FC2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:マーラーのお墓参りは交響曲第9番のアダージョで

2012年4月7日土曜日@ウィーン/4回目

グリンツィング墓地Grinzinger Friedhofの入口の前までやってきます。


eGFKB1MTv78439.jpg



入口を入ると、左手に花が並べられて販売されています。が、どうもsaraiの感性に合う花がありません。先ほどの花屋さんで買ってくればよかったと悔やみます。残念ですが、花はパスすることにします。


4KzcsaMPwBfcb3.jpg



墓地の中は整然とお墓が並んでいます。もちろん、マーラーのお墓への案内板などはありません。


VnvFVtwTEL20dc.jpg



事前に印刷しておいた国際マーラー協会の案内図に従ってお墓を探すと、すぐに見つかります。周りの豪華な墓石に比べると一見地味そうに見えますが、ヨーゼフ・ホフマンのデザインした素晴らしい墓石です。ユーゲントシュティール様式の墓石なんて、そんじょそこらにあるものじゃありませんね。


2gdMm6RRfL15ca.jpg



お墓の前で、saraiは一番大好きな交響曲第9番の第4楽章のアダージョを聴き始めます。30分近い長大で美しい音楽です。お墓の前でマーラー晩年の作品に聴き入りながら、静かな感動にふけります。


KNDhFWOsFL5908.jpg



ようやく気を取り直したsaraiは、お墓の上に小石を乗せようとしますが悲しいことに届きません。バリトン歌手のハンプソンは簡単に乗せていたのにね。


hmsY7MjJVO4e83.jpg



それでも、軽く放り投げて乗せることができ、満足というかホッとします。お墓の上には小石が一杯のっています。これでマーラーへの手向けになったでしょうか。


FdseEbC5FR8da6.jpg



近くには妻アルマと彼女の娘マノン・グロピウス(マーラーが死んだ後に再婚したドイツの大建築家グロピウスとの間にできた娘)のお墓もあるので、ここにもお参りです。マーラーのお墓の右後方に背中あわせにたっています。


5r7De9rP224f0f.jpg



アルマと言えば、彼女を深く愛していた画家ココシュカの傑作《風の花嫁》のモデルにもなっている女性です。わざわざバーゼルまで足を運び、素晴らしい青い色彩に魅せられたことが思い出されます。できれば、もう一度見に行きたい作品です。アルマへの愛情、そして破局に触発されて生み出された名画中の名画です。アルマほど、大芸術家たちを惹きつけた女性もいないでしょう。
アルマの墓石は、黒くて墓碑銘が見にくいですね。


PeqdO3_tzpa63e.jpg



お墓には美しいツル日々草の花が咲き誇っています。優しい色です。


qHUnmDYAy5fcfe.jpg



アルマの娘マノン・グロピウスについては、彼女の夭折を悼んで捧げられたベルクの名作ヴァイオリン協奏曲《ある天使の思い出のために》が忘れられません。ベルクはマノンをとても可愛がっていたそうです。彼自身もこの作品の完成後に亡くなり、この作品は遺作になりました。今回は準備不足でしたが、マノンのお墓の前で是非この曲を聴きたいところです。
マノンの墓石は花の間に置かれた3角形の白いものです。夭折した彼女に似合っています。


WdgsbV5ywt4d0a.jpg



マーラーのお墓の前に戻り、マーラーのお墓とアルマのお墓の両方を一緒に見てみようとします。残念ながら、マーラーのお墓からはアルマのお墓の裏側がほんの少し見えるだけです。一番右手の黒い墓石の後方に見えている黒い薄い石がアルマのお墓です。


IkY212b_ES4335.jpg



マーラーのお墓の上には青空が広がってきます。人間の生と死にこだわっていたマーラーの心情を考えながら、深い感慨を覚えます。


w4Xnn720OU3a55.jpg



マーラーのお墓に対峙しながら、静かに消えていく交響曲第9番のアダージョの響きに聴きいります。合掌・・・


zTOAZX8n7o57f4.jpg



これでマーラーのお墓参りは終わりです。墓地内を散策しながら、帰りましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR