FC2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:ドナウタワーの眺望を満喫、そして、夜は超弩級のコンサート《グレの歌》

2013年6月22日土曜日@ウィーン/5回目


ドナウタワーDonauturmの3周目で、ウラニア天文台Urania Sternwarteを発見。その向こうに見えるドームはカールス教会Karlskircheのようです。


vWYREwjo2uada9.jpg



先ほどから、ウィーンWienの上空をずっとヘリコプターが飛行しているのも見えます。


D5p9ibb1Ima26e.jpg



これはカーレンベルクKahlenbergの丘の麓です。グリンツィングGrinzingの辺りでしょうか。


vN0StnVFxKc003.jpg



再びアルテドナウAlte Donauの三日月湖が見えてきます。


JktVe1KE183a8a.jpg



アルテドナウの川岸のビーチで楽しんでいる人達がよく見えます。


rSzNbMtYqu5198.jpg



4周目にかかり、今度はベルヴェデーレ宮殿Schloss Belvedereを発見。遠目にも優美な姿です。


5Z8d1vtZTm43b9.jpg



ウィーンの上空も賑やかです。小型飛行機が宣伝用の旗を引っ張りながら飛び回っています。


6BoLhdSFDd8edd.jpg



食事の最後のデザートはソルベです。


kOVTvpTCHX1d5b.jpg



ゆったり2時間以上の食事で5回転以上も360度のパノラマを楽しみました。ドナウ川をこんなによく見たのは初めてです。中洲がずい分多いのですね。市内も目を凝らせば、聖シュテファン大聖堂Stephansdomやベルヴェデーレ宮殿Schloss Belvedereなど、いろんなものを見ることができます。なかなかの絶景です。ゆったり景色を眺めながらの楽しいランチでした。

ドナウタワーを下りると、タワーの前には綺麗な花園。花々は明るい陽光を浴びています。


3OgSWrGmSF6c5b.jpg



白い薔薇の上にタワーが聳え立っています。


gHAhsIAbjU17a5.jpg



再び、ドナウパークDonauparkの中を抜けていきます。


rfSv6DyXqa0766.jpg



最後に振り返って、ドナウタワーの姿を眺めます。


oeI_z1nSiJ28e8.jpg



ドナウパークから直接、地下鉄駅に向かうのは面白くないので、アルテドナウ沿いに多くの人が水着で日光浴をしているのが見えた辺りを通っていきましょう。


iUj3NDO0D71cad.jpg



近くに行ってみると、そのエリアにはプールもあり、人々は泳いだりプールサイドでチェアに寝そべるなど思い思いに過ごしています。このエリアに入るには入場料がいるようです。有料ビーチなので、設備も整い過ごしやすそうです。ここから地下鉄駅に歩き、U1の地下鉄でホテルに戻ります。

ホテルでゆっくりと休養して、この旅の最後のコンサートを聴きにコンツェルトハウスWiener Konzerthausに出かけます。配偶者は着物を着ていくとのこと。天候が悪かったり暑すぎたりで、まだ2回しか着ていませんからね。が、配偶者が着物を着始めた頃から雷がゴロゴロ鳴り出し、ついに雨が降りだしてしまいます。雨はそんなに激しくはなくすぐに止みそうですが、タクシーを奮発します。楽チンでコンツェルトハウスに到着です。一雨降ったので涼しくなりました。今夜は、シェーンベルクの大曲《グレの歌》です。チケットはこれ。2列目のど真ん中で滅多に聴けない曲を鑑賞します。


ph9ckBppZw6268.jpg



凄いキャストでコンツェルトハウスのグローサーザールにピアノッシモから超巨大なフォルテまでが響き、轟きわたりました。これは一生に1度しか聴けないコンサートです。だって、ウィーンでしかこんな響きを体験できないでしょう。間近で聴いたソプラノのアンゲラ・デノケの素晴らしい歌唱、そして彼女の表情は脳裏に強く刻み込まれ、忘れることはできないでしょう。メゾソプラノの藤村実穂子の森鳩の歌も素晴らしいものでした。この森鳩役は今、世界中で彼女以上に歌える人はいないでしょう。枚挙できないほど賛辞を送らないといけない内容のぎっしりつまったコンサートでした。詳細はここにアップ済です。
ともかく、今年の4月、6月の合計50日近い旅の総決算にふさわしい偉大なコンサート・・・すっかり満足・納得です。

コンサートでは、saraiのブログの読者の方ともお会いでき、楽しくおしゃべりさせてもらいました。
コンサート後は、ウィーンのお友達Hさんと夜遅くまで、音楽論・宗教論等々を熱く語り合いました。お友達Hさんともしばらくのお別れになります。明るい笑顔でのお別れでした。

ホテルに帰って、さあ帰国モード。何としてもWEBチェックインを済ませないといけません。ANAは自動チェックインですが、不親切にもフランクフルト~成田までしかやってくれません。ウィーン~フランクフルトはANAのサイトではチェックインできず、オーストリア航空のサイトで苦労して何とかチェックイン。次は、印刷情報をプリントアウトする必要があります。オーストリア航空はPDFファイルなので、USBメモリーに格納して、ホテルのプリンターで簡単に印刷できます。ANAの場合はPDF化してくれないので、HTMLファイルを保存して印刷する必要があり、面倒です。結局、IEではうまく行かず(バーコードが印刷できない)、FIREFOXで保存して何とかクリアー。ANAはチェックイン情報のPDF化と乗り継ぎ航空会社便のWEBチェックインができるように、サービス向上に早く努めてもらいたいものです。特にPDF化は欧州系の航空会社では常識です。これもガラパゴス化のひとつで、国際標準になっていないものと言えるでしょう。

さあ、帰国準備もできました。明日はそこそこ早起きして、買い物と最後のウィーンのカフェ訪問を楽しむ予定です。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR