fc2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:シュピッテルベルク地区の路地歩き・・・そして、素晴らしかったオペラ《カプリッチョ》

2013年6月20日木曜日@ウィーン/4回目

シュピッテルベルク地区Spittelbergの散策をぶらぶらと続けます。とても雰囲気のある路地歩きです。
これはシュピッテルベルク地区の地図です。(緑色の矢印が散策ルート)


N4T8qPst2Uceee.jpg



バロック様式の立派な建物が並んでいます。


B05uyzFzKma1e8.jpg



先ほどの児童公園に出ます。相変わらず子供の影は見えません。


gAGDxEORcR28d3.jpg



児童公園の前の路地は非常に美しい路地が続いています。


g8IcyjYLsKff25.jpg



宝飾品屋と思われるショーウィンドウを覗くと、ウィーンのアイドル、シシィの写真が飾られています。


BBKkeKkr5T4078.jpg



路地を突き抜ける通り抜けがあります。


9_E2vvLfLh0e9d.jpg



通り抜けを通って、隣の路地にはいります。春の花が路地際に揺れています。


r7jMhETfFTf566.jpg



曲がりくねったとても狭い路地が続きます。こういうのが路地歩きの楽しみです。


buLRQlN4IM5d0f.jpg



路地には多くのレストランが並んでいます。


KshFLheoZz495d.jpg



これは、先ほどランチを食べたレストラン、ツル・ヴィトヴェ・ボルテZur Witwe Bolteの表のほうのようです。我々がテーブルについていたのは裏庭だったんですね。


afYIInYhdE6d61.jpg



ツル・ヴィトヴェ・ボルテの建物の角には立派なライオンの石像があります。その横に狭い路地があり、その先が裏庭に続いているようです。


4UWN7aLck1a0c0.jpg



ツル・ヴィトヴェ・ボルテの建物の表の路地、グーテンブルグ小路Gutenburggasseを端まで歩くと、車やトラムの行き交う大通りのジーベンシュテルン通りSiebensterngasseに出ます。


DBtevssKpW5b6e.jpg



これはジーベンシュテルン通りから見たシュピッテルベルク小路Spittelberggasseです。この路地はさっき歩いたばかりなので、次の路地に進みます。


211AnazD7B60a5.jpg



これはシュピッテルベルク小路に並行している隣の路地、シュティフト小路Stiftgasseです。路地沿いにカフェ、センチメーター2(Centimeter2)のテラス席が並んでいます。ここはお客さんがいますね。陰になって少し涼しいようです。


FxyEkxH35n050d.jpg



このシュティフト小路から次の角を右に折れると、シュティフト小路とシュピッテルベルク小路に挟まれたシュランク小路Schrankgasseに入ることができます。路地にはテラス席が並んでいます。


wZploH61Oe9d7d.jpg



シュランク小路にぶつかると、そこは営業していなくてランチを食べられなかった人気店ラックスLuxのテラス席があります。さきほどのシュピッテルベルク小路から抜けてきたところです。


mbLzF_eS93bb6c.jpg



シュランク小路を歩きます。オーストリア料理のレストランがあります。


gROAGq4sjN6b9f.jpg



再びブルク小路Burggasseを通って、フォルクスシアーター駅Volkstheaterから地下鉄を乗り継いでホテルに戻り、休憩です。配偶者は、この旅最後の洗濯と絵ハガキ書き。saraiは、せっせとブログを書きます。
これが先ほどの買い物の成果、スイカとクッキーと牛乳とワインです。


ZGAFIXf2xFa6fc.jpg



さて、出かけましょう。今夜はウィーン国立歌劇場Wiener Staatsoperです。もちろん、ここも空調はありません。覚悟して出かけます。が、建物に入ると意外にひんやりしています。石造りの巨大な空間はこんなものなのですね。とはいえ、観客はさすがに暑そうにしていましたけどね。
今夜のオペラはR・シュトラウス最後のオペラ《カプリッチョ》です。
これがチケット。平土間の10列目の席ですから、まあまあの席です。


jcwjpFhoGf962d.jpg



今夜のオペラは最高のスーパーキャストで、素晴らしい公演でした。大変な感銘を受けました。詳細はここにアップ済です。

ホテルに戻って、シュピッテルベルク小路でゲットしたワインで祝杯です。素晴らしいオペラの余韻を思う存分、堪能しました。


Fgzi9X0Up679d2.jpg



明日もウィーン国立歌劇場でオペラ《ロミオとジュリエット》を楽しみます。



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR