FC2ブログ
 
  

ウィーンで音楽三昧:改修直後のカールス教会・・・見るなら、今でしょう

2015年6月20日土曜日@ウィーン/1回目

旅の2日目です。

配偶者は昨夜、ヨーロッパに到着した長い1日の疲れから、ホテルに着くなり倒れこむように寝てしまいました。が、夜中に起きだして、日本の知人にウィーンに無事に到着したこと知らせるメールを書いたり、ブログの仕上げをしたり、妙な時間に活発に活動していたようです。お蔭でsaraiは熟睡中に起こされて、メール送信のお手伝いをさせられます。そのまま、saraiはコンサートのチケット(秋のカム&ラハティ交響楽団のシベリウス交響曲ツィクルス)を取るために日本のチケット販売窓口に電話をかけて早朝まで起きていることに。というわけで、朝は遅くまで寝坊を決め込み、9時過ぎにもそもそと起床。窓を開けると、薄い雲がかかっていますが青空です。ちょっと冷たい風も爽やかに感じます。鳥の鳴き声が聞こえるのが嬉しいですね。ベルヴェデーレ宮殿Schloss Belvedereの森がすぐ隣だからでしょう。

2016010301.jpg



お風呂に入ってさっぱりし、昨夜買い込んだパンや生ハム、チーズ、果物で朝食です。昨夜は結局、何も食べずに寝てしまいましたからね。簡単な朝食も終えたところで、まずはウィーン楽友協会 Wiener Musikvereinに予約済みのチケットをピックアップに行きましょう。楽友協会はホテルからトラムで2駅ですから、すぐに到着します。チケット窓口はちゃんと営業中です。

2016010302.jpg



問題なくチケットを発券してもらいます。今日は楽友協会でお昼と夜のダブルのコンサートなので、開演の3時半まではこの辺りを散策しましょう。
楽友協会のすぐ目の前にありながらも行ったことのないカールス教会Karlskircheに行ってみます。楽友協会の前に出ると、大きな木立の向こうにカールス教会が見えています。

2016010303.jpg



大きな通りを渡って、カールス教会に向かいます。

2016010304.jpg



楽友協会の向かいの建物を見ると、大きな看板がかかっています。2015年ウィーン芸術週間の看板です。音楽真っ盛りですね。

2016010305.jpg



カールス教会の前庭には大きな池が広々としています。前庭の中にはブラームスの銅像があります。ブラームスは楽友協会と縁が深かったからでしょうか。もっとも、ブラームスが活動していた頃には楽友協会はもっと街の中心地にあったようですから、楽友協会とは無関係にここに銅像があるのかもしれません。(*Steppkeさんからコメントをいただきました。ブラームスが活動中の時期にこの楽友協会はできたそうです。ブラームスはここで指揮したこともあるそうです。saraiの勘違いでした。)

2016010306.jpg



カールス教会は大きな丸屋根を持ち、堂々とした佇まいです。最近改修が終わりましたが、教会内部の工事の足場をそのまま残して見学に利用しているとのこと。改修費用を捻出するためだそうです。よって、教会ですが入り口で見学のための入場料を払います。何故か割引料金(1人8ユーロを5ユーロ)にしてもらえました。まさか、シニア割引ではないですよね。中に入ると、教会の模型が置いてあります。カールス教会が立派な建物であることが分かります。

2016010307.jpg



教会内部はとても大きな空間が広がっています。典型的なバロック様式ですね。

2016010308.jpg



主祭壇の近くに進むと、ますますこの教会の豪華さに圧倒されます。

2016010309.jpg



側面の説教壇の辺りも見事な装飾が施されています。

2016010310.jpg



なかなか立派な主祭壇です。

2016010311.jpg



主祭壇の上部には素晴らしいバロック彫刻があります。その豪華さにため息が出ます。いやはや、凄い!

2016010312.jpg



こちらは主祭壇に向かって右側の側面です。ふんだんに大理石が使われていて、とても美しいですね。

2016010313.jpg


そろそろ、ドームの天井に上ってみましょう。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai

マーラーの作品を聴きながら、ブログを読ませていただいています。
読みながら画像を見て、マーラーの過ごした風景に想いを馳せて楽しんでいます。
素敵なブログをありがと

04/23 21:47 

マーラー6番ですか・・・ハンマー打撃は勘弁してほしいものです。あったとしても、3回目の打撃だけは・・・

04/11 18:10 sarai

まさにマーラー6番な状況です笑

04/11 17:51 kico

お互い、残念でしたね。今年でヨーロッパ遠征を終わりにする予定でしたが、悲劇的な状況になりました。天はまだ我に旅を続けよというご託宣を与えたのでしょうか。1年延期

04/11 03:13 sarai

以前にもコメントさせていただいた者です。来ましたね、楽友協会からのメール。私たちはとりあえず1年延期としましたが、どうでしょうね。困っている人が多い中贅沢な悩み

04/11 00:33 kico

お返事ありがとうございます。
本当に!私もレイルジェットや美術館の手配もしているので、祈るような気持ちです。

03/10 19:06 kico
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR