fc2ブログ
 
  

ウィーンの路地散策:ザイラーシュテッテからヒンメルプフォルト小路へ

2015年6月23日火曜日@ウィーン/3回目

アンナ小路Annagasseを出て左に折れ、ザイラーシュテッテSeilerstätteの通りを歩きます。すぐに通りの右側に、ウィーン料理店のミューラーバイスルMüllerbeislが見えてきます。一昨日にランチをいただいたレストランです。そういえば、そろそろお腹が空いてきました。ランチをいただきたいところですが、同じレストランはやめておきましょう。別のレストランを探します。

2016011901.jpg



ミューラーバイスルのお店の正面を通り過ぎます。

2016011902.jpg



ザイラーシュテッテの通りを進み、次の4つ角まで来ました。アンナ小路と並行するヨハネス小路Johannesgasseと交差する4つ角です。

2016011903.jpg



これがヨハネス小路。この先に進むとケルントナー通りKärntner Straßeに戻ることができます。路地の左側に見えている塔はアンナ教会Annakircheです。ケルントナー通りに出ると、マルタ騎士団教会Malteserkircheがあります。このヨハネス小路の名前はマルタ騎士団の守護聖人の聖ヨハネの名前から取られたものです。

2016011904.jpg



ヨハネス小路には入らずに、ザイラーシュテッテの通りを進みます。少し進んだところで後ろを振り返ります。ヨハネス小路の4つ角の先にはミューラーバイスルの入っているバロックの建物が見えます。

2016011905.jpg



次はヒンメルプフォルト小路Himmelpfortgasseと交差する4つ角です。

2016011906.jpg



これはケルントナー通りへ続くヒンメルプフォルト小路の角の重厚な建物です。高級ベジタリアンレストランのティアンTianがあります。ミシュラン1つ星の人気レストランです。

2016011907.jpg



ザイラーシュテッテの通りの向かい側にはローナッハー劇場Ronacher Theaterがあります。この劇場は1872年にウィーン市立劇場として作られたものです。当初は宮廷劇場の代わりに市民の為の劇場となる予定でした。しかし、すぐに火災で焼失。1886年にアントン・ローナッハーが再建し、レビューやバラエティショーなどが上演されました。第2次世界大戦後、戦災を受けたブルク劇場の代わりとしても使われ、現在はミュージカル劇場として脚光を浴びています。今上演されているのは《メリー・ポピンズ》ですね。ドイツ語上演のミュージカルです。

2016011908.jpg



ここから、ザイラーシュテッテの通りを左に折れて、ヒンメルプフォルト小路を歩きます。路地沿いには高級車がずらっと駐車しています。

2016011909.jpg



ヒンメルプフォルト小路をケルントナー通りに向かって歩きます。

2016011910.jpg



この辺りはレストランやバーが並んでいます。

2016011911.jpg



13番地にはバロックの宮殿(Palais Erdődy Fürstenberg)が建っています。美しい建物です。

2016011912.jpg



路地を挟んだ向かいの8番地には、オイゲン公の冬の宮殿Winterpalais des Prinzen Eugenが建っています。

2016011913.jpg



この宮殿は、ハプスブルク帝国軍の名将であったサヴォイ公プリンツ・オイゲンが冬を過ごすためにウィーン市街に建てた宮殿です。ベルヴェデーレ宮殿は彼が夏の離宮として建てたものです。一体、どれほどの財力があったんでしょう。この建物は1848年からは財務省が使っていましたが、最近、財務省が移転し、2013年からはベルヴェデーレの新たな展示会場として使われるようになりました。このバロックの宮殿を設計したのは、高名な建築家フィッシャー・フォン・エルラッハです。

2016011914.jpg



ちょっと入口の中を覗いてみましょう。
入口を入ったところは美しい中庭になっています。

2016011915.jpg



正面にはバロック風のレリーフがあります。

2016011916.jpg



右手には建物の内部への美しい階段があります。

2016011917.jpg



階段を装飾するバロックの彫刻は、とっても豪華で見事です。

2016011918.jpg



ここから先は何かの展示をやっているようですが、あまり時間もないのでパス。
宮殿の外に出て、宮殿の外観を眺めます。ウィーンの中心地にたいそうな建物を建てたものですね。ヒンメルプフォルト小路のほとんどを占めるような凄い建物です。

2016011919.jpg



このオイゲン公の冬の宮殿のお隣は、カフェ・フラウエンフーバーCafe Frauenhuberです。お馴染みのカフェです。ここでランチをいただいてもいいのですが、今日は別のお目当てがあります。

2016011920.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2016011921.jpg



ここから、ランチのお店を目指して歩きます。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR