FC2ブログ
 
  

アイゼナハ、ヴァイマールへミニ旅行:ヴァイマールに到着し、街を散策しながら、ぶらぶらとホテルへ

2012年4月11日水曜日@ベルリン~アイゼナハ~ヴァイマール/13回目

アイゼナハ中央駅Eisenach Hauptbahnhofから予定よりも遅い時刻の電車に乗りました。これからヴァイマールWeimarに移動し、ゲーテの生家のすぐ近くのホテルに宿泊します。チューリンゲン地方Thüringenは偉大な人物が誕生し、そして亡くなった、実に文化の薫り高い地方です。電車は30分ほどでエアフルトErfurtに到着します。エアフルトはチューリンゲン州最大の街で州都でもあります。時間的に余裕があれば、ここで降りて街を散策するつもりでしたが、アイゼナハの街で予定以上の時間を過ごしてしまいましたので、このまま電車に乗ってヴァイマールに向かいます。


EqA_lljwfz11d8.jpg



エアフルトから30分ほどでヴァイマールに到着です。

ここまでの鉄道ルートを地図で確認しておきましょう。


2012082901.jpg



旧市街は駅から離れているのでバスで移動します。旧市街にはすぐに着きます。ゲーテ広場Goetheplatzでバスを降ります。


140pduKhV1e321.jpg



本当はもっとホテルの近くまでバスに乗ってもよかったのですが、まだ明るい(といっても、もう7時30分)ので、ヴァイマールの街の中心を散策しながらホテルに向かうことにしたんです。大きな荷物はベルリンのホテルに預けているので、saraiの荷物と言えば、ミニノートPCくらいです。あとは配偶者が身の回りの品を詰めたバッグを肩にかけています。身軽な旅は楽ですね。このゲーテ広場から歩行者天国のヴィーラント通りWielandstraßeを歩いて、街中に向かいます。


swWMLo3_is3e6d.jpg



ヴィーラント通りを少し歩くと(2~3分)綺麗な花壇があります。バウハウス博物館Bauhaus-Museum Weimarの前です。


SRIivWGpPI2e95.jpg



バウハウスBauhausは建築家のグロピウスが1919年にヴァイマールに創設した芸術造形学校で、近代デザインを語る上で忘れることのできないものです。バウハウス博物館にはバウハウスの歴史を語る展示品や作品が公開されています。もちろんこの時間には閉館していますけどね。


Eryp3eR3Vo0b23.jpg



バウハウス博物館は劇場広場Theaterplatzに面しており、向かいには国民劇場Nationaltheaterが建っています。劇場前に立つ像はゲーテとシラーです。国民劇場では、シラーの「ウィリアム・テル」やゲーテの「ファウスト」が初演されました。リストやシューマン、ワーグナー、リヒャルト・シュトラウスもこの劇場で活躍したそうです。


WMBI9yng5P0612.jpg



saraiもこの由緒ある劇場で是非音楽鑑賞したかったんですが、残念ながらこの日は公演はありません。

この劇場広場からシラー通りSchillerstraßeを歩き、ゲーテの生家の前を過ぎて、今日泊まる予定のホテル近くに着きますが、そこからホテルの建物がなかなか見つかりません。ちょっと探し回りましたが何とかホテルを発見。アマリエンホーフホテル(Amalienhof Hotel und Apartment)です。


bnBkqojXRxc37b.jpg



ゲーテ広場からここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2012082902.jpg



ホテルの入口には、格安の看板が立っています。実際、1泊2人で88ユーロというお得な料金で予約しました。全23室のコンパクトな3つ星ホテルです。


0nph7qDkzoe05a.jpg



レセプションでは、お姉さんがにこやかにチェックインの対応をしてくれます。


Rhx4mlOM6Nf06d.jpg



コンパクトとは言え、ロビーも立派です。


TrXIyBYGwE2821.jpg




ちょっと場所が分かりにくいのが難ですが、街の中心にも近くて便利なホテルです。
チェックインも無事完了し(あまりに荷物が少ないので変に思われそうでしたが)、部屋に向かいます。これから部屋をざっとチェックし、夕食に出かけます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR