fc2ブログ
 
  

戦慄のフーガ!ベートーヴェン:交響曲第9番/インバル&東京都交響楽団@サントリーホール 2015.12.26

インバル&東京都交響楽団の演奏するベートーヴェンの交響曲第9番というので、大変期待してサントリーホールに出かけました。年末の第9を聴くのは生涯で初体験です。

期待して聴き始めますが、第3楽章まではそれほど感じ入ることもなく、つらつらと演奏が頭の中を過ぎ去っていくのみです。もっともsarai自身が集中力を欠いているのも事実で、演奏自体のレベルだけの問題ではないのかもしれません。それに予習でフルトヴェングラーのCDを聴いたのもいけなかったかもしれません。あんな演奏は未来永劫、ありえませんからね。
特に一番期待していた第3楽章のアダージョは都響の素晴らしい弦楽セクションの力が思ったほど発揮されません。天国的な美しさを期待していたんですけどね。

ところが、第4楽章にはいって、この状況は打開されます。それを引き起こしたのは二期会合唱団のみなぎる力に満ちた素晴らしい合唱です。これぞ、ベートーヴェンの最高傑作という音楽が始まります。後半の2重フーガが始まると、さらに音楽はヒートアップ。音楽は輝きに満ちてきます。ベートーヴェンの作り出した偉大な音楽が素晴らしい響きでフィナーレに突き進んでいきます。大合唱がいったん、スローダウンした後、頂点に上り詰めます。凄まじい合唱の響きです。都響も凄い響きで最後の突進。素晴らしいコーダでした。

第3楽章までは、まあまあの出来に思えましたが、最後は素晴らしい盛り上がり。saraiにとって、今年のファイナルコンサートは満足のフィナーレでした。

最後に、今日のプログラムは以下のとおりでした。

  指揮:マエリアフ・インバル
  ソプラノ:安藤赴美子
  アルト:中島郁子
  テノール:大槻孝志
  バリトン:甲斐栄次郎
  合唱:二期会合唱団
  管弦楽:東京都交響楽団

  ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 op.125《合唱付》

今回の予習についても触れておきましょう。

まずはフルトヴェングラーのCDでこれまで聴いていないものを聴きました。フルトヴェングラーの交響曲第9番の知られている録音は13種類があります。これまで9つ聴きました。今回は残り4つのうち、戦前のストックホルム・フィルとの録音を除く、以下の3つを聴きました。(ストックホルム・フィルのCDはいまだ入手できていません。)

 1937年、ベルリン・フィル、ロンドン、クイーンズホールでのイギリス国王ジョージ6世戴冠祝典演奏会ライブ
 1942年4月19日、ベルリン・フィル、フィルハーモニーでのライブ(ヒトラー生誕前夜祭)
 1953年5月31日、ウィーン・フィル、オーストリア放送協会(ORF)録音 (日本フルトヴェングラーセンター)

戦前の2つの録音はかなり劣悪な音質ですが、フルトヴェングラー好きには聴き逃せません。第3楽章の素晴らしさはしっかりと感じ取れます。
1953年5月31日のウィーン・フィルの演奏は第2楽章までは比較的、穏やかな印象でしたが、第3楽章、第4楽章の尋常ではない素晴らしさはフルトヴェングラーならではのもの。ともかく、感動で泣けるCDです。なお、フルトヴェングラーのCDについての感想はここここです。

次は以下の4枚のCD。これまで聴いていないCDです。これまで聴いたCDの感想はここ(ウィーン・フィル以外)とここ(ウィーン・フィル)です。

 フェレンツ・フリッチャイ指揮ベルリン・フィル(1958年)イルムガルト・ゼーフリート、モーリン・フォレスター、エルンスト・ヘフリガー、ディートリヒ・フィッシャー・ディースカウ
 ベルナルト・ハイティンク指揮ロンドン・フィル(1976年)ハンネローネ・ボーデ、ヘレン・ワッツ、ホスト・ラウベンタール、ベンジャミン・ラクスン
 セルジュ・チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィル(1989年)ヘレン・ドナート、ドリス・ゾッフェル、ジークフリート・イェルザレム、ペーター・リカ
 クラウス・テンシュテット指揮ロンドン・フィル(1992年)ルチア・ポップ、アン・マレー、アンソニー・ロルフ・ジョンソン、ルネ・パーペ

いずれも立派な演奏ですが、まず、フリッチャイ指揮ベルリン・フィルはとても素晴らしいです。フルトヴェングラーを知らなければ、最高の1枚です。フィッシャー・ディースカウの独唱も素晴らしいです。ハイティンク指揮ロンドン・フィルもそれに次いで素晴らしい演奏。録音も最高です。これまでCD化されてこなかったのが不思議です。(ハイティンクの1回目のベートーヴェン交響曲全集の中の1枚)



↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: インバル 第九

すっぴんさん

saraiです。超亀レスで申しわけありません。

> フルトヴェングラーのCDってそんなに出てたんですか><1枚(1942年3月22日ベルリンライブ)しか聴いていないので、他のも聴いてみます。最高の教えて頂けるのでしたら、宜しく御願い致します。

フルトヴェングラーの第9番は録音の良さを別にすれば、どれも最高です。これ1枚というのは、そのときに聴いたCDが最高だと思えてしまいます。以下の記事をご覧ください。

http://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-260.html
http://sarai2551.blog.fc2.com/blog-entry-261.html

その後、結局、ストックホルム・フィルを除き、全CD(計12枚)を聴いてしまいました。以下がその一覧。

*(1)...1937年、+ベルリン・フィル、ライヴ録音(EMI)
*(2)...1942年3月22日、+ベルリン・フィル、ライヴ録音(メロディアなど)  オーパス蔵、メロディア
*(3)...1942年4月19日、+ベルリン・フィル、ライヴ録音(ヒトラー誕生日の前夜祭)  
 (4)...1943年、+ストックホルム・フィル、ライヴ録音(セブンシーズ)
*(5)...1951年1月7日、+ウィーン・フィル、ライヴ録音(セブンシーズ) ORFEO
*(6)...1951年7月29日、+バイロイト祝祭管、ライヴ録音(EMIなど) EMIリマスター
*(7)...1951年7月29日、+バイロイト祝祭管、ライヴ録音〔バイエルン放送音源〕(ORFEOなど) ORFEO
*(8)...1951年8月31日、+ウィーン・フィル、ライヴ録音(ORFEO) ORFEO
*(9)...1952年2月3日、+ウィーン・フィル、ライヴ録音(独フルトヴェングラー協会) TAHRA
*(10)...1953年5月30(31?)日、+ウィーン・フィル、ライヴ録音(DG) フルトヴェングラーセンター
*(11)...1953年5月31(30?)日、+ウィーン・フィル、ライヴ録音(DG) ALTUS フルトヴェングラーセンター MEMORIES全集
*(12)...1954年8月9日、+バイロイト祝祭管、ライヴ録音(加 Disques Refrain) ORFEO
*(13)...1954年8月22日、+フィルハーモニア管、ライヴ録音(THARA) ORFEO

さすがに戦前の最初の1937年の録音は古過ぎますが、それ以外はどれも最高です。お聴きになった1942年3月22日ベルリンライブは特に鳥肌ものですが、何度も聴くような演奏ではありませんね。録音を別にすれば、1954年のバイロイト音楽祭とルツェルン音楽祭は絶対に聴き逃がせません。また、1952年2月3日、ウィーン・フィルと1953年5月30/31日、ウィーン・フィルの3枚も相性のよかったウィーン・フィルとの組み合わせとして、必聴でしょう。

では。

> はじめまして、私は23日の上野に聴きに行きました。
> 11日の池袋の久石 読響 も聴きに行きました。うまいんですが、指揮に対して走ってしまっていた感があったし、4楽章の第一声のバス・・・調子悪いのかな?wと思うくらい、音がずれていたので、がっかりでした。たぶん打ち合わせ不足なんだろうな(サントリーのリハか?w)
>
> そういう経緯でのインバルでしたので、あまり期待していませんでした。
> いや~~~第一楽章から最後まで大満足でしたっ
> 1989年録音のCDも購入して聴きくらべましたが、第一楽章の最初の部分(ここ、ゆっくり目でスパッと切らないで延ばす部分)ほか改善?wされた部分が見受けられ、やはり進化しているんだなと思いました。
> 第3楽章はテンポ落としていましたね。CDより良いと思いました。
> はい 第4楽章のパワフルな所、感動しました。同感ですっ
> ティンパニーすごいですもんねw
> 最近、個人的には2002佐渡さんの第九のCDが好きです。
> 他のかたの第九も含め、週3回以上は聴いてます。ベースになっているのはカラヤンのですけどね^^;
> 正直、都響が(もw?)うまいのでは・・・・・とも思ってます。ヴァイオリン、最高でした。今年も行こうかと思っています。
> 年末のパーヴォ・ヤルヴィ N響のTVで見ましたが、演奏前のウンチク聞いてからだったので、笑ってしまいました。はやいっはやいよ~~w
> フルトヴェングラーのCDってそんなに出てたんですか><1枚(1942年3月22日ベルリンライブ)しか聴いていないので、他のも聴いてみます。最高の教えて頂けるのでしたら、宜しく御願い致します。
人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
首都圏の様々なジャンルのクラシックコンサート、オペラの感動をレポートします。在京オケ・海外オケ、室内楽、ピアノ、古楽、声楽、オペラ。バロックから現代まで、幅広く、深く、クラシック音楽の真髄を堪能します。
たまには、旅ブログも書きます。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

金婚式、おめでとうございます!!!
大学入学直後からの長いお付き合い、素晴らしい伴侶に巡り逢われて、幸せな人生ですね!
京都には年に2回もお越しでも、青春を過ごし

10/07 08:57 堀内えり

 ≪…長調のいきいきとした溌剌さ、短調の抒情性、バッハの音楽の奥深さ…≫を、長調と短調の振り子時計の割り振り」による十進法と音楽の1オクターブの12等分の割り付けに

08/04 21:31 G線上のアリア

じじいさん、コメントありがとうございます。saraiです。
思えば、もう10年前のコンサートです。
これがsaraiの聴いたハイティンク最高のコンサートでした。
その後、ザル

07/08 18:59 sarai

CDでしか聴いてはいません。
公演では小沢、ショルティだけ

ベーム、ケルテス、ショルティ、クーベリック、
クルト。ザンデルリング、ヴァント、ハイティンク
、チェリブ

07/08 15:53 じじい@

saraiです。
久々のコメント、ありがとうございます。
哀愁のヨーロッパ、懐かしく思い出してもらえたようで、記事の書き甲斐がありました。マイセンはやはりカップは高く

06/18 12:46 sarai

私も18年前にドレスデンでバームクーヘン食べました。マイセンではB級品でもコーヒー茶碗1客日本円で5万円程して庶民には高くて買えなかったですよ。奥様はもしかして◯良女

06/18 08:33 五十棲郁子

 ≪…明恵上人…≫の、仏眼仏母(ぶつげんぶつも)から、百人一首の本歌取りで数の言葉ヒフミヨ(1234)に、華厳の精神を・・・

もろともにあはれとおもへ山ざくら 花よりほか

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR