FC2ブログ
 
  

20年ぶりのベルリン:久々の朝日を浴びながら、カフェでの朝食に出発・・・カフェ・イム・リテラトウーアハウス

2012年4月14日土曜日@ベルリン/1回目

旅の9日目です。昨日、待望のフィルハーモニー詣でを済ませ、ベルリン訪問は山場を過ぎました。
後はゆっくりとベルリンBerlinの3日間過ごします。

今日のベルリンは素晴らしい青空です。今回の旅では、ウィーンに着いてからベルリンに移動した後もずっと寒い日が続いていましたが、ようやく晴れました。


FZIish1qnQ8b6e.jpg



窓をちょっと開けると、まだ空気は冷たいですが気持ちの良い朝です。ホテル前の公園にも朝日が当たっています。


G425YNF9Ls76f5.jpg



どこからか小鳥の声も聞こえます。あまり聞いたことのない声です。あっ、窓の縁に止まって鳴いています。やはり青空は、生き物を活動的にしますね。こちらも元気に出かけましょう。


ELh1N3WiS8cc53.jpg



まずはカフェで朝ごはんです。5つ星のホテルの朝食はとても料金が高いので、ホテルは朝食なしで予約してあります。今日は有名カフェのカフェ・イム・リテラトウーアハウスCafé im Literaturhausの素敵なガーデンテラスで美味しい朝食をいただくことにします。
saraiがなかなかパソコンの前から離れられないでいると、痺れを切らした配偶者は先にホテル前の公園にお散歩に行ってしまいます。その配偶者は、ホテルの玄関前で、派手な彩りで朝日で輝いているウェルカム・ベアーを見つけたそうです。お茶目な熊さんですね。


gXB3Q0wB3E2130.jpg



小鳥もいっぱい鳴いていて、遊び場では子供たちが楽しげな様子だったそうです。saraiもようやくホテルを出て、眩しい光を浴びながらベンチに座りゆったり時を過ごしている配偶者を見つけます。連れ立って、カフェに向かいます。

クーダムKu-dammの通りを一駅分歩いて行きましょう。賑やかな大通りを歩いて行くと、20年前のベルリン旅行のときに泊まったホテル・ケンピンスキーKempinski Hotelが見えてきます。そのときの記憶はまったく戻ってきません。きっと、このあたりの様子もずい分変わったんでしょう。


rVitgtEJhq6e6a.jpg



そのホテル・ケンピンスキーに向けて、ちょっと大通りを歩きます。


Dignlb2Ldq02ec.jpg



やがて、大通りから左に折れて小路、ファザーネン通りFasanenstraßeに入ると、今までの喧噪が嘘のようにシ~ンと静まりかえっています。車も通りません。静かな小路をしばらく歩くと、カフェ・イム・リテラトウーアハウスがあります。ベルリンの街のど真ん中とは思えません。その空間だけ、郊外にワープした感じです。大きな門柱を抜けて、敷地内に入ります。


iggeVN3uBG5e50.jpg



ここまでのルートを地図で確認しておきましょう。


2012103101.jpg



古い建物の一部がカフェになっています。そして、そのカフェの前に広がる庭の緑の美しいこと。まるで公園みたいです。


E74iOphm0F7404.jpg



カフェのある古い建物のさらにその一部が小さな小さな本屋さんになっています。朝食の後、ちょっと覗いてみましょう。


a2A41Iv3vQ5224.jpg



既に何組かの人が、庭の暖かな日差しの中で朝食を楽しんでいます。sarai達も、そこに加わります。


YLt3hVrrVdba0f.jpg



空いていたテーブルにつきカフェの建物を見ると、2階にはテラス席もあります。上からの眺めもよさそうですが、やはり庭の緑に囲まれての朝食がいいでしょうね。ここで朝食をいただくことにします。


lxU7pTsGge344b.jpg



庭には噴水もありますが、今は水が出ていません。噴水が上がると気持ちがいいでしょうね。


qEP9KkZsYm490a.jpg



さて、朝食のオーダーをしましょう。美味しく朝食がいただけそうです。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR