FC2ブログ
 
  

尾道散策:尾道の階段

2010年11月11日木曜日@尾道

尾道は歩いて回るものらしいので、ホテルに車を置かせてもらって、散策に出かけます。

まずは、この千光寺山荘がある千光寺山の紅葉が美しい文学散歩道を歩きます。
ホテルから坂道を上ったところに小さな公園があります。この紅葉も綺麗です。


8PHhUEVpih7462.jpg



公園の向こう側を見ると、尾道の街が山側にも広がっているのが分かります。


OnBWOcyRwE7ecb.jpg



この公園から本格的に散策を開始。
スタートは尾道市立美術館。ここは有名建築家の安藤忠雄の設計でよく知られています。
総ガラス張りの外観が大変印象的です。


ok5UCOJ2n2e05b.jpg



(この写真は後で展望台からズームアップして撮影しました。)

ここを過ぎると、千光寺公園です。


swX7qUKPR9ddce.jpg



千光寺公園では菊花展をやっていました。紅葉している木々と似合いますね。

千光寺山の山頂には展望台があります。


0hXa81sj43fffd.jpg



展望台からは尾道はもちろん、対岸の向島やしまなみ海道が見渡せ、なかなかの絶景です。


kwv9BnaxWS3e6b.jpg



ここには下の街からのロープウェイの駅がありますが、もちろん、ここからは文学の道を散策しながら、歩いて山を下りましょう。

千光寺に下る文学の道には、有名な文豪の碑があり、尾道に関連した文章や短歌などが刻まれています。
志賀直哉、林芙美子、中村憲吉(アララギ派)・・・・です。
流石に文学の道は木々に挟まれ、風情のある坂道です。


1WTLJz185s0f00.jpg



途中、大きな岩をくぐり抜けるところもあり、変化に富んでいます。


V3dgUB7Tawc832.jpg



もちろん、道のところどころには文学碑が建っています。
志賀直哉の「暗夜行路」の1節です。


kiU5FZhoUG2825.jpg



林芙美子の「放浪記」の1節です。


UwGNNrev72d44a.jpg



このあたりまで、山の坂道を下ってくると、下の尾道の街もはっきりと見えてきます。
尾道水道から新尾道大橋に至るあたりがよく見えていますね。


t0Dd43eL7m8b9e.jpg



感心しながら道を進むと、千光寺に着きます。


Qjw2VtlzHQ6739.jpg



千光寺から街に下る階段道はよく映画に取り上げられていますね。大林宣彦監督の尾道3部作です。
「転校生」で階段を転げ落ちるシーンはよく覚えています。
少し、千光寺から下ったあたりの階段道です。
まず、下り方向。


Gq_1BUpy7Ee190.jpg



次は上り方向。


sYU7TMwtWWd1fe.jpg



やはり、雰囲気のたっぷりある風景です。

尾道の街歩きはまだまだ続きます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR