FC2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:楽友協会のステージ上で聴くティーレマン指揮ウィーン・フィル

2012年4月20日金曜日@ウィーン/6回目

またまた、レオポルド美術館Leopold Museumで思いっきり楽しみました。
次は、ウィーン・フィルの事務局に再度向かいます。どうしてもsaraiはウィーン・フィルのネクタイが欲しいんです。昨日は1人で買いに行ったのに、既に閉店していましたからね。今日は営業しています。でも、ネクタイは陳列ケースには並んでいません。係の人にネクタイは?と聞くと、ありません!と無情なお返事。Hさんは、あると言ったのに・・・すごすごと退散です。(その後、ウィーン・フィルの来日ツアーのとき、来日記念グッズのなかにネクタイを発見し、購入。ウィーンでは買えなくても東京では買えます!)

まだ3時ですが、ホテルに戻り休養しましょう。今日の席は、なんとオーケストラと同じ舞台の上なんです。そんな所まで観客席にするのかと驚きですが、楽友協会Wiener Musikvereinではいつもそうなんです。誰も見ていないとは思うけど、普通の観客とは相対するわけで、配偶者は居眠りも出来ないと緊張しています。そのため、たっぷりお昼寝をしてから出かけようというわけです。

ホテルに戻り、部屋に行く前に、習慣となっているビジネスサービスセンターにちょっと寄り道します。


XbD9KEldi9e181.jpg



このガラス戸を開けて中に入ります。最初はちょっとどきどきしながら入りましたが、今や勝手知ったるところで、堂々と入ります。


oeXt0tMpQS6ffc.jpg



中には数台のPCが整然と置かれ、レーザープリンターも利用できます。ここでのインターネットでの調べものやちょっとしたプリントがsaraiの日課です。


3_S6txAsvT10c5.jpg



ビジネスサービスセンターでの日課を終え、ロビーを抜けて部屋に戻ります。5つ星ホテルは、ビジネスサービスセンターもロビーも空いていて快適です。


NJeY55QJRI1559.jpg



さて、部屋では、お湯を沸かしてサービスされているコーヒーを淹れ、お菓子の残りを片付けましょう。旅も残り少なくなり、もう食べる機会もなさそうですからね。


0q9CJrzvvBb911.jpg



そうそう、このホテルは冷蔵庫の中に入っている飲み物は無料で飲み放題です。毎朝しっかり補充してくれます。太っ腹なホテルに、感謝!
ホテルで、配偶者はしっかりお昼寝、saraiはブログ書きの後お昼寝です。と、激しい雷の音で目が覚めます。まさに夏の夕立です。ウィーンは、冬の寒さから春を飛び越えて夏の気配ですね。突然の雨に窓の外を眺めていて、大発見です。窓から見下ろす市民公園Stadtparkの中にキラキラ光るものが・・・ヨハン・シュトラウスの像です。木立の中に見えていたのですね。


jDlAKPJu7af763.jpg



よく見えないでしょうから、ズームアップしてみましょう。


T4z1h7Otjkad38.jpg



右手の方には、シュタットパルクの緑の先の建物群の向こうに、これから出かけるウィーン楽友協会があります。


9HPVpEODnC90e7.jpg



左手の方には、工事中のウィーン・ミッテ駅Wien Mitteも見渡せます。


drJQx8flLvb9f4.jpg



さあ、お昼寝で頭もすっきりしたところで、ウィーン楽友協会に出かけましょう。止みかけの小雨の中を、傘をさして出かけます。なんだかんだ言っても、この旅ではじめて傘を広げます。
楽友協会のグローサーザールに入り、恐る恐るステージ上に上がります。そこが今日の座席ですからね。本当にすぐ横では、ウィーン・フィルの楽団員が練習をしています。こんなところで聴いて、いいんですね。


tnTQzlU6h70cdc.jpg



観客席を眺めると、まるでこちらが演奏者になったみたいで、変な感じです。


1yWCFEStBs7bb6.jpg



このステージ上の席で、ティーレマン指揮ウィーン・フィルでシューマン尽くしのコンサートを聴きました。大変素晴らしいシューマンで、心の底から音楽の悦びを感じました。今や、ティーレマンとウィーン・フィルのコンビは音楽的に最高の水準に達しているという実感です。楽友協会のホールと相まって、素晴らしい音楽です。これ以上の音楽を聴くことはできないと思えるほどです。このコンサートについての記事はここにアップ済みです。

配偶者のお隣は、大阪から1人で来られた女性です。年に1度、音楽を楽しみに出かけてきているとのこと。皆さん、趣味とは言えよく頑張りますね。この方とは明日もご一緒です。(その後、彼女とはすっかりよいお友達になりました。)

コンサート後、既に雨の上がった中をHさんやほかのお友達とカフェ・ムゼウムCafé Museumに移動し、おおいに盛り上がります。ここにも、シュパーゲルがメニューに並んでいて、シュパーゲルも堪能します。

まず、サラダ。


bp8qOUka6e45f8.jpg



それから、スープ。


DRocW1NnwM13d5.jpg



これはフライ。シュパーゲル尽くしです。


WtOq4vkJl4560e.jpg



明日もティーレマンとウィーン・フィルを楽友協会で聴きます。もちろん、今日と同じプログラムです。夜はフィルクスオーパーVolksoperでオペレッタ《チャルダッシュの女王》です。ヨイ・ママンで盛り上がりそうな予感です。

今日の歩数は11,887歩でした。それほどは歩きませんでしたね。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん

みーちゃんさん、saraiです。

あの謎の建物は雄琴沖総合自動観測所という施設で琵琶湖の水質を測定しているそうです。

https://www.water.go.jp/kansai/biwako/html/repo

02/13 21:40 sarai

ずーと前にうきみどうに行きました
やはり、琵琶湖の真ん中の建物が何なのか気になったままです
分かりましたか
教えてください

02/13 20:54 みーちゃん

五十棲郁子さん、コメントありがとうございます。

水道水のこと、tap waterって言うんですね。知らなかった。単にwaterで通していました。ましてや、フランス語はほとんど

02/11 00:12 sarai

フランスも地方へ行くと英語が通じないでしょう。tap water ぐらいフランス語で言えないとね。

02/10 12:54 五十棲郁子
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR