fc2ブログ
 
  

人生の最終ゴール・・・ハイティンク+RCOのブルックナー第8番@コンセルトヘボウ 2013.4.5

思えば、長い間、クラシック音楽を聴いてきました。そして、今日はその音楽人生の到達点とも言えるコンサートに出会いました。

今日のプログラムは以下です。

  指揮:ベルナルト・ハイティンク
  管弦楽:ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団

  ブルックナー:交響曲第8番ハ短調(ノヴァーク版))

過大な期待はしていました。しかし、まさにその期待した以上の演奏に接し、これが人生最後に聴く音楽であっても、悔いはないという思いです。
第1楽章から、素晴らしい演奏です。コンセルトヘボウ管の透き通った響きが体を貫いていきます。低弦の素晴らしい響き! 高音弦の透き通った響きと同質の透明感のある響きです。想像を絶する響きでした。高音弦の美しさでは、ウィーン・フィルが1枚上かも知れませんが、高音から低音までバランスのとれた響きでは、コンセルトヘボウ管は無敵だと感じます。管ももちろん、パーフェクトな響き。ホルンに若干の乱れはあるものの、これもブルックナーでここまで吹けるオーケストラはないでしょう。
そして、何と言っても、この素晴らしいオーケストラを完璧にコントロールするハイティンクの指揮、そして、彼のブルックナー解釈の素晴らしさ。saraiにとっては、もう、これ以上のブルックナーはありえないと断言できる内容の深さです。
第2楽章の迫力、そして、中間部の美しさ。感動は深まる一方です。
そして、第3楽章。長大な楽章ですが、音楽のあらゆる要素・・・美、迫力、滋味、等々がすべて、表現され尽くした感動的な演奏です。ブルックナー演奏の頂点、そして、クラシック音楽の頂点を極めたものと感じました。曲の隅々まで、丁寧に表現され、それでいて、全体の構成感もゆるがせにしないという趣です。この第3楽章までで、音楽は完成しています。が、さらに第4楽章でさらなる感動の世界に飛翔します。
ここまで、大音量の迫力あるパートも、あくまでも透明感のある繊細な響きの上に構築されて、自然で奥行きの深い世界を繰り広げてきました。第4楽章の冒頭の咆哮もその音楽の延長線上で、決して、気品を失うことはありませんが、迫力感は凄まじいまでです。そして、また、自然で美しい音楽が始まります。何度も、何度も、感動に酔いしれながら、フィナーレへ。上昇旋律が繰り返されながら、天上への飛翔感を味わい、最後に爆発的なコーダへ突き進みます。最後のジャジャジャンがホールに残響を残し、ハイティンクのタクトが静かに下されます。ホールはしばしの静寂に包まれます。素晴らしい聴衆は音楽の余韻を味わっています。そして、満場の拍手と歓声! すぐに聴衆が立ち上がり始め、saraiもスタンディングオベーションの輪に加わります。気が付くと、ホール全体でスタンディングオベーションです。

凄い演奏を聴きました。この日のコンサートに邂逅するために自分の人生があったんだという思いに駆られます。
前に当ブログで書きましたが、チェリビダッケのリスボン・ライブのCDに収められた演奏がブルックナーの交響曲第8番の最高の演奏、さらに言えば、クラシック演奏の規範とも感じていましたが、今日の演奏はそのチェリビダッケの演奏を凌駕するものでした。
ハイティンクのブルックナーは先月、第9番の最高の演奏を聴いたばかりでしたが、今日の演奏は遥かなる高みに達した極限の演奏でした。
明後日も同じコンビで同じくブルックナー8番を聴きますが、到底、今日以上の演奏は想像もできません。ですが、それでも、まだ、楽しみは続きます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

       ハイティンク,

コメントの投稿

非公開コメント

良かったですね

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブダッケ と聴いてきました。

ハイティンクの至芸には脱帽しています。
今日、ハイティンク SKD でブルックナーを聴
いて、初めてブルックナーの真価に触れること
ができました。

記事は参考になりまあす。

コメントありがとうございます

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザルツブルク音楽祭でウィーン・フィルのマーラー9番を2回聴いたのがハイティンク最後のコンサートになりました。
もう、ハイティンクの演奏を聴くことは叶いませんが悔いのないほど、演奏を聴かせてもらいました。実演で知る最高の巨匠です。
SKDとのブルックナーも素晴らしいですね。
以下の記事をご覧いただけましたか。SKDとの演奏についても触れています。

https://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-299.html

また、コメントをお願いします。
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

最後までレビューありがとうございます。最後は時間の都合がつかず視聴できず、非常に残念でした。

アンコールも含め好評のレビューを見てますます残念ですが、お陰様でど

04/02 12:33 

michelangeloさん

saraiです。大変、ご無沙汰しています。
このたびは過分なご評価いただき、恐縮しています。

よいコンサート、オペラを聴くと、興奮して、記事を書き過

03/31 01:42 sarai

sarai様

こんばんは。

3月に8回も《トリスタンとイゾルデ》公演が開催される東京は音楽都市です。再び御感想を拝読し、改めて感じるのはsarai様のクラシック音楽オペラ公

03/29 21:28 michelangelo

《あ》さん、saraiです。

結局、最後まで、ご一緒にブッフビンダーのベートーヴェンのソナタ全曲をお付き合い願ったようですね。
こうしてみると、やはり、ベートーヴェン

03/22 04:27 sarai

昨日は祝日でゆっくりオンライン視聴できました。

全盛期から技術的衰えはあると思いましたが、彼のベートーヴェンは何故こう素晴らしいのか…高齢のピアニストとは思えな

03/21 08:03 

《あ》さん、再度のコメント、ありがとうございます。

ブッフビンダーの音色、特に中音域から高音域にかけての音色は会場でもでも一際、印象的です。さすがに爪が当たる音

03/21 00:27 sarai

ブッフビンダーの音色は本当に美しいですね。このライブストリーミングは爪が鍵盤に当たる音まで捉えていて驚きました。会場ではどうでしょうか?

実は初めて聴いたのはブ

03/19 08:00 
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR