FC2ブログ
 
  

尾道散策:尾道満喫、そして完走

2010年11月11日木曜日@尾道

尾道から対岸の向島へ渡りました。

向島で尾道3部作にゆかりの場所を聞くと、ちょうど、船が着いた目の前に映画のセットが移築されていました。
今はレトロなバスの待合所になっています。我々の子供時代には、世の中はみんなこの映画のセットみたいなものばかりでしたが、今は珍しいですね。
外側はこんな感じ。


d2R6DSJxQH6988.jpg



中にはいるとこんな感じでレトロそのものです。


t7wfKvrTf55bd6.jpg



ところでこの向島というと、今はNHKの朝ドラの「てっぱん」の舞台でブームになっています。いたるところにポスターが貼ってありました。


3bMxvzPN6870a7.jpg



この向島の船着場も「てっぱん」の撮影の時はこんなアーチがあったそうですが、今は取り壊されています。
渡し船の係のかたからの情報です。


Cd5hmxnaag31d8.jpg



少し昔を懐かしんだところで再び渡し船で尾道の街に戻ります。

少し小腹の空いたところで、いよいよ尾道ラーメンを楽しみましょう。やはり尾道婦人に進められたラーメン屋「喰海」に向かいます。
途中、尾道に特有の狭い路地を発見。こういう路地は昔の大きな商家を分断して小さな家に分割した名残です。


nGOFWC3Q7Qf23a.jpg



「喰海」では、鶏ガラスープのラーメンでなかなか美味しいご当地の味を楽しみました。もちろん、2人で1杯ですよ。


HACgnaU4_s0104.jpg



もちろん、餃子1人前もいただき、これも美味しかったのですが、少々食べ過ぎ!

と、尾道を満喫しているうちにもう2時近くです。結構尾道の街を楽しんで、時を過ごしすぎました。そろそろ我が家に向けて出発しないといけませんね。

愛車プリウスは山の上のホテルの駐車場にあります。
とてもあの急な階段道を登る元気はありません。
先程目をつけておいた街から山に登るロープウェイを利用しましょう。
ロープウェイ乗り場に向かい、街を歩くと、古い建物が目につきます。やはり、尾道は戦災にあわなかったので、古い建物が残っていますね。


fZ1KbtPbEH67af.jpg



JRの線路沿いに歩いていると、ガードや踏み切りが目につきます。これも雰囲気たっぷり。丁度、電車がやってきて、踏み切りで人が待っています。何気ない風景ですが絵になります。


CC3Kg808W_85e9.jpg



やっと、ロープウェイ乗り場に着き、小さなゴンドラに乗り込みます。


r3OcMmx3lA603a.jpg



ゴンドラは急な山坂の上を上っていき、途中で下りのゴンドラと交差します。


Po1DlEDwroab8d.jpg



眼下には尾道の街、向島、しまなみ海道を見下ろしながら、千光寺の上を越して、一気に山上に。


XJIUxHjN6kce34.jpg



楽をして、あっという間に到着です。
ここから少し道を下ると、千光寺山荘です。
ホテルの方に駐車のお礼を言って、さあ、750km走破です。

尾道ICから山陽道にはいり、玉島IC、倉敷ICと来たときに途中下車したあたりをあっという間に通過。
この後、工事渋滞、夕方の西宮付近の混雑渋滞、さらに事故渋滞に見舞われ、すっかり予定時間が遅れます。

夜8時を過ぎたところで大津SAで何とか夕食にありつきました。
夕食は豪華な鍋定食です。体力をつけないと、この後、走り続けられません。
saraiは牛肉すきやき鍋。


J58THQ5rl6ea2c.jpg



配偶者は鶏すきやき鍋。


h81gSpgTiPf9f3.jpg



この後はもうがんがん走るだけです。また来たときの逆に、新名神、伊勢湾岸道を抜けて、豊田ジャンクションで東名に合流。
この時間帯はトラックが大量に走っています。そのトラックの間を何とか、すり抜けながら、ひたすら走ります。

最後に足柄SAで休んだ時点でもう時計の針は深夜12時を回っています。
もう一走りして、自宅に着いたのは深夜の3時過ぎ。
もちろん、深夜割引で高速料金は1万4千円のところ、50%引きの7千円です。

こうして、往復約3000kmの長距離ドライブは無事完了。
ふーっ、ツカレタ・・・・


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR