FC2ブログ
 
  

アイゼナハ、ヴァイマールへミニ旅行:ヴァイマールのホテル、アマリエンホーフホテル

2012年4月11日水曜日@ベルリン~アイゼナハ~ヴァイマール/14回目

ヴァイマールWeimarのアマリエンホーフホテル(Amalienhof Hotel und Apartment)にチェックインしました。
部屋に向かいます。廊下には立派なじゅうたんが敷かれ、美しい調度品が置かれています。


Ia2gS4u6Ldc591.jpg



美術品のような家具が廊下の至るところに並べられています。まるで博物館のようなホテルです。


JiPLdkuUGL7bb3.jpg



部屋に入ると、部屋も美しくしつらえられています。落ち着いた色調の壁紙や椅子、カーテンで気持ちが和みます。


Y00x4RR8Ji98ef.jpg



ベッドもキングサイズでゆったりと眠れそうです。なかなか上質のホテルです。


ugHk02WmO868a1.jpg



テーブルの上には無料のミネラルウォーターが置かれています。心配りもよいですね。


xuzMn_ALJMcf0c.jpg



バスルームにはちゃんとバスタブがあります。あとでゆっくりと疲れをとりましょう。もちろん、無料のWIFIも完備しています。早速、接続を確認します。無事にネットに接続できます。
というところで、夕食に出かけましょう。ホテルの窓から、夕暮れの街角が見えます。


KQsy3LAlS54175.jpg



この街で一番古いというレストランに向かいます。レストランは街の中心のマルクト広場Marktplatzにあります。ホテルに来た時と逆の経路を辿ってまっすぐに通りを歩くと、10分程でマルクト広場に到着です。レストランにはヴァイマールに向かう電車の中から携帯で予約を入れておきました。予約の時間にはまだ少しあるので、夕暮れのマルクト広場を見物しましょう。正面に見える建物がクラナッハの家のようです。彼は1533年に亡くなるまで、この家で過ごしたとのことです。個人の家というには大き過ぎる建物ですが、クラナッハはそれなりの大物だったので、これくらいの家には住めたんでしょうね。


NTehhtpqt1f617.jpg



マルクト広場は大きな4角形の広場ですが、周りは立派な建物で囲まれています。クラナッハの家は東側の建物の並びの中心です。南側に目を移すと由緒あるホテル・エレファントHotel Elephantがあります。メンデルスゾーン、バッハ、リスト、ワーグナー、トルストイ、トーマス・マンという綺羅星のごとき有名芸術家たちがかって泊まったホテルです。もちろん、saraiもこのホテルへの宿泊を検討しました。ぎりぎりsaraiのルールの範囲内で泊まることもできる料金設定ではありましたが、WIFIが有料というのが気持ちの足枷になって、宿泊を断念しました。


epsLDiW8XY6614.jpg



広場の中央に進み西側を振り返ると、金文字の時計が目立つ市庁舎Weimarer Rathausの建物があります。ヴァイマールの市庁舎にふさわしい重厚さです。


tyniedBfNZ996b.jpg



最後に北側の建物も見てみましょう。建物の前には泉があります。


FeNwnyUPpGfdcd.jpg



ここまでの散策のルートを地図で確認しておきましょう。


2012083001.jpg



夕闇のなかでは見物もこれくらい。明日のお昼にもう一度出直しましょう。レストランの予約時間にはまだ早いですが、もうそろそろいいでしょう。お腹も空いてきたし、レストランで夕食をいただきます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR