FC2ブログ
 
  

ヴァイマールは芸術家が花盛り:城美術館の素晴らしいクラナッハの作品群

2012年4月12日木曜日@ヴァイマール~ヴィッテンベルク~ベルリン/5回目

ヴァイマールWeimarのお城StadtSchlossの中庭に入ります。正面奥が城美術館Schlossmuseumの入口です。


PcGgOkfEly46eb.jpg



中庭の中央に立って振り返ってみると、お城の入口側の建物とその上に城門の塔が見えます。お城は美しいロココ調ですが、これは15世紀に建てられた建物が焼失後、18世紀に再建されたものです。再建にはゲーテが建築委員の一人として、大きな役割を果たしました。城門と塔だけは15世紀のものが残ったそうです。


basqbWRVAV3e53.jpg



城美術館は、もちろんチューリンゲンカードは有効で入場無料。まだ、12時前です。パンフレットをいただきます。パンフレットはヴァイマールのどの施設も同じデザインです。


PI20nG2sYo1c79.jpg



美術館の入口を入ると、右側の部屋にクラナッハの作品がずらっと展示されています。いずれも保存がよく、作品のレベルも素晴らしいものばかりです。今まで見たことのない構図の作品も揃っています。これは期待していた以上の展示です。クラナッハ好きの方は、是非ここを鑑賞することをお勧めします。鑑賞後、目ぼしい作品の絵葉書を買い求めます。ヴァイマールの施設はほとんどすべてが内部での写真撮影禁止なんです。ブログの美術関係の記事に写真は必須なので、絵葉書をスキャンして代用します。

《ルターの肖像》です。クラナッハとルターはとても親しく、ルターを描いた肖像画も多いです。この肖像画は、その中でもとても素晴らしいものです。


Y2YImqm8WE9cdf.jpg



《ルターの妻カタリナ・ルターの肖像》です。カタリナ(旧姓:カタリナ・フォン・ボラ)は貴族の子女でカトリックの修道女でしたが、26歳のときに修道院を脱出して、当時41歳のルターと結婚しました。年の差婚ですね。カトリックでは聖職者の結婚は禁じられていますが、プロテスタントは聖職者の結婚を認めています。それを始めたのが宗教改革を起こしたルターです。因みにプロテスタントでは牧師のことを聖職者とは呼ばないそうです。ですから、ルターは聖職者ではなく、牧師です。カタリナは牧師の妻ということになります。
この肖像画も素晴らしい出来です。


7efROI8NqIa06c.jpg



これも《ルターの肖像》です。正式には《ユンカーのヨルグの姿をしたルター》です。アイゼナハEisenachのヴァルトブルグ城Schloss Wartburgに隠棲したルターは、当局からの追求を逃れるために自身をユンカーのヨルグという名前で偽っていました。宗教改革に信念を貫くルターの強い姿が穏やかに描かれた傑作です。


tSZzjRGCkb7444.jpg



《シビレー・フォン・クレーベ姫の肖像》です。ザクセン選帝侯ヨハン・フリードリッヒⅠ世の所へ嫁いでいく花嫁を描いた作品です。女性を描かせたらこの上もなく素晴らしいクラナッハの作品の中でも、ウィーン美術史美術館の「ユディット」に匹敵する美しさにsaraiはうっとりです。当時、花嫁のシビレーは14歳だったそうです。初々しい美女です。ふわりと広がる髪は処女を表現しているそうです。なるほどね! 髪飾りの花冠は花嫁であることを表現しています。この素晴らしい作品を見るだけでも、このヴァイマールを訪問する価値があります。


e8lNBXMwEH8f64.jpg



《カリタス》(慈愛)です。3人の子供に囲まれた女性(ヴィーナス?)の母性愛を描いたものです。クラナッハお得意のヴィーナスですね。


ExEWKF6e_A41e5.jpg



《法律と慈悲の寓話》です。モチーフはクラナッハの宗教画でよく見るものですが、このような構成の絵は初めて見ました。左側の楽園追放はかなり変わった絵です。


y6QIBiLPRc7e87.jpg



このようにクラナッハ好きにとっては必見の充実したコレクションです。クラナッハが最後に暮らした街の面目躍如です。
城美術館ではクラナッハに絞って、鑑賞しました。もうすぐ12時です。もう時間的にチューリンゲンカードを使って入れるのは一つくらい。ともかく急いで次のところに回りましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR