FC2ブログ
 
  

ヴィッテンベルクは世界遺産のルターの街:クラナッハの3連祭壇画を見て、満足!満足!

2012年4月12日木曜日@ヴァイマール~ヴィッテンベルク~ベルリン/13回目

ヴィッテンベルクWittenbergのマルクト広場Marktplatzでクラナッハの2つの家を見て満足し、次は広場近くにある聖マリエン市教会Stadtkirche Sankt Marienの前に立ちます。ルターが説教壇に立ったという由緒ある教会は、さすがに大きく立派です。


4DFtjnMuerb37b.jpg



この教会にはクラナッハによる祭壇画があり、それを見るのがこの街に来た一番の目的です。早速、中に入ってみましょう。えっ、ここも工事中のようです。でも、正面には祭壇画が見えています。


qHxIszivSg1251.jpg



工事用の足場は、祭壇画の邪魔にならないように組んであります。ご配慮、ありがとうございます。ヴァイマールの教会のようなことにならなくて、よかった!


pt66ll79qL7e2f.jpg



これがクラナッハの3連祭壇画です。あまりに簡単に見られたせいか焦ってしまい、写真がぶれて撮れてしまいました。お恥ずかしい。3連画の中央が、円卓を囲んでルターが宗教改革について語り合っている場面です。クラナッハの絵では見たことのない構図です。


CJD1msqsws005d.jpg



この絵を見ることができて、もうsaraiは満足です。ゆったりした気分で教会の中をながめます。後方を見ると、やはり立派なパイプオルガンがあります。


tigFHxPbtp8af2.jpg



これは説教壇でしょうか。ルターがここで説教したんですね。


_MosF0p7LKd3fc.jpg



もう一度クラナッハの祭壇画を一瞥して、教会を出ます。教会の扉も立派です。


rrOGg8j285b256.jpg



聖マリエン市教会のすぐ隣には小さな古い教会もあります。


roD9zSjmyTd3fb.jpg



聖マリエン市教会を横手から見ると、大変な修復工事中です。それにもかかわらず、クラナッハの絵が見られて本当によかったです。


JnuWMotttOfeb8.jpg



ここから駅の方に歩いて戻ります。マルクト広場から伸びているコレギエン通りCollegienstraßeに出ます。マルクト広場を介して、シュロス通りSchlossstraßeと繋がっている街の目抜き通りです。それにしても綺麗な街並みです。


mX_Tq4NKLm9e6a.jpg



通りを歩くと、配偶者がいつも気になってしまう花屋さんがあります。この花屋さんには特に興味を引く珍しい花はないそうです。


oaJxt9hWkLe0e7.jpg



通りの外れのほうまで歩くと、マルクト広場にも像のあったメランヒトンの家Melanchthonhausがあります。あるにはあるのですが、これも修復工事中で無残な有様です。


RCLT1xnAp70657.jpg



ここまでの散策のルートを地図で確認しておきましょう。


2012101001.jpg



このメランヒトンの家の先にはルターの家Lutherhaus Wittenbergがあります。最後にそこに寄っていきましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR