FC2ブログ
 
  

梅雨の時期に行く京都の旅:南禅寺の水路閣、そして、インクラインって?

2012年6月27日水曜日@京都/4回目

すぐに南禅寺に着きました。金地院はそもそも南禅寺の塔頭ですから、南禅寺の境内みたいなもので、すぐ近くでした。そういう意味では、今朝最初に行った無鄰菴だって廃仏毀釈の前は南禅寺の境内だったそうで、南禅寺はとんでもなく大きく立派なんですね。南禅寺の入口の門はそういう大きな寺にしてはこじんまりとしています。


AowOtlLfSNd1b2.jpg



境内にはいるとすぐに有名な三門の堂々たる姿が目に入ります。


CIUgg3e5wh23ab.jpg



正面に回ってみます。実に巨大な建造物です。


PoJaWJjUwk3995.jpg



三門の下をくぐります。三門の先には広大で緑にあふれた境内が見通せます。


DMpk3_1qMm9c3c.jpg



三門をくぐった後に三門のほうを見ると、三門参拝の入口があります。三門の上に上れるようです。三門の上には仏像も置いてありますが、それは公開していないでしょう。今回は南禅寺よりもインクラインがお目当てなので、参拝はパスします。


D1OL4TyjL7b1ba.jpg



南禅寺の境内は苔むした立派なお庭になっています。


4r69H7JDnF962a.jpg



それにこの時期は緑の美しいこと、素晴らしい限りです。


TERvQVJuCse644.jpg


南禅寺の法堂です。これまた立派な建物です。


H85qFj1xbr5749.jpg




南禅寺そのものはこれくらいで切り上げて、一番奥の疏水路に向かいます。いきなりお寺の境内に現れる疏水路。すごい建造物ですね。


vIv5qSqs2R329e.jpg



まるでローマ時代の水道橋みたいです。あちらからもこちらからも眺めてはパチリ。


ohNnfdoHPG0c81.jpg



これは正確には水路閣というんだそうです。


dk6h7JBwjBfae9.jpg



この水路閣の上がどうなっているのかとても気になり、高台に上って眺めてみようと坂道を上がります。かなり上部が見てきましたが、まだまだ。


wKd1cifhoi365d.jpg



水路閣の横の坂道をずっと上っていくと、最上部に達することができそうです。


7n93jnlJuF90e8.jpg



やっと水路閣の上を覗きこむことができました。運河のような水路になっています。


3pANuuCvdVc7c9.jpg



その端は山の中のトンネルにはいっていきます。


A0aWXHkEjoe591.jpg



ここで大きな疑問が頭に渦巻きました。saraiの理解では、これはインクラインの一部で琵琶湖と京都の間を船が行き交う水運の運河になっている筈です。あの狭いトンネルをどうやって船が通れるのか不思議です。これは徹底的に解明しないと気持ちが悪いです。
次回はその答えを求めて、インクラインを巡る大冒険の巻です。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!




関連記事

テーマ : 京都旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

天野さん

saraiです。初めまして。コメントありがとうございます。ブログを書く励みになります。当日は快晴で素晴らしい日でしたが、夏の陽光がまぶしいほどで暑さに悩ま

09/27 14:15 sarai

充実した心豊かなご様子に励まされます.
情報、有り難うございました.
いつか、ふらっと訪ねてみたいです.

09/27 09:23 天野哲也

昨日投稿した記事の一部に誤りがありました。ドイツ騎士団の中庭はパスしないで、ちゃんと見ていました。追記・修正しました。申し訳ありません。

08/07 00:28 sarai

えりちゃさん、saraiです。お久しぶりです。

これは昨年の9月のウィーンですが、現在のコロナ禍では、古き良き日という風情ですね。もう、ポスト・コロナでは、行けたにし

07/20 12:41 sarai

Saraiさま、
お元気ですか?
新型コロナウィルス、自粛中。
このウィーンの散策を読んでいると、なんだか切なくて悲しくなってきました。
次はいつ行けるのかな、とか思う

07/20 05:08 えりちゃ

はじめまして。ブログ拝見させていただきました。私は、個人ブログを運営しているyuichironyjpと申します。フリーランサーとして活動しており、フリーランスで稼ぐ方法や、

06/14 23:46 Yuichironyjp

ありがたいコメント、嬉しいです。マーラーのファンのかたにこそ、読んでいただきたかったので、気持ちを共有できた思いです。自然の中にこそ、マーラーの音楽の本質はあり

04/23 23:45 sarai
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR