FC2ブログ
 
  

薄明~熱い情熱!マーラー2番《復活》byフォン・オッター、ラトル+ベルリン・フィル@コンツェルトハウス 2013.6.5

音楽にこれ以上、何が望めるでしょう。音楽に真摯に魂を捧げる演奏者、それを享受する聴衆、そして、何よりもその全存在をかけて、芸術を作り上げた作曲家マーラー。それらが一体になって、ウィーン・コンツェルトハウスのグローサーザールに輝かしい感動を巻き起こしました。

それにしても、フォン・オッターの絶唱とも言える歌唱はマーラーを愛する心が呼び起こした奇跡のような音楽です。第4楽章の《原光》は期待通りの深い味わいの歌でした。感動の涙をおさえることは不可能です。フォン・オッターの歌声を最後に聴いたのは、かれこれ20年前のクライバー指揮の伝説のオペラ《薔薇の騎士》のオクタヴィアンです。こんなマーラー歌いになるなんて、想像もしていませんでした。彼女も歳を重ね、今や、マーラーを歌わせたら、右に出るものがいない存在になりました。そんなに声量があるわけではなく、メゾ・ソプラノとしては線の細い声の響きですが、マーラーの音楽へのシンパシーが聴く者の魂を揺り動かします。やっと、彼女がマーラーを歌う生の声を耳にして、それだけでsaraiは感激です。今年の4月には、この《復活》が作曲されたアッター湖畔のマーラーの作曲小屋を訪問しましたが、そのときにIPODで聴いたのがフォン・オッターの《原光》(ただし、角笛の中の1曲)でした。そのときの思い出も脳裏をよぎり、感動は倍化しました。今日の彼女の真っ赤なドレスから、淡い光が差しているような感じもありました。まさに薄明の音楽です。

ラトルのマーラーは実に誠実なものです。第一に彼のテンポ感の素晴らしさ、そして、絶妙のバランス感覚に基づいて、マーラーの音楽が妙な粘っこさなしに美しく表現されます。時として、ダイナミックな爆発もありますが、決して、恣意的なものではなく、マーラーの意図に沿っての演奏に感じられます。もちろん、だからと言って、無味乾燥な音楽に陥っているのではなく、確かな熱情、あるいは曲に対する愛情と言ってもいいと思える人間的な気持ちのこもった表現になっています。
その発露が第2楽章でした。これも薄明の音楽です。第1楽章がアッター湖の日の出の音楽だとすれば、第2楽章は朝のアッター湖の静かなさざ波を思わせる音楽です。それを実に精妙に再現するのがラトルの誠実な音楽です。それでも、マーラーの自然の穏やかな情景に包まれた平静な音楽は内面に持つ自身の生の情熱に揺り動かされ、熱いほとばしりを禁じ得ません。ラトルはそのあたりの葛藤を的確に描き分けていきます。あくまでもマーラーの音楽の再現の範囲内での誠実な表現です。
第4楽章の《原光》を経て、第5楽章はマーラーの内面の熱い情熱の開放です。ラトルもともに自己を開放し、熱い演奏を展開します。復活のテーマが輝かしく、何度も繰り返され、それは大合唱に引き継がれます。「よみがえる、そうだ、おまえはよみがえるだろう」・・・合唱が厳かに始まります。生あるものは必ず滅びるが、滅びたものは必ず復活する。それはマーラーの終生のテーマ、死への恐れと生への憧憬、そのものです。自己の内面をあらわに表現することでマーラーは現代の聴衆の共感を得ることになりました。ラトルはマーラーと気持ちを一つにするかのように、熱い生への賛歌を歌い上げました。フィナーレへの狂奔する高ぶりに心穏やかでいられる聴衆はいないでしょう。saraiも熱い涙が流れるままです。合唱は高らかに「私は生きるために死のう!よみがえる、そうだ、おまえはよみがえるだろう」としめくくります。音楽を聴くことは、人間の愛と死を魂で感じ取ることだと思います。そして、ここには、それがありました。偉大な音楽にまた接することができて、感動で胸がいっぱいになりました。

最後に、今日のプログラムをまとめておきます。

  指揮:サイモン・ラトル
  ソプラノ:サラ・フォックス
  メゾ・ソプラノ:アンネ・ゾフィー・フォン・オッター
  管弦楽:ベルリン・フィル
  合唱:ウィーン・シングアカデミー

マーラー:交響曲第2番ハ短調《復活》

ベルリン・フィルはこの《復活》をマーラー自身の指揮で初演したオーケストラです。そのオーケストラがマーラーの聖地とも言えるウィーンで凄まじい演奏を聴かせてくれました。明日もまた、フォン・オッターの魂の歌、そして、ラトルの誠実な指揮で再度、この人間味あふれる大曲を聴きます。音楽は人間の根源的な何かを感じさせてくれる、素晴らしいものですね。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR