fc2ブログ
 
  

音の魔術師!ミンコフスキ:東京都交響楽団@サントリーホール 2015.12.15

今日の都響の音(響き)を聴いて、唖然としました。これが本当に都響が奏でている音楽でしょうか。目をつぶって聴いていると、まるでパリ・オペラ座にいるような錯覚を覚えます。

マルク・ミンコフスキの指揮者としての卓越した能力に驚愕の念を禁じ得ません。東京都交響楽団の潜在的能力を極限まで引き出して、あたかもフランスのオーケストラであるかの如き、大変身の魔術を掛けたわけです。
それにしても、ルーセルのバレエ音楽の傑作《バッカスとアリアーヌ》の熱狂と官能の響きの素晴らしさには途轍もない感動に襲われました。とりわけ、第2幕(第2組曲)の後半の《アリアーヌの踊り》の官能的な響きの美しさには魅惑され、その後、一転して、《バッカスとアリアーヌ》のシャープで引き締まった響きから、最後の《バッカナーレ》の饗宴の凄まじい高まりには圧倒的な高揚感、感動を覚えました。ルーセルの音楽の素晴らしさ、ミンコフスキの超人的な音楽能力、都響のアンサンブルの素晴らしさが三位一体となって、大変な演奏になりました。

そもそも、今日の刺激的とも言えるプログラム構成には、舌を巻くしかありません。ルーセルのバレエ音楽とブルックナーの交響曲第0番とは・・・。これだけでも、ミンコフスキの音楽的な趣味の良さがうかがい知れます。誰がこんなプログラムを考え付くでしょう。どちらも実演に接するのは初めてです。白状すると、特にルーセルのこの曲は曲名さえ初めてききました。CDで今回、予習しましたが、ストラヴィンスキーの影響もうかがい知れる音楽の素晴らしさに驚嘆しました。予習したCDは以下です。

 ジョルジュ・プレートル指揮フランス国立管弦楽団
 ステファヌ・ドゥネーヴ(ステファン・ドヌーヴ)指揮スコティッシュ・ナショナル管弦楽団

いずれも素晴らしい演奏。プレートルの刺激的な演奏は当然としても、ドゥネーヴの紡ぎ出した見事な響きにも驚嘆しました。しかし、今日、生で聴いた演奏の興奮はすべてを凌駕するものでした。

後半のブルックナー、ミンコフスキがブルックナーとはね。それも交響曲第0番とは虚を突かれる思いです。この曲も以前、CDで数回聴いただけです。改めて、ちゃんと予習してみました。予習したCDは以下です。いずれもブルックナー交響曲全集の中に含まれるものです。

 ハイティンク指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
 インバル指揮フランクフルト放送交響楽団
 スクロヴァチェフスキー指揮ザールブリュッケン放送交響楽団
 マゼール指揮バイエルン放送交響楽団

いずれも、手抜きのない素晴らしい演奏。それも個性に満ちた演奏です。ハイティンクは若い頃の勢いに乗った演奏。インバルは細部まで目配りのきいた美しい演奏。スクロヴァチェフスキーは自然で素直な表現。マゼールは遅めのテンポで響きの美しさを際立たせる演奏。ちょっとチェリビダッケを連想してしまいます。
そのチェリビダッケも是非、聴きたいところですが、残念ながら、演奏を残していないようですね。ヨッフムもヴァントもこの曲の録音はないようです。残念です。ハイティンクにしても、若い頃に録音しただけで、その後は演奏を残していません。熟成したハイティンクの演奏も聴いてみたかったところです。
予習で聴き直してみると、意外にも、素晴らしい音楽でした。ブルックナーの音楽でありながら、シンプルなよさを持っています。ある意味、古典的でもあります。後期ロマン派と古典が混然一体になった妙な魅力に満ちた名曲です。本来、第2番となる筈だったようですが、色んな事情で番号なしになりましたが、ブルックナー本人はそれなりに自信作だったのでしょう。

この光の当たらない名曲に焦点を合わせてきたミンコフスキは彼なりのこだわりがあるんでしょう。実際、見事な演奏でした。予習した演奏ではマゼールの表現が似ていました。チェリビダッケ風に濁りのない響きの美しい表現です。ですから、少し、テンポも遅いことになります。チェリビダッケのように極端ではありませんから、拒否反応を引き起こすようなものではありません。第1楽章と第2楽章の演奏の素晴らしさには圧倒されました。パーフェクトとも思える演奏です。都響では珍しい対向配置も著しい効果を発揮していました。第2ヴァイオリンの健闘にはびっくりです。第1ヴァイオリンに引けをとらない素晴らしさ。いつもマーラーで素晴らしい響きの弦セクションがミンコフスキ色に染まりながら、ピュアーな響きでブルックナーの魅力を最大限に表現してくれました。この響きのままで、第9番を聴かせてもらいたいと思わされます。その弦の後ろからの管楽器も見事な響きを聴かせてくれました。第4楽章のフィナーレの高揚感も素晴らしいものでした。

ミンコフスキが都響から引き出した新しい響きはとても魅惑的でした。しかし、まだ、洗練の極みまでは達していないようです。今後、ミンコフスキとの関係を密にして、都響の更なる飛躍を願いたいと思います。こういったら、失礼かもしれませんが、今日はヨーロッパからの超一流オーケストラの演奏を聴いた思いで、すこぶる満足しました。インバルのマーラー以外で都響のここまでの演奏を聴いたことがありません。

最後に、今日のプログラムは以下のとおりでした。

  指揮:マルク・ミンコフスキ
  管弦楽:東京都交響楽団

  ルーセル:バレエ音楽《バッカスとアリアーヌ》 Op.43 - 第1組曲&第2組曲

   《休憩》

  ブルックナー:交響曲第0番 ニ短調 WAB100

そうそう、さすがにカーテンコールは凄かったです。都響のコンサートでインバル以外で指揮者コールされたのは記憶にありません。いいものが聴けて、幸せでした。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

aokazuyaさん

コメントありがとうございます。デジタルコンサートホールは当面、これきりですが、毎週末、聴かれているんですね。ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲ

03/03 23:32 sarai

DCHは私も毎週末、楽しみに聞いています。
・スーパースターには、ファゴットのシュテファン・シュヴァイゲルトの名も挙げたいところです。
・清水直子さん後半のみ登場、D

03/01 19:22 aokazuya

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR