fc2ブログ
 
  

ウィーンの路地散策:ドーム小路で散策終了・・・カフェ・ハイナーで美味しいケーキ、そして、究極のマーラー

2015年6月23日火曜日@ウィーン/8回目

グリュナンガー小路Grünangergasseからフュルステンベルク宮殿Palais Fürstenbergの角で左折して、ドーム小路Domgasseを聖シュテファン大聖堂の方向に向かって進みます。

2016012701.jpg



ドーム小路の中ほどの5番地にはモーツァルトが暮らした家があります。あまりにも有名な史跡です。ここで《フィガロの結婚》が作曲された経緯から、かってはフィガロハウスと呼ばれていましたが、現在はモーツァルトハウス・ウィーンとして、モーツァルトゆかりの品々を展示しています。

2016012702.jpg



これがモーツァルトハウス・ウィーンの建物。もちろん、以前に訪問したことがあります。ですから、前を通り過ぎるだけです。

2016012703.jpg



ドーム小路を端まで歩くと、シューラー通りSchulerstraßeにぶつかります。この通りを左に進むと、すぐに聖シュテファン大聖堂に突き当たります。

2016012704.jpg



これはシューラー通りを聖シュテファン大聖堂の反対方向に進む方を眺めたところです。モーツァルトハウス・ウィーンの案内板も見えます。このシューラー通りからドーム小路に回り込むようにとの案内図が描かれています。左手にはシュトローベル小路Strobelgasseが見えています。

2016012705.jpg



ぐるりと180度視点を巡らすと、眼前に聖シュテファン大聖堂Domkirche St. Stephanの姿が広がります。いやはや、堂々たる姿ですね。

2016012706.jpg



ここで今日の路地散策を終えましょう。
最後に、配偶者御用達の紅茶屋さんで大量に紅茶をお買い上げです。普段使いの茶葉はなかなか日本では買えません。この紅茶屋さんはシュテファンズフラッツStephansplatzからヴォルツァイレ通りWollzeileに続くドゥルヒガング(通り抜け)にあります。2軒も紅茶専門店が並んでいて、建物は繋がっています。カウンターの裏の壁にはたくさんの紅茶の葉が並んでいます。

2016012707.jpg



店内は紅茶関連グッズが所狭しと並んでいますが、購入したのは茶葉だけ。それだけでも大荷物です。

2016012708.jpg



これで配偶者は満足した様子。
今度は、sarai御用達のカフェ・ハイナーCafé-Konditorei L. Heinerでのお茶は逃すわけにはいきません。寄って帰りましょう。相変わらず店内は混み合っています。狙いの窓際の席は残念ながら先客がいます。その手前の席で我慢しましょう。

2016012709.jpg



ここは地元民が多いですね。談笑の場になっています。それにしても満席状態ですから、席が確保できたのは奇跡的です。

2016012710.jpg



いつもながら美味しいカフェ・ハイナーのケーキと紅茶に大満足です。

2016012711.jpg



かたわらのテーブルではおじさんが新聞を広げ、ゆっくりしています。おじさんが1人でケーキを楽しんでいるのは、日本では考えられない風景です。でも、それが多いんです。これもウィーンのカフェ文化です。

2016012712.jpg



次回も訪問することを誓って、カフェ・ハイナーを出ます。元気が出たところでもう少し買い物を継続。ノイアー・マルクトNeuer Marktにあるスーパーに寄っていきます。ケルントナー通りからドンナー小路Donnergasseを抜けて、ノイアー・マルクトに出ます。

2016012713.jpg



ノイアー・マルクトの広場の中央にはドンナーの泉Donner brunnenがあります。なかなか美しい彫像です。ドナウ川と支流を意味するアレゴリー像です。1739年に完成された由緒あるものです。もっとも彫像のオリジナルはベルヴェデーレ宮殿の下宮のバロック博物館に展示されているそうです。ちなみにゲオルク・ラファエル・ドンナーGeorg Raphael Donnerが作成したので、この名称が付けられたようです。

2016012714.jpg



ノイアー・マルクトの北側にあるスーパーに向かいます。

2016012715.jpg



ここまでの散策ルートを地図で確認しておきましょう。

2016012716.jpg



スーパーでお塩を大量に購入して、ウィーンでのお買い物は完了という感じです。
寒くて、配偶者はウィンドブレーカーをはおっての散策でしたが、雨には降られませんでした。

ホテルに戻り、たっぷりお昼寝です。目覚めると、青空が広がっています。そろそろお天気もよくなって欲しいですね。

夜は楽友協会でヤンソンス&ウィーン・フィルのコンサート。これがチケット。3回目のマーラーの交響曲第3番です。

2016012717.jpg



かぶりつきの席で、saraiは大満足のコンサート。3回目が最高の演奏でした。ただただ感涙にくれた感動の演奏の詳細はここです。
今日は、チケットが比較的取りやすい楽友協会主催のコンサートで、日本人の観光客が目立ちました。

明日はもう1日、ウィーンで音楽三昧です。


↓ saraiのブログを応援してくれるかたはポチっとクリックしてsaraiを元気づけてね

 いいね!



関連記事

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

人気ランキング投票、よろしくね
ページ移動
プロフィール

sarai

Author:sarai
オペラ・美術が大好きでヨーロッパの旅にはまっています。音楽の聖地ウィーンが中心で、イタリア、フランス、ドイツも巡っています。国内外のオペラ・コンサートの体験もレポートします。

来訪者カウンター
CalendArchive
最新記事
カテゴリ
指揮者

ソプラノ

ピアニスト

ヴァイオリン

室内楽

演奏団体

リンク
Comment Balloon

ミケランジェロさん、saraiです。

遅レスで申し訳けありません。敬愛するジョナサン・ノットをご評価いただき、ありがとうございます。

相変わらず、独自の音楽探求を続

06/23 23:50 sarai

こんにちは。

ジョナサン・ノット氏の公演鑑賞を拝読したく参りました。毎回とても沢山の公演記録を私達に届けて下さり、ありがとうございます。

マエストロは数年前のイ

06/14 08:27 michelangelo

えりちゃさん、コメントありがとうございます。
最終公演に行きますが、ムーティ&ウィーン・フィルは渾身の力で凄い演奏を聴かせてくれますよ。特にシューベルトは有終の

11/09 22:13 sarai

尻上がりに素晴らしくなりました!
あの弦の響きにもうハマるのですよ!
あと2公演ありますが、もう既に同じプログラムを2回演奏しているので、ますます良くなるか、ち

11/09 10:56 えりちゃ

えりちゃさん、お久しぶりです。saraiです。

なかなか、海外渡航の見通し、立ちませんね。来年あたりはどうでしょうね。長期戦覚悟で我慢するしかありませんね。

こちら

04/10 02:37 sarai

saraiさま、
お久しぶりです!
お元気にコンサートや旅行を楽しんでおられますね!
ブログ、楽しく拝見しています。おフランス、良いね😊
私は春だというのに、仕事と用事以

04/09 05:29 えりちや

気になってたずねても 
誰にも知らんと言われなんやろ
と思いつづけて居ました❗
写真みつけてこれだと思いました❕スッとしました
教えて下さって嬉しいです
ありがとうご

02/13 22:26 みーちゃん
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR