FC2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:古き良きウィーンを感じられるシュピッテルベルク小路の路地歩き

2013年6月20日木曜日@ウィーン/3回目

ランチを食べたレストラン、ツル・ヴィトヴェ・ボルテZur Witwe Bolteは味よし、応対よし、さらに雰囲気最高でした。パラソルの上に緑の大木がトレードマークです。


Cva9mERwst4018.jpg



レストランを出ると、昼下がりのシュピッテルベルク小路Spittelberggasseは光と影の織り成す古き良きウィーンの風情。少々暑いですが、情緒たっぷりです。このシュピッテルベルク地区は18世紀頃、音楽家、画家、職人たちが集まり、自由な気風を謳歌する活気ある地区で、近くには兵舎もあり娼館も多かったそうです。しかし、第1次世界大戦で敗れハプスブルク帝国が終焉するとともに、この地区も衰退していきます。1970年代に入り、この時代遅れの地区はさびれた建物を取り壊し再整備する計画が進行します。それに対し、市民から古き良き風情を惜しむ声が強く上がり、再整備計画は形を変え、古い建物のままで修復することになります。こうして、バロック様式やビーダーマイヤー様式の素晴らしい建物が修復され、往時の雰囲気を残した街が再生されることになりました。ウィーンでは旧市街にはこういう場所も残っていますが、旧市街の外側では珍しいことです。特に石畳の路地が昔ながらというのは稀有なことです。この雰囲気を活かして、映画《恋人たちの距離(ディスタンス)》というユニークな作品のロケ地にもなっています。この映画はsaraiも惹かれるものもあり2度も見直しましたし、続編も見ました。そのうち、もう一度見てみましょう。


8IGFpe6gtFa934.jpg



レストラン、ツル・ヴィトヴェ・ボルテはシュピッテルベルク小路の路地に面した広場にひっそりと佇むようなお店です。その広場は静かな緑に包まれた広場で、広場の一角にある水飲み場が印象的です。


si7nbDV3yvec90.jpg



なかなか凝った水飲み場で、これはバロック様式なのでしょう。怪人?の顔の口から水が流れ落ちます。清冽なウィーンの水道水なのでしょうが、試飲はやめときます。


jHYhfAD9Zv3752.jpg



この水飲み場の右手の方の広場のかなりの部分を占めて、お気に入りのレストラン、ツル・ヴィトヴェ・ボルテのテラス席が並べられています。


0T6kYwrtDsb76e.jpg



この辺りにはギャラリーもありますが、本日休店です。


10lcDT8jgO0f63.jpg



この界隈をブラブラと歩きます。配偶者ももの珍しそうにお店を覗き込んでいます。


LiW1UeFuVD1182.jpg



有機野菜や果物、チーズや食品を扱う小さなお店を発見。BIO商店、ナトゥーアコストNaturkost Spittelbergです。BIOらしく、看板も手書きですね。


BEl8cRjUwWbf12.jpg



中に入ってみましょう。野菜や果物が几帳面に並べられています。


tWiIAV1tvE6812.jpg



こちらはオーガニック系の化粧品類です。


SKKeGe9hky18c0.jpg



こちらは乳製品コーナー。


2TEE3j0BM52f8f.jpg



もちろん、チーズも豊富です。


CRe5h5ERVYcb2a.jpg



配偶者は大きな籠を手にして、主婦のお買いものモード。


tt7e8AhVWX19e8.jpg



スイカとクッキーと牛乳とワインを購入。これで、パンでも買って帰れば、今日は一日過ごせそうです。


DTniovYAMD9fef.jpg



お店での買い物を終えて、さらに路地散策。いい雰囲気です。


QIWkcIEsCOb0f6.jpg



路地の一角に小さな児童公園があります。遊ぶ子供もいない遊具は静かな路地を演出するだけです。


xBsX7JuPPV1278.jpg



路地には至るところにテラス席が置かれていますが、暑い昼下がりには1人のお客もいません。夜になると賑わうのでしょうが、人気エリアの路地の一時の静けさが心地よく感じられます。


EG30jSwtnY7d4b.jpg



古きウィーンの雰囲気を味わい尽くすことのできる路地散策。


nWtOG7hLTff76e.jpg



いましばらく、この佇まいを楽しみましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR