いよいよ料理が運ばれてきます。料理を運んできたおじさんがこれがスープだよって言って、ニヤッと笑います。えっ、これがスープ? だって、スープが入っていないよ・・・具だけしかない!


caP84C5yzU594b.jpg



すると、おじさんがポットを持って、スープを注ぎ始めます。なるほどね。


upcXX4ds0_5427.jpg



これでビーフコンソメスープのできあがり。


gkKdLd7Iqxafc1.jpg



美味しそうなウィーン風コンソメスープです。


lKXI1UcQBadea1.jpg



コーンクリームスープももちろん、空の皿にポットからスープを注いでくれます。


offD22SvOK52d4.jpg



これで、コーンクリームスープもできあがり。


NVQ4E5zsGg8afb.jpg



これはターフェルシュピッツ。たっぷりしたビーフスープはなしです。ビーフコンソメスープも合わせてオーダーしたのは正解です。


CDPmwjaWK05c58.jpg



これはマス(Zander)のグリル。


d5EK3HJxxOef8d.jpg



これはサイドメニューのポテトです。これはターフェルシュピッツには欠かせませんね。ターフェルシュピッツのソースももちろん、あります。


gnxUXgu4nG6be9.jpg



料理は、いずれもウィーンの定番の料理なのに、今風なおしゃれな感じを取り入れていて、絶品です。今日からこのレストランはウィーンで我々の一押しのお店になりました。
すっかりくつろいだ気分になり、この木陰でお昼寝でもしたい気分ですが、そうもいきませんね。最後にお店のおじさんに2人の記念撮影をしてもらいます。その写真は公開しませんが、代わりにお店のおじさんの写真。ひょうきんな人でした。


jZaxhXhYng8546.jpg



お店を出て、もう少し、この界隈を散策します。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR