fc2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:最後の観光はドナウタワー。まずは国連シティへ

2013年6月22日土曜日@ウィーン/1回目

旅の23日目です。ウィーン滞在4日目です。

相変わらず快晴です。少し風は涼しいですが、陽射しは暑いです。それでも、昨日までに比べたらずい分過ごしやすくなりました。

実質、今日がウィーン最終日。疲れもたまってきているので、歩かずに観光するには・・・ドナウタワーDonauturmからウィーンWienの街を一望するというのはどうでしょうか。ウィーンでは、いつも遠くにドナウタワーが見えていますが、まだ上ったことがありません。ちょうどいい機会です。元気を出して行ってみましょう。

地下鉄U11本で最寄り駅まで行けます。ドナウタワーは最寄り駅、カイザーミューレン・ウィーン・インターナショナルセンターKaisermühlen-Vienna International Centreからは歩いて20分、またはバスを利用して徒歩5分とのことです。地下鉄U1に乗って、ドナウ川の中洲に到着します。


qWGbSxkJSfe23a.jpg



ドナウタワーの最寄り駅です。ウィーンには珍しい高層ビル群がお出迎えです。


r6uE6YNq7lb9a1.jpg



ここは国連シティUNO Cityですが、ユニシスなどの民間のビルも建っています。


rrwYE1vQUF814f.jpg



駅から出ると、目の前がバス停です。すぐ横に国連の巨大な建物が建っています。


j_Cw54yd6w5313.jpg



この駅は地下鉄の駅ですが、地上駅になっています。ドナウ川Donauを橋梁で渡るからです。


cT7F88Ribx3ee7.jpg



ピクニックにでも出掛けるような雰囲気の大勢の人がバスを待っています。ドナウタワー行きのバスは20Bです。しばらく待っていると、番号ではなく行き先の名称を表示したバスがやって来て、ほとんどの人が乗り込もうとします。


dsv317jkeYee49.jpg



ドナウタワーに行くかと運転手に聞くと、行かないよとの返事。バスが出ていくと、ほとんどバスを待つ人はいません。


pE8KgsBYLNa1e7.jpg



時刻表を見るとドナウタワー行きは30分に1本しかなく、どうも行ったばかりのようです。待っていても仕方がないので、ブラブラと歩いていきましょう。ドナウタワーDonauturmという標識が出ているので、それに従って階段を上がっていきます。


4enD4Lc4TO093b.jpg



階段の上は人工地盤のような広場になっていて、その中に散歩道が続いています。


B9ajKL0E5K46fd.jpg



まわりの国連の建物を眺めながら歩き始めます。ウィーンの国連シティはニューヨーク、ジュネーブに続いて3番目に作られた国連本部で、敷地と建物はオーストリアが国連に99年間貸し出しているそうです。


2mXDVnYFLC11fb.jpg



散歩道の先にはドナウタワーが見えてきます。


iaog0J87e61066.jpg



建物の間に入りますが、建物の上方にドナウタワーは聳え立っています。


yHpexobZvAd65f.jpg



人工地盤の先もビルの間を歩道橋が繋ぎ、地上の道路をまたいで2階の通廊を歩いていけます。安全で便利です。ドナウタワーを目指して、まずはドナウパークDonauparkに向かいます。


n73y2eUGdJf7e7.jpg



土曜日のせいか、歩く人も少なく静かです。ドナウパークの緑も近づいてきます。


nRDRAz3LRF7831.jpg



ドナウタワーも大きく見えるようになってきます。


_QKpkRu9c93c30.jpg



国連の建物の端っこまでやってきました。国連の建物を抜けると、ドナウパークです。


Z2rqZ8dkou1721.jpg



これからドナウパークを歩きます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR