fc2ブログ
 
  

ウィーンの路地散策:ジンガー通りからグリュナンガー小路へ

2015年6月23日火曜日@ウィーン/7回目

ドイツ騎士団教会Deutschordenskircheの内部に入ります。ゴシック様式の内部は意外に簡素な佇まいです。ゴシック様式らしく高い天井が印象的です。

2016012501.jpg



主祭壇の前に進みます。祭壇画は、聖母マリアの膝の上のイエスに聖エリザベート、聖ゲオルク、聖ヘレーネが礼拝している構図です。イエスがエリザベートに王冠を授けています。聖エリザベートはドイツ騎士団の守護聖人です。

2016012502.jpg



祭壇前から後ろを振り返ります。質実剛健といった感じですね。

2016012503.jpg



壁面には丸いワッペンがずらっと並びます。80個以上あるそうです。この教会で刀礼(騎士叙任式)を受けた騎士たちが自分のワッペンを飾った習慣によるものです。ワッペンwappenとは武器(主に盾)を意味するドイツ語で、実際は紋章を意味します。紋章が個人に普及しはじめたのは、12世紀初めの第1次十字軍遠征のころからです。従軍した騎士たちは鎧・冑を身に着け面部を隠していたので、戦場で敵味方を識別するために紋章を用いるようになりました。ドイツ騎士団の歴史も十字軍まで遡りますから、ちょうど紋章の歴史と重なります。

2016012504.jpg



十字架のキリストに祈りを捧げる騎士のレリーフも飾られています。

2016012505.jpg



ドイツ騎士団教会の見学を切り上げて、ドイツ騎士団の館Deutschordenshausの外に出ます。ジンガー通りをまた歩き始めます。左手にブルート小路Blutgasseが現れます。白亜の建物が続く美しい石畳の路地です。ちょっと心をそそられますが、この路地には入らずにそのままジンガー通りを進みます。

2016012506.jpg



ジンガー通りには美しいバロックの館が並んでいます。16番地にはバロック様式のノイパウアー・ブロイナー宮殿Palais Neupauer-Breunerがあります。美しいファサードですね。ここにもパヴラッチェンの中庭があるようです。

2016012507.jpg



左手に路地があります。グリュナンガー小路Grünangergasseです。

2016012508.jpg



角に建つ17番地のバロックの館はロッタル宮殿Palais Rottalです。

2016012509.jpg



グリュナンガー小路の入口の向かいの角は薬局(Apotheke Zum goldenen Reichsapfel)。

2016012510.jpg



このグリュナンガー小路に入ってみましょう。綺麗な石畳が続きます。

2016012511.jpg



路地を進むと、左手にニコライ小路Nikolaigasseが現れ、路地の先には聖シュテファン大聖堂の尖塔が目に入ってきます。結局、聖シュテファン大聖堂のまわりをぐるぐる周っているだけなんですね。

2016012512.jpg



さらにグリュナンガー小路を進んでいきます。

2016012513.jpg



左手に名もない狭い路地が現れます。何か気になります。

2016012514.jpg



ちょっと入ってみましょう。狭い路地の先から妙齢の美女がやってきます。

2016012515.jpg



美女とすれ違うと、路地の先はちょっと下り坂。下った所はちょっとした広場にはなっていますが、何にもなさそうです。あきらめて元のグリュナンガー小路に戻ります。

2016012516.jpg



グリュナンガー小路を進むと、4番地の角にとっても古くて、いわくありげな建物があります。

2016012517.jpg



建物の入口の装飾が凄いです。入口の上には2頭の猟犬の石像があります。

2016012518.jpg



建物の角を回り込んでドーム小路Domgasseに出ると、建物の銘板があります。フュルステンベルク宮殿Palais Fürstenbergです。歴史ある建物のようですが、現在は民間の所有になっているようです。

2016012519.jpg



それにしても、この宮殿は悪く言うと今や幽霊屋敷のようです。

2016012520.jpg



このまま、フュルステンベルク宮殿に沿ってドーム小路を進んでいくことにします。

2016012521.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2016012522.jpg




↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR