FC2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:マーラーの墓参りの後はカフェ・ハイナーでゆったり

2012年4月7日土曜日@ウィーン/5回目

マーラーの墓参りはとてもしみじみとしたものになりました。来てよかった!


dEdrtNgApy2d6b.jpg



マーラーのお墓を離れ、最後にマーラーの妹Justineと彼女の夫アルノルド・ローズ(ウィーン国立歌劇場のコンサートマスターでした)と彼らの娘のアルマ・ローズ(彼女は1944年にアウシュヴィッツ収容所で食中毒かチフスでなくなったそうです)のお墓にもお参り。こんなところにも戦争の傷跡が残っているんですね。


2FyBPvJOu5d7c0.jpg



墓地の端まで行くと、この小高い丘からグリンツィングGrinzingの方が見渡せます。緑が多くて、綺麗な眺めです。


gzNGM1GJE3a3fc.jpg



墓地の中には小さな礼拝堂が建っています。小さくても美しいですね。


yXASq5B9_Se3e4.jpg



こちらの礼拝堂は修復中です。この墓地はそんなに大きな墓地ではありませんが、よく整備されています。


aF6Dzg7dgM57a4.jpg



墓地を一巡りしました。そろそろ、おいとましましょう。
このグリンツィング墓地Grinzinger Friedhofには、土曜日のせいかそれなりにお参りの人が来ています。ただ、マーラーのお墓には我々がいた30分ほどの間(要するに交響曲第9番のアダージョを聴いている間)に、誰ひとり訪れる人はいませんでした。またウィーンに来る際には、このお墓に足を運びましょう。

墓地から坂道を下り、グリンツィングの方に向かいます。気持ちよく散策できる通りです。


1g1vP7xGoH7fa1.jpg



坂道の右側は緑の木々豊かな公園です。犬も散歩中です。


PSGfyoaaoA10f4.jpg



先道を下り終えるとグリンツィングの通り、シュトラサーガッセStraßergasseに出ます。右折して、トラム乗り場の方に向かいます。


jIZSb8rUtQ9bf9.jpg



グリンツィングの38番のトラムの折り返し点まで歩いてきます。この辺りはホイリゲを訪れるためには来ますが、マーラーのお墓も近かったんですね。


hA2yaEIfEu4b6c.jpg



まだお昼前なので、劇場連盟のチケットセンターBundes Theater Kassenも開いているでしょう。土曜日はオープン時間が12時までなんです。大切なオペラのチケットを受取っておきましょう。ということで、トラムを乗り継いでウィーン国立歌劇場Wiener Staatsoper近くのチケットセンターに向かいます。問題なく予約したチケットを引き取り、一安心です。


ufc306Y47Y7589.jpg



これで、夕方にお友達のHさんに会ってコンサートに行くまではフリーです。お気に入りのカフェ・ハイナーCafe Konditorei L. Heinerでお茶してホテルに戻り、休憩しましょう。

ケルントナー通りKärntner Straßeをブラブラ歩きます。ZARAやFOREVER21のお店が目立ちます。H&Mの袋を持った人もいます。今どきですね。


uu9xzczGHZd207.jpg



懐かしのカフェ・ハイナーもすぐに見えてきます。相変わらず可愛い店先です。


2rBq9gOEuZ0386.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2012061201.jpg



混んでいるかなと思いましたが、そこそこの混み具合で席はすぐに見つかります。


Q6fQnRdfB4e201.jpg



ケーキと紅茶をお願いします。見慣れたジョンソン・ブラザースの食器で運ばれてきます。が、紅茶はガラスの器です。いつも通りに紅茶を2人分お願いしたはずなのですが・・・カップの時とポットの時とガラスのコップの時といろいろあります。どこか注文の仕方が違っているのでしょうね。まだまだです。
これがsaraiのチョコレートケーキと紅茶です。


6GS2DpBbmM15af.jpg



これが配偶者のシュトゥルーデルと紅茶です。


HRbAvTEjiZcd5c.jpg



もちろんケーキを2人でシェアして、2つの味を楽しみます。
お気に入りのカフェ・ハイナーで美味しいケーキをいただき、またまたウィーンに戻ってきたという幸せをたっぷりと感じながらゆっくり過ごします。
カフェ・ハイナーも、さりげなくイースターの飾り付けをしています。


iegtIhCbNPd7d2.jpg



カフェ・ハイナーのテーブル席は2階にありますが、クレジットカードで精算する場合はウェートレスのおばさんと一緒に1階のレジに下りていくことになります。いやでもそこで美味しそうなケーキやチョコレートが目に付き、余計なものを買いそうになります。


3KYvhcPdpb7ca2.jpg



カフェ・ハイナーに満足して、シュテファンズプラッツStephansplatzからU1の地下鉄に乗ってホテルに戻り、休憩です。
マーラーのお墓参りとカフェ・ハイナー・・・ウィーンにまた戻ってきた満足感でいっぱいの時間を過ごしました。気持ちよく、お昼寝できそうです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR