FC2ブログ
 
  

ヴァイマールは芸術家が花盛り:リストが最後に暮らした《リストの家》

2012年4月12日木曜日@ヴァイマール~ヴィッテンベルク~ベルリン/3回目

音楽家リストの家Liszt-HausはバウハウスBauhausからすぐです。公園の外れがリストの家。イルム公園(Park an der Ilm)は実に広大です。手入れも行き届いており、綺麗な花壇もあります。


EEoXmvlSAO3fcf.jpg



公園の地図があります。この地図は左が北を示します。公園の真ん中を南北に流れているのがイルム川Ilmです。リストの家は一番下、すなわち最西端にあります。


Gtppew07t7d831.jpg



これが公園内から見たリストの家です。


0oi9JjpRgX7c26.jpg



家の壁をよく見ると、壁の前に格子状の支柱を立てて、蔓を巻きつかせようとしているところです。しばらくすると、蔓に覆われた緑濃い家になりそうです。


vLn0hDlH0Zb691.jpg



門柱の横を通って、家の前の庭に入ります。


04LwiV7nRu144e.jpg



リストの家の正面です。公園側からはこぶりに見えましたが、なかなか大きな建物です。


YKZl9LHrCr61db.jpg



庭に入ると、ちょうど家の前でおばさんが花の手入れ中です。


bToshq9RVKe843.jpg



入口はここかと聞くと、そうだとのことです。何故そんな会話が必要かというと、入口の戸が固く閉じられているからです。この街の施設はすべて大きな表示もなく、入口はガラス戸ではなく木製の扉で閉じられていて、どこから入るのかちょっと迷います。入口かなと不安を感じながら扉を開くと、そこにチケット窓口があるって言う感じなんです。やはり寒い気候のせいなのでしょうね。
リストの家は、リストが後半生で亡くなるまで住んでいた家です。この家はヴァイマールのアレクサンダー大公から与えられた贅沢な家で、大公自身が家具や調度品を揃え、リストは「ワーグナー並みの贅沢」と喜んでいたようです。リストは36歳からの10年間、ヴァイマールの宮廷楽長としてヴァイマールに暮らした後、ローマに移りました。が、60歳になって、アレクサンダー大公からの執拗な懇願に応えてヴァイマールに戻ってきて、後半生を過ごしました。もっとも、リストは同時にブダペストやローマにも住んでおり、春はブダペスト、夏はヴァイマール、秋から冬はローマと、リスト曰く「三分割の生活」を過ごしていました。
実際に亡くなったのはバイロイトです。娘のコジマが不倫の果てに一緒になった娘婿ワーグナーの主宰するバイロイト音楽祭で、楽劇「トリスタンとイゾルデ」を聴いた後にそこで病気になり亡くなりました。享年74歳でした。しかし、実質この街で人生を終えたと言えるでしょう(3分の1かも知れませんが)。
昨年はリストイヤー(生誕200年)だったので、ここでも様々な催しがあったようです。

このリストの家でもチューリンゲンカードは有効で無料で入場。リストの家のパンフレットもいただきます。


KO4hSNpYOz4a04.jpg



建物内は残念ながら、写真撮影禁止です。部屋に入ると、リストの有名な肖像画(オリジナルかどうかは分かりません)が2枚あり、彼が使用していたアップライトピアノとグランドピアノが置いてあります。日頃旅にも持ち歩き練習していたといわれる音の出ない鍵盤だけのものもあります。今で言えばモバイル鍵盤ですね。もちろん、彼の作品もヘッドフォンを貸してくれて聴けますが、リストのCDは定番のものはたいてい持っていていつも聴いているので、ここで聴く必要はないでしょう。あ、そういえば、いつも携行しているIPODにも入れてあります。
最近はピアノ・リサイタルでもリストを聴く機会が多く、ロ短調ソナタ、《巡礼の年》~「ペトラルカのソネット」、《詩的で宗教的な調べ》~「孤独のなかの神の祝福」などは大好きな曲です。
その大作曲家リストの家を訪問することができて、saraiは感激です。

次はゲーテの家に向かいます。まさに芸術家が花盛りの街です。

ここまでの散策のルートを地図で確認しておきましょう。


2012090301.jpg





↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR